ぱいかじ南海作戦の作品情報・感想・評価・動画配信

『ぱいかじ南海作戦』に投稿された感想・評価

東京でリストラに遭い、妻とも離婚したササキは、一人になりたいと南海の小島にやってくる。
しかし、そこで4人の浮浪者と知り合い、毎日宴会をして浮世の憂さを晴らすのだった…と、
一人になりたいなんて嘘じゃん!みたいな、人好きな男が辿り着く心境とは、というストーリーなのだが、
このササキの気持ちがグラングランしてて、本当にラストみたいな心境に辿り着くかな?と思ってしまう。
それよりも、お金の有難さが十二分に分かった様に思うけどな。
N

Nの感想・評価

3.2
かなーり絶妙というか、いや微妙というか。でもこの微妙なのがかえってよかった。

晴天とは言えない沖縄の空、
サバイバルと言っても近場のスーパーでそれなりに調達、
沖縄県民はほぼ出ないし、正直エセ感強めのスローライフなのですよ。

でもなんか最後まで観ちゃったのは日々の生活に疲れきってるからだと思う。

粗っぽくて、安っぽくても良い!形じゃないよ、スローライフちゅうのは!!
どんなやり方でも良くて、大事なのは心の在り方です🥺
結果どんどん「本物」に仕上がっていくのが素敵だった。

憑き物が落ちたような晴れ晴れとした顔つきのラストシーンはなんだか寂しい気もして、とても良かった。

沖縄帰りたい!
でも無理だから、私は私で東京のぱいかじに行って自分なりの南風にあたってくる☺️
最初は、現実味の無いお話かなと思ってみたり、途中、退屈に感じる箇所も、ありましたが、総合的には、及第点の作品でした。
随所に、クスッと笑えるような(大笑いではありませんが。)、ユーモア満載で、終始ゆるい感じが、心地良い作品でした。そして、沖縄の映しい風景にも、とても癒されました♪
あと、何と言っても、主演の阿部サダヲさんの演技が、素晴らしかったですね。正に、阿部サダヲさんありきで、彼の魅力全開!の作品で、存在感が半端なかったですね。他の脇役陣のキャラクターも、魅力的で、それぞれ、良い味を出していて、とても良かったと思います。
主題歌の星野源さんの「パロディ」も、作品のイメージに、ピッタリと、マッチした良い曲で、星野源さんの優しい歌声にグッと来ました♪
歩兵

歩兵の感想・評価

3.8
ゆるゆる〜っと見れました。満足。
特に大きなイベントは起こらないし内容の濃い作品ではないかもしれないけど、観て損はなかったです!面白くて何回も声出して笑っちゃった。
個人的に好きだったのは、きっと現地の方であろうトラクターのおっちゃんと漁師のおっちゃん。

都会の雑踏から離れて大自然で暮らす彼らは楽しそうで、素直に「いいなあ」と思いました。これからも辛い時とか、何も考えたくないって時に手に取って観ちゃうと思います。
あと無邪気な貫地谷しほりがきゃわいい!
いやぁ、なんかツボなんですよね。
公開当初も映画館で観たのですが、その時もゲラゲラ笑って、今回もゲラゲラ笑いました。

各々のキャラクターがいいですよね。
阿部サダヲの明るいキャラクターもいいし、永山絢斗のバカっぽさも微笑ましい。

だけど1番好きなのはピエール瀧! ぱいかじさぁとか、どこでもトイレさぁとか、彼が発する台詞がいちいち好きでした。

これからもたまに観てまったり笑いたいと思います。
まなん

まなんの感想・評価

3.7
阿部サダヲのお芝居を久しぶりに観たけど、やっぱりこの方を見ると安心する!
幸せな気持ちになるんよな
いっけん、非現実的に感じる内容なのに、実話を元に描かれた作品だと知り驚いた
これくらい行動力がある人だからこそ、沢山の人に影響を与えられるんだな
悪い人がいないというかほんわかした雰囲気で楽しめて素敵な作品
沖縄の時間がゆっくり流れる感じ味わいたい!!
南の島で何も考えずただぱいかじに吹かれたい
爽人

爽人の感想・評価

3.4
東京でカメラマンをしている阿部サダヲ演じる佐々木が、離婚を機に沖縄でサバイバル生活をする話。

ゆるい感じの雰囲気で、頭空っぽで見れる映画。

佐々木みたいなことがしたいかは置いておいて、いろんな生き方があっていいよなぁと思える作品だった。
シュン

シュンの感想・評価

3.9
もうひたすらアベサダオ劇場!
頭を空っぽにしてみる事ができる脱力コメディ!

アベサダオがリストラの憂き目にあい、
沖縄より更に南の離島にリフレッシュ旅行。

南国ビューティーな浜辺で、むさいおっさんや爽やか青年、関西美人たちとともに、
南国をサバイバル的に楽しみ尽くす!

って感じのストーリー。
何が良いかって、若い男女が浜辺で
四六時中、生活を共にする。
そこに何も起きないはずもなく…

いや、起きない!!
普通は起きるであろうそういった事はホントに起きない。
ただひたすら、アベサダオ劇場が展開されるだけである。

日々の生活に疲れたら、これを見よう!、
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
とりあえず、ビーチでキンキンに冷やした缶ビールをヒクヒク飲みたくなる余韻。


(3分後)


で、椎名誠の原作未読でも問題なし。
ざっくり言うと、現実逃避モノで、それなりのサバイバルテイストで、隠し味にロマンスって感じでしょうか…作戦もそれほどではなく、ユルユルでもありグダグダでもあるんですが、終点の先にも道があるって言葉はいいかも。

そんなタイトルのぱいかじの意味は、沖縄地方で南から吹く風なので…そんな暖か~い視線で御覧あれ。

阿部サダヲがいい味を出し、永山絢斗もナイスで・・・佐々木希がいい感じで、貫地谷しほりにニヤリ。

my映画館2012#63>
みさき

みさきの感想・評価

1.5
中身があるようなないような自分的なTHE邦画な作品。
自分はボーッと何も考えずに観てた感じの内容だった。

最後の海がただただ綺麗だった✨
>|

あなたにおすすめの記事