ラブライブ!The School Idol Movieの作品情報・感想・評価

「ラブライブ!The School Idol Movie」に投稿された感想・評価

ミュージカルアニメ映画だこれ

卒業式からスタートしたってことは1ヶ月足らずの物語なのにどんだけの規模のことすんだよ、とか急にファンタジーかよ、とか細かいことは色々と言えるんだけど、そんなことはいい
だってミュージカルなんだから

そもそもあの9人の物語が見られればそれでもう……
にこまき成分も申し分なく供給されているので
もうそれでOKです
点数に意味はない

少し真面目な話を

美しく完結したTVシリーズではそう言えば描かれていなかった"アイドル"と"スクールアイドル"の違いを今作は描いてます
ただでさえ刹那性の高い"アイドル"というジャンルの中でも高校生限定ということで更に刹那的な存在が"スクールアイドル"
それは本当に一瞬で儚くて、故に濃密な存在なのだと
もちろん卒業して普通のアイドルになる道もあるんだけど、それは果たして同じ自分たちと言えるのか
そこらへんの結論を出すのにしっかり尺をとってる

「終わっていく」から美しい
「終わってしまう」から大切にする

たとえば桜の花を尊ぶように、私達はずっと昔からそういう儚いものに惹かれて、次の年にまた桜が咲くように儚いものが繰り返されることに逆に永遠を見るのではないだろうか

終わってしまう美しさ
受け継がれていく素晴らしさ

それが描かれた作品だと思いました

でもやっぱ一番の感想は
"にこまきは至高"
めちゃくちゃ面白かったアニメの続編とは思えないくらいファンに媚び売りまくった萌え豚専用映画。つまらない作品。
アニメ本編を見て、ほのぼのと過ごしながらもテンポの良いギャグやシリアスな状況に全員が一丸となって立ち向かう様に元気をもらえるμ'sを好きな人には是非見てもらいたい作品です。

挿入歌は学年ごとの曲3曲、9人のライブステージ2曲共に映画を最高に盛り上がらせてくれるキャッチーな曲ばかりです。特に9人で歌うAngelic Angelの「翼をただの飾りにはしない」というフレーズに、廃校の危機から外国に広まる程の超人気スクールアイドルに這い上がってきた、穂乃果達の今しかないこの時を輝きたいという思いの強さを感じました。

エンディングの曲は9人の名前とデビューシングルのタイトルなどμ'sの歴史を彷彿とさせる要素が散らばっており、pvの美しさと解散してもなお前を向き続けるμ'sに涙が止まりませんでした。

この映画1本で、というよりはμ'sの今までの歴史を振り返ってこそエンディングで今まで頑張ってくれたμ'sに、見終わった後ありがとうと伝えたくなります。最高の演出、最高の曲、最高の9人。たくさんの人達に勇気をくれたμ's、私はずっと忘れません!!!
めこ

めこの感想・評価

3.5
「海外進出するよ!あっじゃあ金髪美少女いるし、彼女をセンターに置こう!」って考えたメンバー誰?!ありがとうございます。
思ってたよりミュージカル映画していて驚き。高山みなみの歌声が聞こえたらテンションが上がった。あの人は何なんだろうなあニューヨークの亡霊かな。ラブライブは少し不思議なことが起こる。
お祭り映画だと思って観たけど、ちょっとしんみりする感じもあって、でも湿っぽくなくて良かった。
やっとやっとやっと観れた(笑)

元々ラブライバーでアニメも見ていたので、μ'sの愛が溢れた映画で良かった。

曲も大好き。「僕たちはひとつの光」「SUNNY DAY SONG」何度聴いても鳥肌が立つね。

学年ごとに歌うシーンは、やっぱり凛ちゃんが可愛い!笑

今が最高ー!!
TVシリーズ視聴後の感想だけど、面白かった。観た後の感触が『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』に近い気もする。この記録映画感と言うか。
フェス的なミュージカル映画という点では川村元気プロデュース作品に近いものを感じた。エピソードを絞って(最後のライブに関するエピだけでいい気もする)作ってくれたらより好みだった。
それにしても、よくこれ100分で納めたな…。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.7
アニメ本編見ていました。自分も元ライバー。(ことり推し)これ見るの実は映画含め4回目。それほど感動したもの。是非アニメ本編から見ていただきたい…。みんな可愛いので歌や踊りだけではない独自の楽しみ方ができるかもしれないですね。

アニメでラブライブという大きな夢が叶い、それで終わり?って思うほど中途半端で本編終了だったがまだ最後ではなく、また始まりというストーリー。

スクールアイドルとみんなの思いが1つとなって曲と踊りが完成したところが友情深く、仲間としていいなと感じました。
最後の曲で泣かせてくれましたね…。
終わりというのは始まり、μ'sとしては活動終了してしまったけど、どこかできっと、また輝いているはず。

(疑問に思ったことは、穂乃果の前に現れる1人の女性…今も未来の穂乃果なのかそれとも全くの別人なのか不思議…)
いおん

いおんの感想・評価

3.3
りんちゃん可愛い、いいトコで曲を挟んでくれるのが嬉しい。みんな可愛い

アイドル総動員で踊るシーンは虫みたいだった^ - ^
かほ

かほの感想・評価

1.6
これが噂の。ラブライブか。
アニメを見ずに前情報なしで視聴。
個人的には、女の子たちのキャピキャピについていけなくて、ほとんどずっとテンションの高い声色がしんどく感じた。あれ?私も若い時はこんなに元気だったっけ?
あとどうしても関西弁の下手さが気になってしまう。
好きなところは、舞台がNYだったところ。自分の行ったことある場所に彼女たちも行っていて、すこし嬉しかった。
さかた

さかたの感想・評価

3.0
最後の、μ'sの決心。すごく感動しました。μ's大好きです!
>|