ラブライブ!The School Idol Movieの作品情報・感想・評価・動画配信

「ラブライブ!The School Idol Movie」に投稿された感想・評価

大好きな作品です!
アニメ以上にμ’sの成長や存在がここまで大きくなったことを感じました。
ラブライブが好きならいいんだけど、映画としては出来はよくないです。
私はラブライブ好きですよ!
真姫ちゃん推し!
Aya

Ayaの感想・評価

3.4
ラブライブってどんなものか興味があり鑑賞。
キャラの名前も分からないレベルで見たため、予習していた方が楽しめたかも。
見た目はうみちゃんが好きだけど、ことりちゃん、えりちゃんも気になったかな。
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

3.7
スクールアイドルの活躍を描いたテレビアニメの劇場版。
テレビシリーズは未鑑賞。

廃校の危機にある国立音ノ木坂学院を救うため、9人の女子高生たちで結成されたスクールアイドルグループ「μ's」。
高校卒業をもって「μ's」の活動を終了すると決めていた。
ニューヨークでロケ公演を行い、帰国後に他校のスクールアイドルに呼びかけて秋葉原で合同ライブを行うが……  

ストーリーや背景の説明がないので、一元さんお断りの内容。
あくまでファンのための作品のようです。
また終盤では他校のスクールアイドルとの合同ライブを開催するものの他校のメンバーはバックアステージ扱いなので、盛り上がらない。
それでも学校を超えた仲間の交流で幕を閉じるのかと思えば、結局は仲間内のライブで尻つぼみ。
度々出てくるタイトルのラブライブが何なのかもよく分からずに終わってしまった。
何を伝えたいのかも全く分からなかった。
第39回日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞を受賞(2016年)し、興行的にも大成功を収めているので、TVシリーズを観ていれば、本作品の良さが分かるのかもしれない。  

地上波TVで鑑賞
公開2015年ってもう6年前!?
ラブライブ!は確実に私の青春だった。
kotop

kotopの感想・評価

2.5
映画としての内容は薄いけど、最後のライブがアニメ史上最多なのではというくらい大量の人で凄かった
アイドルを魅せる、に重きを置いているせいでどのライブも無観客なのが不自然だった

このレビューはネタバレを含みます

ニューヨークに行って、日本に帰国したら人気者になってて、卒業したらどうする?って悩んで、アイドル続けたい!ってなる話。
まあこんなもんだよな感。とにかく彼女達が笑ったり悩んだり踊ったりしてるのが良いので、それが見えたのが良かった。あの高山みなみは、未来の穂乃香だったり?とも予感させる感じが良かった。
劇場版とだけあって、作画が綺麗。アップの時の顔の綺麗さがやばい。ダンスシーンもキレキレでバックも動いてる。
ニューヨークでの食事シーンでもモブが動いてて、臨場感出してた。よく動いていた。
ストーリーについては、もうこういうのでいいんだよの域なんで、なんとも。そんなもんでしょ。楽しめた。
音ノ木坂学院のスクールアイドルであるμ'sたちは3年生の卒業式が終わった後、なんと海外のテレビ局からのオファーがあり急遽アメリカのニューヨークに出発することになるが・・・・。

ラブライブで活躍しているμ'sたちのその後の物語を描いた傑作青春ミュージカルアニメーションの劇場版‼︎
今回はμ'sのメンバーたちがアメリカのニューヨークに行ってそこでライブをするという展開があり日本とはまた違ったテイストの中でのライブになっていてすごく楽しかった。
また穂乃果がニューヨークで出会った謎の女性シンガーが非常に良い味を出しておりひょっとしたら正体が◯◯の◯◯◯だったのかもしれないと個人的には思った。
全体的にはライブのシーンも多くてラブライブのファンならきっと楽しめるしっかりとできた劇場版になっていた。
当時大好きで見に行って本当に終わって拍子抜けした記憶。
アイドルアニメって終われるんだなと。
とし

としの感想・評価

2.8
地上波放送を録画して鑑賞。
TVアニメ未視聴。

音ノ木坂学院で活動するスクールアイドルμ'sのラストライブへ向けた活動を描いた作品。
‥‥ということなので、TVアニメを観ていないせいもあり、登場人物に感情移入することは難しかった。

とはいえ、ダンスのシーンなど滑らかに動く登場人物たちに、アニメーション技術の高さを感じることはできたし、明らかに彼女の声であることはわかるのにちゃんとコナンとは違う声で女性ミュージシャンを演じた高山みなみさんの演じ分けには敬服した。

21-94
>|