WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENTの作品情報・感想・評価

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT2015年製作の映画)

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

上映日:2015年10月31日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

主題歌/挿入歌

「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」に投稿された感想・評価

guyver5

guyver5の感想・評価

5.0
perfumeのドキュメンタリー。ファンクラブチケットで鑑賞。皆んなファンなので途中立ち上がって見た気がする。そして感動で涙するシーンもあり最高。
MoNaSHi

MoNaSHiの感想・評価

4.5
ファンに親近感を与えるようなお人柄。ライブでの、時にEテレか?と錯覚するようなMC。でもSXSW、今じゃCoachella出演歌手。日本を飛び出す。大陸を股にかける。そのギャップにヒィィィィっとなる。

3人はもちろん凄い。プラスドキュメンタリーを通して、その脇を固める”チームPerfume”が持つ熱意や凄さが垣間見えて、Perfumeがカッコよく見える所以はここにもあるのか!と納得。

ライブシーンと同じぐらい好きだったのが、車中。カメラを意識せず話してる感じ、もちろん私服だしチラッと見えるiPhoneケースとかね。こういうのオタク大好きですからね。細々としたところをガン見してます。

東京五輪に絡んできてほしい。今まで散々張ってきた伏線を回収してくれ…!!!そんで五輪後、35になっても続けてくれてたら…もう万々歳です🙌

P.S.
ショートカットを1番に好きになっちゃう病気のせいで、ほんと最初の頃はうわあのっち最高だなあのっちのっちってなってたけどのっち→あ〜ちゃん→かしゆか→のっち→かしゆか→あ〜ちゃん→のっち→…の2巡目ぐらいからもうもはや"3人"でいる3人が好きだと気づいて、万事解決した。
よふ

よふの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Perfumeの良さが終始取り上げられていて、彼女らが本当に素で日々を過ごし、素直に生きているのが伝わってきた。ストイックさも、人間らしさもドキュメンタリーとして余すことなく伝えることが出来ていたと思う。MY COLORの「手のひらが世界中つながるウィンドウ」という歌詞を体現したかのようなラストシーンは必見。カメラマンも務めていた佐渡監督がPerfumeに感化されて涙する場面から分かるのは、Perfumeが周りをとにかく取り込んでいくところ。本人たちの素を知ってしまったら抜け出すことが出来ない。
ゲンタ

ゲンタの感想・評価

4.5
アメリカの会場で長蛇の列ができているのを見て涙が出そうになった。
夜飯

夜飯の感想・評価

5.0
ドキュメンタリーものがあまり好きではなくて、でも10年以上Perfumeのファンだし1回は見よう…と思った結果、本当に本当に本当に見て良かった。号泣したし、レンタルでももう一度見ました。ファン以外の人が見たら、わからん!ってなるところも多々あると思いますが、ファンからしたら満足です。映画館でこれを放映してくれてありがとう…感謝…って感じです。

映画館で見た時、Perfumeそれとなくまあ好きかな〜みたいな友達と見たのですが、めちゃくちゃ感動してたので、Perfume好きかも?みたいな人も楽しめるはず…

Perfumeオタクの私としては本当に満足です。セトリをMIKIKO先生と考えたり、楽しそうにはしゃいでる姿を見て、すごく幸せな気持ちになりました。Perfume3人の努力がとてつもないからここまで来れたんだよ〜…とも正直思いますが、本人たちがそうではなく舞台に関わる全ての人、ファン、みんなを含めて「We Are Perfume」だと改めて言ってくれたのが嬉しかったです。映画タイトルがこれで嬉しかった…。

ライブ中に号泣しているファンの人の映像見て貰い泣きしてしまいました。すごく熱い気持ちにさせてくれる映画。Perfumeに興味があるなら見て欲しいです。
こめ

こめの感想・評価

3.6
記録用
過去に視聴の為、レビューを書けるほど内容を覚えておりません。
スコアは見た時に覚えている印象を基に評価しています。
nana

nanaの感想・評価

4.5
Perfumeが好きでよかった。3人が今までどれだけ努力してきたか、そしてそれが認められている。それを考えただけで、最初から最後まで震えと感動と涙が止まらなかった。
今までテレビ・ラジオ・CDでしか観たことのなかったPerfumeの姿を映画館の大きなスクリーンで観られるということが、まずはじめのドキドキだった。巡る国々のなかでみせるそれぞれの様子、会話、仕草に、ステージ以外の三人のこのような感じなのだなあ…!と感動を覚えた。ED曲は、映画を観る前と観た後での印象ががらりと変わって面白かった。
欲を言うと、折角のドキュメント映画なのだからドキュメントテレビ番組ともっと差をつけた盛り上がりがあったならば更に楽しめたかなあと思う。それと個人的に映像のブレが非常に激しく感じ、途中三分の一が過ぎたあたりから観ていて体調が著しく悪化した。もう少し揺れが落ち着いていれば、と思わずにはいられなかった。

三人の素敵なシーンがてんこもりのこの映画、Perfume好きな方ならばとにかく観るべき。それとかしゆかさんの買い物のシーンが印象的。
abekonbe

abekonbeの感想・評価

4.0
こういう裏方が見えるドキュメンタリーは好きで、自分の仕事にも参考になる。
パフォーマンスが改めて素晴らしい、裏方さんの仕事に目が行く。
改めて彼女たちが好きになる作品だった。
yuka13

yuka13の感想・評価

5.0
確かにファンじゃないと、わからない部分はあると思う。OKGOって知らない人から見ると「何?このおじさんたち」って思うだろうし、彼女たちの売れなかった下積み時代、今の成功へ至るまでの挫折と努力、「3人だからこそ頑張れた」っていう強い気持ち、などなど、そのあたりが全くと言っていい程、描かれていないです。その点はすごく惜しいと思う。
彼女達の本当の魅力は今の成功に至るまでの頑張りであり、「普通の人間だったらあきらめてるのに頑張れた」のは3人が小学生の頃からの付き合いで「私らにはこれしかない。Perfumeは私らの全て。」と言える仲だったからこそだと思う。そこを描いて欲しかった。
でも、タイトルに「WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」とあるので、WORLD TOUR 3rd のDOCUMENTでしかない、と思えば100点です。
私も含めて、ファンがより望んでいるPerfumeのサクセスストーリーは某動画投稿サイトにいっぱい投稿されてるし、一般の人にはそれを見てPerfumeの素晴らしい所を理解していただければ、と思います。
1回観て号泣。1週間経って2回目に観に行った時も号泣。ドキュメンタリーなので淡々と進んでいくのに「あの広島のイモっ子たちが、崖っぷちPerfumeだった3人が、こんなLAやNYでライブをして、外国の方が日本語もわからんのに感激している。」という映像を見た日にゃ、こちらも号泣しますわ。2回とも2時間泣き続けて眼が真っ赤になりました
>|