新選組オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

新選組オブ・ザ・デッド2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

2.0

あらすじ

ある夜、新選組の名を盾に、放蕩の限りを尽くすお荷物隊士「屑山下衆太郎」は、ばったり出くわしたゾンビに噛まれてしまう。新選組監察方の「山崎烝」らが駆けつけ、棒術の達人である一番組見習い「火藤純」の活躍もありゾンビを捕縛。 屑山も救出され一命はとり留めたものの、脈も心臓の鼓動もない死人の状態だった。一方、輸送中のゾンビに逃げられた武器商人カウフマン商会は、新選組に捕縛されたゾンビを取り戻すために、…

ある夜、新選組の名を盾に、放蕩の限りを尽くすお荷物隊士「屑山下衆太郎」は、ばったり出くわしたゾンビに噛まれてしまう。新選組監察方の「山崎烝」らが駆けつけ、棒術の達人である一番組見習い「火藤純」の活躍もありゾンビを捕縛。 屑山も救出され一命はとり留めたものの、脈も心臓の鼓動もない死人の状態だった。一方、輸送中のゾンビに逃げられた武器商人カウフマン商会は、新選組に捕縛されたゾンビを取り戻すために、腕利きの殺し屋「唐人エックス」を差し向ける。徐々にゾンビへと変貌をしていく屑山下衆太郎、迫りくる唐人エックス、時を同じくして、京の町にもゾンビ感染が蔓延し、脅威となりつつあった…。はたして、生き残るのはゾンビか?新選組か? 映画史上ありえなかった夢のバトルロワイアルが今始まる…!

「新選組オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

Eken

Ekenの感想・評価

1.5
日村氏が主人公ってわけじゃあないんだよなぁ…特別重要な役でも無かったし…
各キャラが活かされてないというか…
バナナマンのベストコント
→「マモルの夏」

「日村がゾンビになっちゃった」を映画化して欲しかった。そしたら劇場を笑顔でサラバできたと思う。
実写版の「バカ青春待ったなし」はフィルマークスにいつ登録されるのか。
あだち

あだちの感想・評価

1.1
個人的に好きなバナナマンLive
ベスト5

1.ペポカボチャ(2002)
2.wonder moon(2009)
3.疾風の乱痴気(2008)
4.人間番号(1999)
5.good Hi(2005)
Insop

Insopの感想・評価

1.0
幕末、カウフマン商会が密かに仕入れていたゾンビが逃亡。新選組隊士屑山下衆太郎がそのゾンビに噛まれ、ゾンビと化してしまう。山崎烝をはじめとする新選組監察方一同は坂本龍馬と手を組み、事態の収拾を図る、、、的なお話。

全然駄目駄目です。
ジャケット見ると屑山役の日村勇紀のアクションを期待してしまいますが、全くありません。完全にジャケット詐欺です。

ゾンビ映画としてのアクションも最低だし、時代劇としての殺陣も全く無し。

脚本は完全に崩壊していて、カケラも面白くないし、何よりも日村勇紀の良さを一つも活かすことなく、抑え切っており、よくこれで映画化したなとか、製作陣はこんなのにお金出すのかとか、いろんな感想を持ってしまいました。

渡辺一志監督自身が坂本龍馬役で出ていますが、それを撮りたかっただけなのではないかと勘ぐってしまうくらい、自己満足過ぎる演技に悪い意味で鳥肌が立ちました。

これ、日村自身が監督した方がはるかに面白かったのではないかとも思います。

観ている内にこんな駄作を作って世に放った監督と、こんなのを観ようと思った自分自身に対して煮えたぎるような怒りを覚えました。

魅せ場も何もない駄作。
観る価値はゼロです。
かじお

かじおの感想・評価

3.0
竹石悟朗さん出てるの見始めて気づいた。

変な間が多い。
日村が噛まれるところがクソやろ。
良いゾンビ映画を見すぎた
B級というのは分かってたけど台詞の間が悪い。迫力がない。
日村が出てきたら大体笑ってたけどw

坂本龍馬が最初から最後まで好きになれない。
殺陣も微妙だった。いや、竹石悟朗さんを使ってなぜ殺陣をさせないのだよ。見たかったのに。
たい

たいの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

思ってた感じと違った!

あと日村さん主役なのにあんまりでてこないし!

もっとバチバチに日村さんが戦ってほしかった!!
単純に脚本が悪い。
想像してた物語でいうところの序章を一時間かけてやったみたいな、屑山下衆太郎関係ないし。
いやな、わかってたよ…数々のへっぽこ映画を観てきたわけですし
本作が良い意味でのへっぽこではなく、まぢ糞しょうもない作品なんを何とか日村さんの人気を餌に、糞映画に対する危機管理能力の薄い方々を釣り上げようという悪どい作品なんはわかってました
だから大好きなゾンビ映画やけど今までスルーしてきてたんやから
…違う餌に引っ掛けられましてん、不覚!

新撰組や坂本龍馬がゾンビ相手にアタフタすんよ、って話

くそう!ヒロインを演じるのがライハちゃんこと山本千尋ちゃんだなんて、思わず食いついてしまったやんけ…
武術太極拳の世界王者という経歴を持ち、現在放映中のウルトラマンジードでもウルトラマンVS怪獣よりも俄然かっこいいアクションを披露し、今後は武田梨奈ちゃんや亜紗美姐さんと絡んでいって欲しいアクション女優としてマシンボーイ大注目のライハちゃん
本作でも冒頭から悪党相手に大立ち回り!まぁ中国武術がベースにあるからチャンバラアクションとしては若干の違和感もありましたし、アクション演出の未熟さもありましたが、ライハちゃんは素敵でしたよ、本作の唯一の救いでしたね
ってかアクションシーンが足らんよ!

逆に本作の最大のウリである日村さんに関してはな…この役いる?っていうくらい話の大筋には絡まず、ただただ裏筋を責めあげる姿に涙しましたね…
日村さんがメインキャストでクレジットされてるけど主役は間違いなくライハちゃんです
変顔でゾンビになって頑張っていましたがいかんせん糞みたいな脚本と稚拙な演出のせいか全く面白くもないしな…
日村さんは悪くない、日村さんは悪くない、日村さんに落ち度あるとしたら本作の出演オファーを受けちゃったことくらいや

ってことでライハちゃんのかっこいいアクション堪能したければ本作より仮面ライダー平成ジェネレーションズの「Dr.パックマン」観ろ!
やっぱりライハちゃんには中国刀がよく似合うなぁ、キュンキュン
日村さんすげー好きだけど。
いやー、これはひどい(笑)そういう意味で楽しい映画。
映画って、いろんな楽しさがありますね。
ノッチ

ノッチの感想・評価

1.5
ある日、新選組のお荷物隊士・屑山下衆太郎は、ばったり出くわしたゾンビに噛まれてしまう。

新選組監察方・山崎烝らに救出された屑山は一命を取り留めるが、徐々にゾンビへと変貌していく。

バナナマン・日村勇紀主演の幕末ゾンビコメディ。

ジャンルはゾンビ時代劇、、、らしい。

タイトルにそう出るから。

時代劇とゾンビの組み合わせは初だと言ってるそうですが、設定一発で終わってしまった印象。

正直、何がしたいのか分からない。

笑わしたいのかカッコよくしたいのか・・・

まあ日村主演ってこと時点でハードル下げなきゃいけないんだろうけど。

というか、日村が主演のはずなのに、出番少ないです。

明らかに、主役は別の人でしたね。

誰が主役なのか、何を目的とした話なのかも一切不明。

全然怖くもグロくもなんともないので、ゾンビ映画としては無し。

かといって、時代劇としてありなのかというと無し。

じゃあ、コメディ的な感じなのかというと、そんなこともない。

てか、話が全く面白くなし。

内容も笑えなければ、最後のシーンで「朝になった」と言われるまで、今までが夜の設定だったと気が付かなかった。

編集が下手すぎて見づらい。

役者の演技も大した事無し。

良い所を探すほうが難しい映画でしたね。

時間が短かったことが救いです。

しかし、時間は短いのですが、あまりに眠くて、二夜に分割になってしまいました。

これ映画館で見たら、途中から内容証明書きますね。

水樹たまのおっぱいに免じて、1.5はおまけです。
>|