鬼ガール!!の作品情報・感想・評価・動画配信

「鬼ガール!!」に投稿された感想・評価

おかだ

おかだの感想・評価

2.0
圧倒的に不出来な快作


近くのミニシアターでたまたまポスターを見ると、ロケ地が奥河内ということで興味を持って鑑賞。
出身が南河内で、高校が奥河内なのです。

パッケージのどことない土屋太鳳感と、「トリガール」っぽいタイトルから薄々そんな気はしていましたが、トリガールの原作と同じ方なんですね。
トリガール観てませんが。

さて先に感想を述べてしまうと、とても好きな映画でした。
ただ、出来不出来で言うと圧倒的に不出来だったと思います。


物語の舞台は大阪の奥河内。河内長野や富田林、千早赤阪村などの、和歌山寄りのあの辺りです。
現在も鬼が存在するという世界観で、主人公のももかは鬼の血を引く女の子。

高校入学初日、鬼バレせずに夢の青春ライフを送るべく張り切って登校するところから物語がスタートする。
鬼バレってなんだ。

で、まあ紆余曲折ありまして、幼馴染のレンくんらと共に、父親たちが作り上げるもあまりの難易度に製作を挫折してしまったという幻の脚本を基に、一世一代の連鎖劇の製作に臨んでいくというお話です。


連鎖劇の存在は知らなかったのですが、ベースを撮影した映像で上映しながら、要所のアクションやBGMを演劇形式で披露するというものなんですね。ヒーローショーやアトラクションでよくあるようなアレです。
クライマックスで成果物として発表される連鎖劇はそれなりのもので(高校生クオリティにしては)可愛げもあり楽しいです。

またロケーションも、ちょっとだけ出てくるラブリーホールや関西サイクルスポーツセンターなど見覚えがあってニッコリしました。


しかしその大部分は映画として非常に低レベル。
というか完全にテレビドラマ。
カメラワークからロケーションまで、ほとんど同じ映像でもうちょっと何とかならんかったのか。

それから関西人の描写がキツすぎる。
特に担任のあの感じ、漫画やドラマで関東人が描くようなステレオタイプな鬱陶しい関西人。見てて恥ずかしいからホンマにやめてくれ。


脚本もまるでダメで、そもそも鬼であることのコンプレックスの向き合い方も、コンプレックスの正体もイマイチよく分からない。
小学生時代の僅かな回想シーンがそれに当たるのかもしれんけど、いかんせん軽すぎる。
そしてそれに呼応するレンくんのパートが無いため、終始彼に惹かれた動機がよく分からない。
多様性の容認みたいな要素もまるで無く、ツノが生えてるだけの可愛い女の子としてしか描かれていないのだ。
怪力と俊足の設定もほぼ忘れられていくし。

あとまた、レンくんと親父との確執もボンヤリとしていれば、親父の悩みの正体までボンヤリしていて、悩んでいるのは分かるが一体何に悩んでいるのかはさっぱり教えてくれない。
というか親父の海外ロケは必要やったのか?

それから何より気になったのが、親父たちが連鎖劇の製作に挫折した要因がまるで説明されていない点。
いや何となくは分かるよ、そりゃ撮影映像と演劇の組み合わせなんざ、構図からタイミングから難易度が高いってことは。
しかしじゃあなぜ親父達に出来なくて、ももか達に成し遂げられたのか。
そこがまるで撮られていないというのは、今作の伝承という主題を描く上では致命的な瑕疵というほかない。

それから、いくら何でも連鎖劇のラスト、みんなで作り上げてきた作品を思いっきり私物化してしまうモモカの行動は、あれは絶対にいかんやろ。
映画としてとかじゃなくて、人としてダメ。


その他も細かい点で言うと、仲間集めパートの前フリがヘタクソすぎる。というか出来ていない。
ティアラがメイク上手い設定とか、インスタにそれを投稿している事実とか、関西サイクルスポーツセンターで撮影してる予定とか、全く示されていなかったので、こちらとしても「そうやったん?」と言うほかなし。
イケメン先輩の表現に対する情熱を仄めかすシーンも一切なく、セリフで勝手に補完される。
ほんでそれから、桃太郎とかけたにせよ、団子で仲間集める流れもよく分からへんし。

ことほど左様に、必要なショットが悉く用意されておらず何故120分近くも上映時間があるのかが逆に不思議なほど。


と、ここまで言っておいて言うことではないけれど、僕はこの作品が結構に好きです。

何でかはよく分からんのですけど、多分主役の子が可愛いからかな。
バンドやってる妹とかも、全然上手くないし、ブルーハーツどっからきてんとかあるけど、愛おしい。
弟は言わずもがな、愛おしい。

ぐっさんの父役も、ホンマにマジで大したことしてないけど、なんか好き。

ダメな映画ほど愛おしいというのか、ところどころ見せてくれる熱量にやられちゃったのかもしれません。
あのクライマックスのティアラちゃんとのハイタッチとかね。シーンとしてはホンマに不出来なんですけれど。


という訳で、間違っても1800円払って観るべき映画としてオススメはしづらいのですが、個人的には好きでした。
大阪南部出身の人で、青春コメディみたいなジャンルに弱い方はぜひ。
ご当地映画としても、ホラー映画としても、コメディ映画としても、どこかノリがイマイチな感じであり、そう見るのを期待すべき作品ではなかった。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
コメディ色が強い青春モノ。ストーリー

かなりハードル下げたこともあって悪くなかった。
後半は劇中劇がメイン。
何か地域振興なのかなそんな感じがした。

ぐっさんはよいね。
テレビでも見る府知事が出てた。
連鎖劇をテーマにしていたのがとても良かった。実際に生で連鎖劇を観たらとても感動しただろうなと思えた。
hiiko

hiikoの感想・評価

2.6
大阪人で、地元に近い収録地という事もあって、気になり鑑賞。
あさみ

あさみの感想・評価

3.0
自分が異分子だと告白するのは勇気がいるよね。
でも一番振り切ってカッコ良かったのは妹ちゃん。
優良

優良の感想・評価

3.0
2020年劇場鑑賞作品22本目。

ありがとう、auスマートパス1000円キャンペーン様。旦那さんと映画デートしてきたよー!

鑑賞、1回に縮小されていたので、結構、混んでました。隣の家族連れ……子どもがうろちょろ、親はわたわたヽ(°ω°)ノ 足、何回も踏まれる……どついた……ry

何故、鬼ガールを見にきた?? 鬼滅の刃とかプリキュアとか公開してるやろおがあああああ!!

はい、ごめんなさい。映画の内容に戻ります。

といっても、ざっくりネタバレらしいネタバレしないで一言で表すと、映画撮るぜ! 青春すっぜ! って感じの話。(←ざっくりしすぎだw)

角アクセ欲しくなりました!! 鬼の角、私も欲しいです~ヽ(°ω°)ノ笑

鬼食いは、オススメしません。こぼれます。ばらけます。(←やったんかい! やりたくなるよね)

宇都宮まきさんとゲスト出演の吉本の人や吉村知事 本人ご登場やご当地ネタが詰め込まれていた。

映画の中の映画や舞台やライブ、結構、好きなんですよね~! 

最後は、予想ついてはいたものの、それでもやっぱり、少し、涙腺、ほろっとしてしまいました。

女の子メンバーでは、ロックな妹ちゃんが、最高にロックでかっこよくて好きだった~~!!

ってことで、めちゃめちゃ近場ではあるので、そのうちロケ地巡り行きたいです!!! 

有名ではないし、大阪のこの辺も、なんばとか梅田とかの街に出るのはちょっと大変だけれども、住めば都!! オススメやで~~~!!!
7割はカットしたい内容

残り3割は、映画では無く生で観たい内容

良く芝居でもこの手のことはやるけど、ちょっとこの芝居×映画(舞台だと映像作品)のコラボは生で見てみたかったです

とは、言えこの映画からスターは…
後半?ラスト?の演劇シーンが印象に残りました。

劇場188本目
制服JKが走り回る!スカートは…、捲れません!

多分1度も予告見てない作品。
京都ではイオンシネマ京都桂川で多分1週間だけの上映なんで『シカゴ7裁判』を後回しにして観てきました。

ホントの自分を出す話し。
奥河内が舞台で鬼が出てくることくらいしか前情報入れて無かったんですが…、
なんやこれ!
おもんない!
つまんない!
眠い!
と言うか2〜3回マジで寝た!
山奥で鬼なんを隠して暮らす娘が、高校で映画部のイケメン(には見えない)先輩に誘われ、オーディションを受けたけど補欠になって…、しばらく寝てたので何だか分からんうちに…、自分たちで映画作る事になる話し。
鬼が主役やのに設定が桃太郎?
アホですか?w
映画作る仲間をきび団子ならぬ蕎麦団子で集める。
しかもセリフが「お供します」まんまかよ。
なんの実績も無い、なんなら映画部ですらない寄せ集めが、本格的な機材を使ってたから、多分どっかから盗んできたんやな。
で、映画作るのはいいけど上映するとこが無いと思ってたら、坊さんがお寺貸したるって。
しかも"奥河内ふるさと映画祭"とかわけわからんイベントになってる。
で、肝心の映画。
映像に合わせて舞台で演技する。
弁士みたいにJKがナレーション入れる。
ヒロインの妹のロックバンドと、ヒロインの友達の太鼓の生演奏でBGM。
もう映画かどうか分からないモノになってる。
こんなん誰も見ないやろうからネタバレしてやる!
映画のクライマックス、劇中劇の映画の中で人間に求婚されたヒロインは、鬼である事を告白するんやけど、気持ちの高まったヒロインが電源抜いてお寺は真っ暗。
舞台の中央に現れたヒロインにスポットライトが当たって、鬼だけど貴方が好きです!と監督に告白。
監督もマイクでボクも好きだ!とお返事。
えっと…、コンセント抜いてませんでしたっけ?
しかも映画関係ない告白見せられた観客は、どう反応したらいいねん!
大阪府の吉村知事がご本人役で出てらっしゃいました。

これ観るのに電車待ってた時の話し。
電車が入ってくる丁度その時歩いてきた若い女の子、皆んなが並んでる前を普通に横切り、そして平然と前に並び1番に乗り込む。
当然空いてる席を見つけて目ざとく座る。
そんな一般常識が足りないような娘が読んでる本がビジネス書?みたいなヤツで、"相手と自分の役割を理解する"とか"対面コミニケーションを大切にする"とか見出しが書いてある本!?w
貴女は本の内容を理解してますか?w




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2020年10月24日
鑑賞回:12:35〜14:45
劇場名:イオンシネマ京都桂川
座席情報:Screen5 K-6
上映方式:2D
レーティング:G
上映時間:120分
備考:ハッピー55
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『サイボーグ009』
>|