マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまりの作品情報・感想・評価・動画配信

「マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

GN'Rにかけた〇〇やら、リフレックスで客がみな踊り出すやら、話題にする映画はレクター、それからウォール街を一回振っておいて、2回目でディカプリオに掛けてボケさせるなんて高度すぎ…などなど、40 歳を浮き立たせる小ネタが堪らない。ロンドン郊外?の住宅街にデヴィカバの歌声が轟いてたぎるわあ。
chyaori

chyaoriの感想・評価

3.0
イメージで、コメディ6:ロマンス4の割合だろうと思って観たら、コメディ3:ロマンス7ぐらいでした。
でも恋愛に悩みもがくサイモンペッグはめちゃくちゃ可愛かったのでヨシ!!!まぁそうよねってストーリーだけど、良かったよ。
KAORU

KAORUの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

私のサイモン・ペッグ祭りで観た一本🎬
前向きになりたい自分と葛藤する主役2人が可愛すぎて発狂した💥

トイレに篭って泣いちゃうサイモン・ペッグも、皆んなが見てる前で緊張しながらスピーチするサイモン・ペッグも素晴らしく可愛い😢!!
不器用で思わず家族の前で泣いちゃうレイク・ベルも可愛いから、これはぜひ観てほしい😫💯
#59
hilda41

hilda41の感想・評価

3.8
最初はナンシーに好感が持てなかったけれど、進むにつれて感情移入。両親のパーティーで泣き崩れるところでこちらも泣いてしまった。34歳は背負っているものが重くて、重量オーバー。そういうナンシーに、気持ちが重なるものがあった。

印象に残った言葉
〝バカじゃない。フラれる側は後悔せずに済む。彼女には責任がつきまとう。

私に続いて。これを飲んだら強く賢く前に進む。〟

〝彼女は風変わりでロマンティックな方法で僕と前に進もうとしてくれた。〟

いい映画だった。同級生のショーンが本当に気持ち悪かったけど!!
yukaf

yukafの感想・評価

3.5
両親の結婚記念日パーティーに向かうナンシーは、電車で出会ったジェシカという女性に一冊の本を薦められ人生が変わる。
デート相手のフリをするのはすごい冒険やけど、2人とも気合ってて良かった。楽しく見れた!ジェシカ良い子。
だ

だの感想・評価

3.8
言い争いながらも息ぴったりなところとか泣いちゃうところとかなんかとりあえず可愛いなこの映画。10代のような初々しさがあるわけではなく、大人な恋でもない。こじらせて素直になれない2人が不器用にも距離を縮めていく姿がとても愛おしささえこみあげてくる。ドタバタでロマンチックさも無いけどそれがとても良かったし応援したくなるような映画だった。ジェシカはお節介だったけど最後まで背中を押してくれる最高に良い女だな。
面白かったー!
ロマンチックで少しベタだけど良い!

チラッと出てくる羊達の沈黙もよかった笑
さと

さとの感想・評価

3.8
シリアスなドラマやスリラー映画の合間に観るには最適すぎる、ドタバタな展開が楽しいラブコメ。

自己啓発本を小馬鹿にする拗らせ女子?もとい拗らせ女史な主人公と、元妻に未練タラタラな男性が、ちょっとした勘違いから出会い、「羊たちの沈黙」を皮切りに惹かれ合う(笑)。

年齢や経験を重ねているからこそ、新しい恋に畏れながら一歩前進するまでの過程に、中年の方なら共感しやすいのではないでしょうか。
そして、サイモン・ペッグ好きは更に好きになること間違いなし!どこか弱気で真面目なキャラをとてもチャーミングに演じてます。

個人的に好きな点
「イミテーション・ゲーム」でシリアスな面持ちの警官役だったロリー・キニアが、とんでもなく笑わせてくれる!地味にカメレオン俳優認定。役者ってすごいですね。
ベン・パーマー監督作品。サイモン・ペッグ製作総指揮。
『宇宙人ポール』のサイモン・ペッグと『クーデター』のレイク・ベル主演映画。

サイモン・ペッグが最高のいい男でした(^^)

元妻に未練たっぷりのバツイチ男と34歳の理屈っぽい女性が人違いから出会い、巻き起こす大騒動を描く。

恋人と別れてから4年が経過した34歳のナンシー(レイク・ベル)は、ひょんなことから中年男ジャック(サイモン・ペッグ)にブラインドデートの相手と間違われ、陽気に話し掛けられる。人違いだと本当のことを言いだせないまま、これも出会いのチャンスと24歳の女子と偽ってジャックとデートすることに。意外にも二人は意気投合するが…
"過去は捨てちまえ"

偏屈な大人が素直に恋愛に向き合う、甘じょっぱいラブコメ。

デート相手のフリするナンシーとデート相手と勘違いしたままのジャック、2人の超絶ミラクルな出会いの行方は、、

年を重ねると背負うものが大きくなって、いろいろ難しく考えちゃうんだなぁ。変なプライドとか積み上げてきた過去とか。
その辺のリアリティは主演2人の力。

この手の作品当たり外れがヒジョーに激しく、観る前に判断するのはほぼ不可能。
これはというと、中々どうして面白い!
テンポ良いし、下ネタ多いけど会話も飽きない。
啓発本をネタにしてたけど、説教臭くなく前向きでいれるのはステキだな、ええのん観たなって思えました。

ストーカーあいつはやばすぎるだろ。
座標レベルで実家特定されてることに、まず家族できちんと対策した方が良い。(理屈ぽい)
>|