キカの作品情報・感想・評価

「キカ」に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

4.1
ハイセンスだと 下劣も美になるのか
下劣を突き詰めると ハイセンスになるのか…
バリバリに攻めたJPGの衣装が 映画全体を覆い尽くしたエッジと 絶妙なバランスを保持してたなぁ

出てくるヤツ みんなイっちゃってんのは さほど珍しくないけど そいつら全員が揃いも揃って“元凶”になって 尚且つ悲劇とも喜劇とも覚束ないまま 有無を言わせぬ満足感を与えられるっていう 創り手のその力量に圧倒される作品

お色気シーンもちらほら なのに決して特別な美女を配役してない なんとも萎えたテンションの維持が秀逸…
鍵穴から撮る、オープニングが最高。殺人は足の爪切りに似ている。考えるとひどく面倒くだい。キカちゃんはよく喋る。映像が繋がって繋がって映画になる。気狂いしか出てこなくて清々しい。どうせ死ぬなら女の腕の中で死にたい。
パワフルて妙にリアル。アンドレアがかっこいい!そして何よりゴルチェ様!これを見て次の人生、女に生まれるならゴルチェの似合う女に生まれたいと思う人は多いはす‼
グラビアみたいにお洒落すぎるタイトルバック、カラフルすぎるプロダクションデザインと、ゴルチェの奇抜すぎる衣装。そしてヒッチコック風味のノワールを下敷きに、縦横無尽に絡みすぎるキャラクターたち。更に漫才みたいな台詞の掛け合い、バカバカしいほどのエロ、書き割りの背景セット、ロッシ・デ・パルマの鼻まで盛られて、濃い。濃すぎる。でも、全部まとめて一つの「絵」として成立してる。但し、キュビズムみたいな絵だ。破綻した倫理観とか、ビクトリア・アブリルが頭にビデオカメラ乗っけたファッションすらアートに見え美しい…かも。
電気羊

電気羊の感想・評価

3.0
「私が、生きる肌」もそうだったが、スペイン映画はキャラやセリフ、設定がぶっ飛んでいる。シュールやカルトとも違う。一言でいうと悪趣味か。この映画はジャンル分けが難しい。
最高に面白かった!!
展開が変わりすぎる中
主人公キカのキャラは変わらずなのがツボでした
ゲン

ゲンの感想・評価

3.5
ちょっと分からなかった、、エロいシーンあり殺しのシーンありだけど最後あっけらかんとして終わっちゃった。この監督の色使いは好き。全てインスタばえしてる。キカはおばちゃんぽくて残念だったけどお手伝いさんが魅力的!
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.5
登場人物がどこか、ことごとく変人ぽく、赤色の世界で、カルメンの流れのなかで情熱的におバカっぽく腰をふる。スペインの狂気がふんだんに散りばめられた映画。
deepend

deependの感想・評価

3.9
アルモドバル監督作品は大好きなので、初期のこの荒削りな感じがとても良かった。

キカの見た目はおばちゃんだけど少女みたいで母性のあるキャラクター。その力強さに励まされます。

ファナも結構いい味を出していて、重要な役割をしている。

この監督の作品を観ると主人公の悲劇に比べたら自分の悩みなんてちっぽけに思えるし日常をもっと楽しんで生きようと前向きになる良い映画でした。
Tomoo22

Tomoo22の感想・評価

3.2
ペチャクチャよく喋るな〜
自分大好きなエゴイスト
キカに限らず、ここに出でくる人たちは嘘にまみれてるし、性活がズボラ。
テレビ局の女は一番の変態に私は思たけど、一番の変態は監督。
撮り方はヒッチコックの様でもあるし、色彩も美術も、力強くてエネルギッシュでした。この毒々しさは癖になるのかもしれない。
>|