僕らの青春白書の作品情報・感想・評価

僕らの青春白書2014年製作の映画)

피끓는 청춘/HOT YOUNG BLOODS

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:121分

3.2

あらすじ

舞台は1982年の忠清南道(チュンチョンナムド)洪城(ホンソン)の農業高校。不良女子学生のヨンスク(パク・ボヨン)はイケメンでプレイボーイのジュンギル(イ・ジョンソク)の事を幼いころからずっと想い続けている。そんなヨンスクの事を好きなクァンシク(キム・ヨングァン)はジュンギルの事が気に入らず会うたびに暴行を働く。しかしジュンギルはソウルから転校してきたソヒ(イ・セヨン)に夢中でなんとか彼女の気を…

舞台は1982年の忠清南道(チュンチョンナムド)洪城(ホンソン)の農業高校。不良女子学生のヨンスク(パク・ボヨン)はイケメンでプレイボーイのジュンギル(イ・ジョンソク)の事を幼いころからずっと想い続けている。そんなヨンスクの事を好きなクァンシク(キム・ヨングァン)はジュンギルの事が気に入らず会うたびに暴行を働く。しかしジュンギルはソウルから転校してきたソヒ(イ・セヨン)に夢中でなんとか彼女の気をひこうと毎日猛アタック。 果たして彼らの恋は実るのか!?

「僕らの青春白書」に投稿された感想・評価

mogu

moguの感想・評価

2.9
パクボヨン目当てで鑑賞。
謳い文句に「サニー」とあったので
てっきり制作陣が再集結したんだと
まんまと騙されて観てしまった。

結論、期待はずれ。俳優の無駄遣い。
これなら無名の役者でもよかった。

簡単に言うと、幼馴染みが紆余曲折しながら
タイミングを逃してすれ違うものの
最後はくっつく王道ストーリー。

途中までは良かったのに最後がかなり雑だった。
あれよあれよと言う間にジュンギルが
ヨンスクを好きになってくっついて終わる。

個人的に、スポットがチンピラ勢なので
凡人がこんな血なまぐさいやりとり見せられて
これが青春だと括られても共感しかねる。
ネウ

ネウの感想・評価

2.9
可愛いけどなんせストーリーがクサイwwwww 忠清南道に留学していたから方言が懐かしかった
ひなむ

ひなむの感想・評価

2.6
スケ番にしてはイボヨン迫力がないし、田舎のプレイボーイにしてはイジョンソク白くて細すぎる気もするが、演技力で乗り切った感。
後半につれグッと引き込まれた。
暴力シーンが多すぎる様な。
IZU94

IZU94の感想・評価

3.4
ラストはいきなり少女漫画みたいになって戸惑ったけど、前半の若さゆえのストレートさはリアルで良かった。ちょっと観てて恥ずかしくなるくらい10代!って感じ。

ここまで人を一途に好きになれるって凄い。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.5
この間観た映画で気になっていたキム・ヨングァン目当てに観賞。
これ青春映画としてはかなり良かったですよ!学生時代の青臭さとか、根拠もなく突っ走ってしまう無敵感。そして、初めての恋が永遠だと信じてやまない純粋さ。大人になると忘れてしまうそんな感情を呼び覚ましてくれるような映画でしたね。好き。

主要人物は4人。
田舎町に暮らすジュンギル(イ・ジョンソク)は、クラス全員の女子とデートしようと目論むチャラい高校生。ジュンギルの幼なじみの不良娘ヨンスク(パク・ボヨン)は、小1の頃の出来事をきっかけにジュンギルに想いを寄せている。
そして、ソウルからの転校生ソヒ(イ・セヨン)と、工業高校の番長クァンシク(キム・ヨングァン)が絡んでくる感じかな。

序盤はヨンスクがどうしてそんなにジュンギルのことを好きなのか理解できなくて…でもその理由が明らかになると、痛々しいくらいの真っ直ぐな片思いに久しぶりに胸が高鳴ったよね。男がチャラくて女が硬派って設定もツボだった。あと、この映画はガチな喧嘩シーンがたくさん出てくるんだけど、女子が本気の殴り合いしてるのには萌えしか感じなかったですよね!それに比べてジュンギルは逃げ回ったり女の後ろに隠れるヘタレ野郎なんですけど、それをずーっと観ていたからか彼が最後に男を見せるあの喧嘩シーンは痺れました。ま、結局のところ弱いんだけどさ(笑)

目当てのキム・ヨングァンは今回はオールバックのおでこ出しスタイルで、これもまたカッコよかったです。彼の片思いも私的には好きでしたけどね。ちゃんと諦めるとこも潔いと思ったし。

近いうちにまた観たいな~って思うくらいには好きでした。これ、いい映画だよね。
yukii

yukiiの感想・評価

3.4
ピノキオをみたあとに鑑賞。ピノキオの役とは真逆のイジョンソクに笑えたw女好きで、ケンカ弱いし貧弱な感じだったけど、その役もハマってたw何回も笑えたw
なかなか面白かった。
spellmiss

spellmissの感想・評価

3.5
ピノキオの2人。韓国にもこんな時代があったんだね。ノスタルジックでローファイな青春時代の恋愛。不器用な女の子もかわいいね。
この時代を描くやつ好きなんだよな~。んで、現代は…みたいな。
HONAMI

HONAMIの感想・評価

3.0
イジョンソク目当てで見た作品。こんな貧弱な役は中々見られないって意味では面白いかも。
邦画にはない感じの青春映画ではあるものの、穏やかなラストシーンは個人的に好き。
ジャージャー麺が食べたくなるなぁ。
西山K太

西山K太の感想・評価

2.5
最後に話されたように、若人たちの持つ、名付けようのない情動のようなものを丹念に描いたと思う。もちろん教科書的には「思春期」と名付けてしまえば済むかもしれないし、「心と体の成長の不一致」と適当な理由を見つけ出せるかもしれない。
しかし、そうしてカテゴライズしてはいけない、アナライズしてはいけない本質的な感情があるはずで、この作品はそれを描いた。見る者に、あの時の悔しさを思い出させる作品。
韓国の作品の長所であり短所でもあるが、結末まで丹念に描かれることで、後味はすっきりする。ただ、ラストシーンで未来まで描く必要があったかには疑問符が付く。
>|