僕らの青春白書の作品情報・感想・評価

僕らの青春白書2014年製作の映画)

피끓는 청춘/HOT YOUNG BLOODS

上映日:2015年08月08日

製作国:

上映時間:121分

3.2

あらすじ

舞台は1982年の忠清南道(チュンチョンナムド)洪城(ホンソン)の農業高校。不良女子学生のヨンスク(パク・ボヨン)はイケメンでプレイボーイのジュンギル(イ・ジョンソク)の事を幼いころからずっと想い続けている。そんなヨンスクの事を好きなクァンシク(キム・ヨングァン)はジュンギルの事が気に入らず会うたびに暴行を働く。しかしジュンギルはソウルから転校してきたソヒ(イ・セヨン)に夢中でなんとか彼女の気を…

舞台は1982年の忠清南道(チュンチョンナムド)洪城(ホンソン)の農業高校。不良女子学生のヨンスク(パク・ボヨン)はイケメンでプレイボーイのジュンギル(イ・ジョンソク)の事を幼いころからずっと想い続けている。そんなヨンスクの事を好きなクァンシク(キム・ヨングァン)はジュンギルの事が気に入らず会うたびに暴行を働く。しかしジュンギルはソウルから転校してきたソヒ(イ・セヨン)に夢中でなんとか彼女の気をひこうと毎日猛アタック。 果たして彼らの恋は実るのか!?

「僕らの青春白書」に投稿された感想・評価

さーか

さーかの感想・評価

3.0
なんかよくわからない映画。でもジョンソクはどんな格好をしてもカッコいい
80年代が舞台の青春映画って独特のノスタルジックな雰囲気があって好きなんだけど、どちらかというと韓国よりも台湾映画の方が好きなのかもしれないと思った。
音楽も変に洋楽使っちゃってるあたりがなんとも歯切れ悪い。
あと韓国映画の青春モノってなんでこんなに暴力シーンが多いんだろう。
女の子も男の子も。
能天気な青春をただただ見たいだけなのに痛めつけられてる主人公たちを見るのはなんだかなぁと。

イ・ジョンソクのスタイルの良さとパク・ボヨンのこだぬきのような可愛さは見所ありだと思う。
内容はふうつにおもんなかた、、、
イジョンソクのファンがホッ♨️て観る映画
くろ

くろの感想・評価

2.8
中途半端
面白いかと思わせて面白くない
そしてなぜ、愛と青春の旅立ち?
asei22

asei22の感想・評価

1.8

サニー、建築学概念同様1980年代テーマにしている韓国の映画町のの雰囲気だったり挿入歌はものすごく好きだった。

作品の話がイマイチすぎた。
イジョンソクの役柄がどうも好きではない
意思がない感じで。
正直、イジョンソクが出てる作品は見終わる前に飽きてしまう.....
可愛い可愛いボヨンちゃんのヤンキー役は、やっぱり可愛い。
本当に喧嘩強そうに見えてくるからすごい。ボヨンちゃん好き。

ジョンソクさんがただのイケメンで、最後までただのイケメンでした。

こういう日本でいうと昭和な感じの?韓国のちょっと昔な感じの、青春モノめっちゃ好きです。
恋の矢印がすごい分かりやすくて、話は単純ですがキャラクターを楽しみつつ、最後は王道でウェーーーイってなりました。
ちょ

ちょの感想・評価

3.3
食いつくものはなかったけど
サニーとかの青春ものを見ちゃうと
全く物足りない
Kago

Kagoの感想・評価

2.0
何回最後まで見よう!と思っても
途中でやめてしまう……,

イ・ジョンソクが天才じゃないのが
嫌なんだろうか。(笑)
どうも韓国のこの時代の
青春ものは性にあわないなー。

とにかくイ・ジョンソクの役が
理解できない。
キレーな顔てキレーな街で
働く彼が好きなのか?と
思いつつも、この時代のこの韓国の
田舎は美しい。

ここでイ・ジョンソクと
ヨングァンくん共演してるんですよね!
ピノキオーー!!!
me

meの感想・評価

3.5
昔の田舎の韓国を感じられた。
レトロな感じ、音楽が良かった。
mogu

moguの感想・評価

2.9
パクボヨン目当てで鑑賞。
謳い文句に「サニー」とあったので
てっきり制作陣が再集結したんだと
まんまと騙されて観てしまった。

結論、期待はずれ。俳優の無駄遣い。
これなら無名の役者でもよかった。

簡単に言うと、幼馴染みが紆余曲折しながら
タイミングを逃してすれ違うものの
最後はくっつく王道ストーリー。

途中までは良かったのに最後がかなり雑だった。
あれよあれよと言う間にジュンギルが
ヨンスクを好きになってくっついて終わる。

個人的に、スポットがチンピラ勢なので
凡人がこんな血なまぐさいやりとり見せられて
これが青春だと括られても共感しかねる。
>|