セシボンの作品情報・感想・評価

「セシボン」に投稿された感想・評価

7ai28

7ai28の感想・評価

3.8
一緒にいることで時空間がねじれるあの感覚。いろいろ一瞬にして思い出すなぁ
一部実話に基づいたストーリーだそうで。ちょっと切ない展開に涙。韓国の音楽ものって好きだな。
ハン・ヒョジュのかわいさは反則級!
Kate

Kateの感想・評価

3.7
こんな人がいたのかもしれない、その想像が事実をより興味深くする。
建物や服装が大正ロマンのような雰囲気で、どの国にも西洋文化がぐっと入っくる時代があったのかな、と。
ハンヒョジュは前髪あると深キョンの生き写しだね。かわいい。
知ってる人がたくさん出てきたから韓国エンタメは数こなせばどんどんお知り合いが増えそう。
フォークソング映画としてインサイドルーウィンデイヴィスを思い出した。
もみ

もみの感想・評価

-
あの頃の気持ちはあの日々に置いてきたんだね、再会した二人がお互いの気持ちについて語ろうとしないのはリアル、しかしジャンヒあんたわっるい女だよ〜!自分のこと好いてる男、しかも自分も好意持ってるような男に、「私のために何ができる?」なんて普通言わないよ〜!!くずおれるキムユンソクの背中抱きしめたいよ〜!!
とはいえハンヒョジュかわいいし(後半の回想シーンで出てくるハスッパな彼女、もっと見たかった〜)、その後を演じたキム・ヒエも、ああ彼女だと感じられてよかった!
先輩歌手役キムイングォン、かわいかった〜めっちゃ歌うまなのね〜!!
出待ち女性たちが藁でしばった魚とか卵とか片手に押し寄せるの笑った
あとキムユンソクが(おそらく姪っ子が使っていただろう)かわいいお姫様ベッドでビールかっ喰らって寝てるとこ!
KURO

KUROの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

なんか退屈な感じだなーと思って見てましたが 数十年後になるまでは ほんとに退屈でした

しかしながら グンテが友達を売った理由を引っ張るのが長い長い
空港でジャヨンが追っかけても 何も語らず去るグンテ
ジャヨンを守るために他の仲間を売ったことがやはり重かったのでしょうか

逆に 自分の夢のために あっさり振った彼女を よくそこまで想えたなと グンテの気持ちに若干共感できない部分もあったり

ジャヨンにすれば 夢と恋愛を天秤にかけたわけですが それはわからないわけではない
勢いある監督の後ろ楯という 夢への最短キップが目の前にあったら そりゃ葛藤するでしょうね

そして さらに数年後 ツインフォリオのライブの客席で目を合わす二人
何も語らずとも お互いの気持ちはわかっていて はるか昔に置いてきたのだと言わんばかりのラストでした
青春は色褪せないということでしょうか

年が経ち グンテとジャンヒが再会するところからラストまでは 実に面白い展開でした
そこまで丁寧に描いていたからこその 過去の事実に深みがでたのかなと思いました
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
昔の韓国。フォークソングヒット時代。
かつての日本のフォーク時代を思い出す。

反発しながらも結成した仲間との絆。
愛し合ってるのに上手くいかない歌詞の内容そのまんまの切ない恋。

流れる時代の中、辛い思いに終止符を打つように終わっていって、時の流れの残酷さと優しさを感じた。
大学の韓国語の授業で観て、とても感動したのでもう一度鑑賞。自分の全てを捨ててまで誰かを守ろうとする愛。最後は涙が止まりませんでした。
マホ21

マホ21の感想・評価

4.0
#52
俳優さん最初イマイチでも最後には存在にありがとうレベルのイケメンになる、韓国作品あるある
ハンヒョジュが可愛い結婚したいまじでお嫁に来てほしい
かつての韓国の音楽はこんな感じなんだな〜とかセシボンの様な音楽サロン(ライブハウス)の文化が日本と全然違ってて羨ましい
イ・チャンヒ役の俳優めっちゃ木下理樹に似てる
ハリー

ハリーの感想・評価

3.8
音楽と友情、恋。

ビートルズを意識してるような髪型やファッション、そして音楽。
聴いてて心地よいハーモニー。

グンテがいいキャラ!

なんといってもハン・ヒョジュ!言うことなしです。最高。

バイオレンスが一切ないこういう落ち着いた韓国映画もいいものです。
>|