セシボンの作品情報・感想・評価

「セシボン」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.1
ハンヒョジュが出てるので鑑賞。

開始20分くらいヒョジュちゃん出てこないから退屈だったけど
ヒョジュちゃん出てきてから大人?パートになるまでは面白かった。
回想シーンが挟まるからいいけど大人パートは微妙。
受話器はちゃんと戻してよ!

ヒョジュちゃん以外の俳優さんはよく知らないけど
とにかくヒョジュちゃんが可愛いからいいわ。
takumi

takumiの感想・評価

3.9
ハンヒョジュ見たさで鑑賞
チョンウの演技が良すぎ役者陣凄すぎ
癒しの声でフォークソングが
聴ける青春映画(*´-`*)

ハン・ヒョジュさんの
深田恭子さんみたいな癒される笑顔…
でも時に小悪魔みたいな顔をするの
すごくずるい…!!
なんでも許しちゃいそうで…
グンテも純粋で、泣くところは一緒に
ウルウルして泣いちゃった(;-;)

大人になってからは
え?誰?なになに?感がすごくて
流し聴きになってしまった( ´・ω・`)

セシボンがあーなる前までは
すごく素敵なお話でした( ´・ω・`)
kosuke

kosukeの感想・評価

4.2
なんだか胸をえぐられるような、青春のひと時を思い出させてくれる作品。

グンテの故郷にハンヒョジュが足を運んだあの夜、二人がちゃんと向き合って話せていたら何か変わっていたのだろうか、、

後半はグンテが泣く度に自分も半泣き状態でした。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.9
実在したフォークデュオを通して見る70年代の韓国

時代の持つ熱、恋、野心、希望、地方と都市、弾圧、友情

ベタベタしてるのではと敬遠していたのだけれど、濃密でほろ苦くてあと味のよい秀作

アクション、ホラー系を多く手がけている撮影監督で、少しうるさいくらいのカメラワークが叙情に流れすぎない絵づくりに貢献、フラットな状態でスッと感情移入できた

まだ風当たりが弱かったのか、日本製品がチラホラ出てきてうれしかった

主人公の男性の切ない恋心、それを投影した歌に落涙数回

本音と建前が見えづらく、ややもすると魔性なミューズを演じるハンヒョジュが犯罪と言っていいほどチャーミング

「ただ君だけ」「監視者たち」を演技でも魅力でも上回っていた

ミニスカートとか、ほんと勘弁してほしい

逮捕しちゃうぞ!と言いたいけどむしろミニスカポリスのコスプレのハンヒョジュに逮捕されたいぞ!ってもうわけがわからない

思わずインスタをフォローしてしまった…
JUCA

JUCAの感想・評価

5.0
韓国熱が止まらないー!!
この時代の音楽だいすき、日本のも同様に!描かれていたのは恋愛だけじゃなく、友情も、そしてギター片手に楽しそうに歌う3人の姿がすごく輝いて見えて眩しすぎたー!好き!
あるあるだけど、最初全然かっこよくないと思ってた俳優が観終わる頃には超絶イケメンに見える現象ナニ(笑)
IPPO

IPPOの感想・評価

3.7
これ、見たかったんです。

ハン・ヒョジュのキラキラ感、
魔性の女感がたまりません。

大ヒット作じゃないものの、
キャストがかなり豪華。

60年代中盤、ソウルで巻き起こった、
フォークミュージック人気を題材に、
夢と現実の狭間で揺れる若者たちの青春の光の影を描く。

日本にも学生運動やフォークを題材にした
映画があるけど、そんな感じかな。

やっぱ韓国映画の方がどっしりした
作り込み感があって見応えがある。
世代的に共感はあまり無いけど、親世代にも勧めたくなる一作。
すず

すずの感想・評価

4.0
音楽喫茶「セシボン」で繰り広げられる、青春と恋愛の物語!
フォークトリオのメンバーのチャンシク、ヒョンジュ、グンテ。
3人はセシボンのマドンナ、ジャンヒに恋をする。
他の2人が即興で彼女に歌を歌ってるのに、自分にはそんな才能がないと落ち込むグンテ。
しかし周りのみんながことごとく玉砕する中、グンテは彼女を射止めるのです!
音楽活動も軌道に乗り始め、遂にラジオ出演が決まるのですが…

ノスタルジックな雰囲気とフォークソングが心地いい!
ファッションもすっごく可愛い〜♡
みんなそれぞれキャラが違って、笑えるシーンがたくさんあった(*˙꒳˙*)
Fコード、私も苦労した!笑
みんなが同じ人を好きなのに、気まずくならないのいいね♡
グンテを振り回すジャンヒの小悪魔感がすっごく可愛い!
彼女と一緒にいる時のグンテも可愛い!
昔は短いスカート履いたらだめだったのかな?
警察に止められないように、ジャンヒのスカートと自分のズボン交換してあげるの笑えた\(^^)/
お母さんはいいって言ったのに!笑
2人が忠武キンパ食べててうわあああああ!ってなった!
大好きなの!忠武キンパ!
あれ食べる為に韓国行っちゃうくらい♡
すごくいい感じになってきた2人なのに、邪魔物が入るの!
なに?なんで?どうしてそうなるの?
女絡みで全て捨てちゃうのもなんで?
この辺からもやもや〜って。
友達選んで欲しかったな、って少し残念(´•ω•`)
切ない恋愛が美しいのは、それがもう思い出になってるからなんだよね。
「ウェディングケーキ」の歌詞すごく良かったけど、なぜそっちに行ったの?
そこ理解できなくてもやもやだよ〜!
最初に、韓国映画を避けているかたも是非みてほしい作品。


音楽映画でもあり、ラブストーリー映画でもある。


 セシボン という場所で歌う男3人プラス1人が
一人の女の人に恋に落ちる。

ハンヒョジュの役が素晴らしく小悪魔。
“あなたは私のためになにができる?”
“キスしたからって付き合ってるとは限らない”
etc…

しかし、綺麗な恋愛。
上質な恋愛が描かれている。

 ウェディングケーキ この曲にこめられた歌詞の意味を知ったときさらに切なくなる。
そういうことだったのね。って


老若男女皆さんにおすすめしたい。

見てください。
これは、とてもとても、愛しい作品。
誰の彼もが、とてもキュート。
また、あいつらに会いたくなる作品は傑作なのです。
>|