私の少女時代 Our Times(2015年製作の映画)

我的少女時代/Our Times

上映日:2016年11月26日

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:134分
    監督
    フランキー・チェン
    キャスト
    ビビアン・ソン
    ダレン・ワン
    ディノ・リー
    アンディ・ラウ
    ジェリー・イェン
    あらすじ
    90年代台湾を舞台に、さえない女子高生と、イケメン男子と不良男子の恋と友情を描いたノスタルジックで切ない青春ラブストーリー。仕事も恋愛も空回りのOLリン・チェンシン。なにもかも嫌になって泣きたくなった時にラジオから聴こえてきたのは、彼女の青春時代のアイドル、アンディ・ラウの歌。そして、リンは高校時代を回想する―― 輝かしい青春の日々、ほろ苦い想い出・・・という誰もが経験した初恋のユーモアと90年代ノスタルジーを織り交ぜて描いたさわやかな青春映画。

    「私の少女時代 Our Times」に投稿された感想・レビュー

    ひーな
    ひーなの感想・レビュー
    1日
    5.0
    今のタイミングで見たから余計に泣けました😭
    徐太宇と欧陽が最後話してたところで泣き、好久不見の所でもまた泣きました😂
    Aya
    Ayaの感想・レビュー
    1日
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    思ってたより全然面白かった!
    ここ何年か過渡期を迎えている台湾映画。
    アンディ・ラウが本人役で出ている、ということだけ聞いておりました。

    主人公が語る通り平凡女子の初恋の物語。

    女の子夏帆に似てるよね。

    憧れの学園の王子様と仲良くなった不良のボスの間で揺れ動く乙女心。


    って書くとものすごくつまんなそうな映画だよねw
    実は時系列シャッフルで見せられる実はそうだったのー?!(はーと)的なネタ明かしはベタですがよく出来ていると思いました。
    その他のシーンも音楽含めベッタベタ。
    ちょっとヤバいくらい・・・でもそれが不快じゃない不思議なバランス・・・Oh,青春マジック・・・。

    実は王子様は学園一の美少女と付き合ってる?!
    とか不良が実は頭が良かったんだけどあるトラウマを抱えてて、とか髪型を変えてコンタクトにしたら実は美少女!とか言ってみればマンガ的。
    それはいいんです。
    本人がそう語ってるので。

    気になったのは時代背景ですね。
    台湾映画に多いパターンの「あの頃」設定。なのですが、今婚期を迎えているキャリアウーマン、という人の青春時代にしては古すぎやしませんか?
    カセットテープ、アイドルのブロマイド、ローラースケート、お弁当・・・同年代だよね?
    私の少女時代にはケータイあったよ・・・。

    あとどうしても許せないのがボスの未来の姿なんだよ!
    カッコ良くない!!
    こう初恋の人との再会ってその人がどういう感じになってるか結構大事だと思うんですけど?!

    アンディ・ラウの使い方はとても好感が持てる。
    くるくるー!って感じ楽しめました。

    いわゆるキラキラしてるだけで中身のまったくない台湾映画とは少し違って、意図的なひねりを入れてきているのは確か。

    135分、あの時、あの人は心の中で何を考え、どう行動していたのか??
    TsutomuZ
    TsutomuZの感想・レビュー
    4日
    3.6
    世界一正しい日本の少女漫画そのもの、エッセンスの映画化。

    ラストの展開はチャップリンの街の灯などの古典であるけれど、上手いの一言。

    真心という文字を読むことができ、意味も理解できることを素直に喜びたい。
    きぬきぬ
    きぬきぬの感想・レビュー
    6日
    3.9
    愛おしくて愛おしくて、ボロ泣き笑いしながら観てた!
    ヒロインが学生の頃からずっとアンディ・ラウのファンだってことがずっと利いてる!
    チャウ・シンチーの映画が好きな冴えないモテナイ眼鏡っ娘のヒロイン、女生徒憧れの王子様、イケメン訳ありの不良少年、美人で頭の良い女生徒、意地悪な先生や兄貴、幸福(不幸)の手紙、ローラースケート、屋上に降る雨、拾われた子犬、友だちとのキャンプ、流れ星、、、
    これでもかっ!ってくらいに10代の青春時代のアイテムが詰め込まれた、本当の恋に気づくまでの擦れ違い。恋の想いの行動に後から気づく、戸惑い間違いながらも突っ走るばかりの、本当に好きな人に好きと言えない、甘いよりも酸っぱいばかりの若さ。

    真心(ビビアン・ソン可愛い)の名前通りに真っ直ぐな少女のドタバタがまた楽しいし、そのドタバタしてる姿を、好きな子をいじめたくなる感じでかまう太宇(ダレン・ワン格好良い)の気持ちには、観ているこっちはさっさと気づいてしまってもどかしい。
    好きな女の子が綺麗になった姿を見たときの太宇の表情なんて、ほんととても良い!好きな男の子を助けたいと何ものをも恐れず立ち上がる真心が愛しい。彼女は女子高生のとき、そんなにも強かった。想い出は大人になった真心にも勇気を与える。

    少女漫画的なんだけど、その女子高生時代の風景が、心の中の懐かしさと伴って、うんうん、あるある、うんうん、わかるわかると蘇る。

    アンディ・ラウの真似して出て来るダレン・ワンくんの場面には、アンディ・ラウの映画思い出して笑っちゃったよ♪

    ダレン・ワンが大人になったらジェリー・イエンだったとは。。(笑)
    meizuo
    meizuoの感想・レビュー
    2017/04/15
    5.0
    2016年大阪アジアン映画祭、シネマート心斎橋にて観賞
    青春時代が甘酸っぱい思い出だけに終わらない所が良かった
    台湾のDVDまで買って、何回も観賞し、
    ロケ地(喫茶店、本屋、ローラースケートの公園)にも行った
    大好き3大台湾映画の一つ
    Gakuga
    Gakugaの感想・レビュー
    2017/04/15
    3.8
    記念すべきココマルシアターオープニング作品。最高だった。感慨深い。
    ReiMatsui
    ReiMatsuiの感想・レビュー
    2017/04/07
    3.8
    王道のラブストーリー。でもそれが良かった〜
    ミス反抗期
    ミス反抗期の感想・レビュー
    2017/03/22
    4.2
    高校時代を大切にしたい!
    あわなみ
    あわなみの感想・レビュー
    2017/03/04
    4.2
    記録用
    ケイティ
    ケイティの感想・レビュー
    2017/02/25
    3.4
    王道ラブストーリー、18歳ってどうしてあんなにキラキラした生き物なのか…
    コンタクトにした真心が超可愛くて、別人すぎてびっくりした。
    >|