バットマン:アサルト・オン・アーカムの作品情報・感想・評価・動画配信

「バットマン:アサルト・オン・アーカム」に投稿された感想・評価

そーた

そーたの感想・評価

3.7
こっちのスースクの方が面白いな〜〜
ジョーカーの出番も多いし、デットショットもいい味出してる。
バットマンを出すのが版権的に厳しかったのかな
世界一面白い。スーサイド・スクワッドの責任者であるアマンダ・ウォラーがめちゃくちゃ身体デカくて迫力あるの最高。キングピンみたい。
75分に全てが詰まっていてマジで楽しい。
スーサイドスクワッドの活躍だけでなく、ジョーカーの邪魔が入ったり、ペンギンが出てきたり、リドラーも絡んできたりと横の広がりがすご過ぎる。これこそがアメコミ映画の醍醐味と言わんばかりの展開とキャラの多さにワクワクが止まらなかった。
バットマンは変なやつばっかり相手にして死ぬほど大変なんだと身に染みてわかる。
みんな大好きキングシャークも出てくるよ。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.5
中身はスーサイドスクワッドなのだが、実写映画版より遥かに面白い。
基本設定は同じで、政府のアマンダウォーラーが、犯罪者の首に爆弾を付け命令し、任務を強制するという内容。
アマンダがマツコデラックスみたいだぜぇ…

任務はアーカム刑務所にるリドラーのもつデータの回収。
デッドショットをリーダーに、ハーレイクィン・キャプテンブーメラン・ブラックスパイダー・キングシャーク・キラーフロストらが徴収され任務にあたる。そしてバットマンも同じ捜査で行動に起こす。
データの正体はジョーカーの持つ爆弾で、その爆発を阻止するために入り乱れて戦う。

スースク内でも足並みが揃わないのに、更にバットマンとジョーカーの爆弾争奪戦が三竦みとなり話が進む。
面白〜〜〜〜!

デッドショットが比較的良識派で、捻くれた性格のブーメランがイチイチ対立。ハーレイクィンは色気付いてなんとデッドショットとヤッちゃう。デッドショットも「まあいっか」って(笑)
これによりジョーカーと三角関係になり更に複雑に。

また、キラーフロストとキングシャークも何となくイイカンジに。キラーフロストは美女だけどキングシャークはモテ要素一切無いキャラだけどな。でも今作ではサメの怪物ではなく一応人間だ。

またチョイ役のゲストも豪華だ。アーカムへの手引きにペンギンが出てきたり、刑務所を開放してポイズンアイビーやスケアクロウなども登場。他にもキラーフロストが同じ氷属性のMr.フリーズのアイテムを見つける等のファンサービスも抜かりない。

何よりヴィランがちゃんと活躍している。実写版の小物感が無いのが良いよ。ラストも実写版で見たかったシーンだ。
バットマンが相手するサイコパス多くて大変だよな。まあ、勝手に潰し合ってもくれるんだが。バットマンくらいタフに頑張りたいね。
バットマンとタイトルにはついているものの、実際にはスーサイドスクワッドをメインに据えた作品。
寄せ集めヴィランの自殺部隊に期待するものが詰まってる(結局自分の利益最優先にして平気で裏切ったり、特に感慨なく味方が死んだり、ボスを出し抜こうとしたり)。
実写映画の脚本これにした方がよかったのでは……。
yh

yhの感想・評価

3.9
バットマンとリドラーの話かと思ったらスーサイド・スクワッドがメインだった。
けどちゃんとバットマンは要所で出てきてかっこいい!
後半のヴィラン大集合なお祭り感も良かった。
スーサイド・スクワッドとして見ると実写版より面白かった。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.5
 「まいっか」

政府の要人アマンダ・ウォラー。
スーパーヴィランを狩ることに生き甲斐を感じている異常者。
今回も犯罪防止のタスクフォースXを召集する。
その中にはデットショット、ハーレイクイン、キャプテンブーメランなど名だたる悪党が名を連ね、作戦前から不穏な空気。
今回のターゲットは「リドラー」ことエドワード・ニグマの奪還。
しかも場所は泣く子も黙る「アーカムアサイラム」精神病院。
鉄壁の警備を破るのも困難なら、ダークナイトの妨害も予想される…

映画で悪役っぷりを遺憾なく発揮した女傑「アマンダ・ウォラー」アニメでも大活躍。
もちろんメインはデットショットとハーレイ・クイン。
ファンムービーですが結構大人向けでガシガシ人が死ぬので万人向けとは言いがたい。
ちなみにゲームがありまして、その前日談なのでプレイしていたら更に楽しめるかも。
知らなくても面白いです。

百点とはいきませんがバットマンマニアには楽しい作品。
アメコミタグ152

今年最後の作品となりましたが、皆様も良いお年を迎えられますよう、心から願っております。
バットマンとは名ばかりの正真正銘「スーサイド・スクワッド」の映画。
舞台がバットマンでお馴染みの“アーカムアサイラム“ということもあり、スースクメンバー以外にもバットマン系ヴィランが大量に登場。
スースクメンバーとバットマンの多数vs一人の闘いは見所。

メンバーの関係性と荒っぽさ、ジョーカーの立ち位置、ケイパーもの要素、こういうのを実写版で観たかった…。
大人な雰囲気漂うスーサイドスクワッド。
話にまとまりはないが、ゲーム版アサイラムシリーズのヴィランをちょろっと出したりと、サービスは多め。
は

はの感想・評価

3.5
アーカムの建物のビジュアルとかポイズンアイビー、ベイン、スケアクロウなどのビジュアルがゲームのアーカムシリーズと同じでした
今作はスースクの予告が出た時に観たかったスースクの映画といった感じでした
バットマンも活躍するし、ジョーカーの尺もあるし、ヴィランのアッセンブル感もある
75分という時間も、映像も、内容もちょうど良かったです
デッドショット、ジョーカー、ハーレイの三角関係が面白かったよね
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品