スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

Suicide Squad

上映日:2016年09月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:123分
    監督
    デヴィッド・エアー
    脚本
    デヴィッド・エアー
    キャスト
    ウィル・スミス
    ジョエル・キナマン
    マーゴット・ロビー
    ジャレッド・レトー
    ジェイ・コートニー
    カーラ・デルヴィーニュ
    福原かれん
    ヴィオラ・デイヴィス
    スコット・イーストウッド
    ベン・アフレック
    アイク・バリンホルツ
    アドウェール・アキノエ=アグバエ
    コモン
    アマンダ・ブルジェル
    アダム・ビーチ
    ジェイ・ヘルナンデス
    ジム・パラック
    アレックス・メラズ
    あらすじ
    スーパーヒーローでは世界は救えない!? 世界崩壊の危機を前に、アメリカ政府がその未来を託したのは、 バットマンやスーパーマンではなく、クレイジーな“悪党”たちだった! 迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。 それは、牢獄に捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。 情に厚い凄腕暗殺者、地獄の炎を操る小心者、唯我独尊を貫く女侍、 コンプレックスを抱える怪力男、 トラブルメーカーのブーメラン使い・・・ そして、予測不可能までにぶっ飛んだ女ピエロ、ハーレイ・クイン。 思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!? 悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント!

    「スーサイド・スクワッド」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    まったく予備知識なしに鑑賞。
    まぁバットマンというかジャスティスリーグの1本なのかな?

    悪なのか善なのかよくわからん感じはどうかと思いますが、エンターテイメントとしてはそれなりに楽しめました。
    各キャラクターの紹介が長いので全体的に長くなってしまったのは残念。

    あと、ハーレイ・クイン推しとバットマンを排除した宣伝は日本の映画会社が意図的にやったのかな?
    ホンマに映画会社はクソだな。
    実はとっても心優しいキャラクターばかりだった。ストーリーは普通だけど、キャスティングと音楽がいい感じだった。

    キャラの個性は好きだったけど、活かしきれていなかった印象でした。
    予備知識ゼロやけどおもしろかった、、
    ハーレイクインかわいすぎジョーカーかっこよすぎ
    悪党たちがもっと悪い感じかと思っていたので、意外といい人達でちょっと残念。キャラクター達の背景を描きつつストーリーを進めて行くには時間が足りなかったのかなとも。期待が大きかったためか最後までイマイチのれなかったです。でも、メイクや映像は見応えがありました。炎男が巨大化して戦うシーンは迫力ありました。映画の中で一番のれたのはここかな。ストーリーは脇に置いて魅力的なキャラクターはマーゴット演じるハーレイ・クイン、エンチャントス、エル・ディアブロ、そしてジャレット・レト演じるジョーカーにはしびれた〜。

    3 2.5 3.5 3 4.5
    ハーレークインのキャラ独特でハマるからもっとそこを観たかった。キャラクター重視の映画。ストーリーは期待せんでええよ。
    良い

    劇場公開時の友達の感想が「DVD出てから観れば良いよ」だったので
    期待していなかったですが、普通に楽しめました。

    博士が魔女に変身するときの格好良さ最高です。

    ただ、アベンジャーズでもBvSでも、
    主役が多いとテンポ悪くなるし、フォーカスもぶれるので面白くするの難しいんだろうなーと思います。

    天才尾田栄一郎のワンピースも、仲間増えすぎて戦闘シーンの必殺技が胸焼けするようになってしまうことあるし、
    難しいんだなー。
    かわいいかわいいハーレクインかわいい
    あとジョーカーがかっこよすぎるるる
    話も普通におもしろかった
    >|