フォーリング 少女たちのめざめの作品情報・感想・評価・動画配信

「フォーリング 少女たちのめざめ」に投稿された感想・評価

keita

keitaの感想・評価

1.0
だいぶん斜めな映画やった

ピューちゃん出てなかったら絶対に観てない
7090yu

7090yuの感想・評価

3.3
難しかった。
たぶん関係ないけど、
中学校の卒業式の練習中にひとり貧血なると
ばたばたと倒れてたことを思い出した。

自分は大事な存在だと思う、思える環境が大事なのかなあと思った。
女子高生集団失神ムービー
失踪じゃなく失神ですよ!
なんじゃそりゃ笑
ピューちゃん初映画出演作品ということ観たけど…
私には女子高生の考えてることはわからなかった。
ピューちゃんのパンパンな太ももにミニスカートはどこか可愛い。
マニ

マニの感想・評価

2.2
なにを描きたかったのかまったく汲み取れなかった。少女と少女だった人たちの対比かと思いきやそれも違うし本当になにを見させられたんだ。予備知識ゼロ鑑賞だったのでいきなりフローレンス・ピューが出てきて驚いた。先生たちの「中年女性の方が理解されない」的な座談シーンはサイコーでした。
MVみたいな不思議な映画だった。最後は『青い春』を思い出した。無垢な少女たちの意思表示がぶっ倒れること(それも自らの意思ではなく)なのは悲しいね。
楓花

楓花の感想・評価

2.5
オカルト現象的なものかと思って見始めたんですが、作中でも述べられているように、リディアが暴走して周りが引き摺られた集団ヒステリーだろうな。
まるで踊りを舞うかのように倒れていく女生徒たちとシャロン先生の様子は美しかった。
あと、ちょいちょい出てくる自然の描写がとても綺麗でした。

それにしても兄のクズさには驚かされるわ。
母よ、兄を追い出して正解です。
本当にないわ…。

終盤でリディアの生まれがわかって色々と納得した。
そりゃあ母、外に出るの尋常じゃないほど怖いよね。
それでもリディアの元に行くために最後は自ら外に出て。
これからきっと和解できるよね、と思えるようなラストでした。

取り敢えず画面が綺麗。
フローレンス・ピューの低い声がわたしの思ってた世界観からはみ出過ぎて、けっこう序盤から白目で鑑賞
顔デカく見えるよね、迫力あるからかな?

リディアも途中から安達祐実に
同情するなら愛をくれ!ってか

パッケージにもなってる雨の森の中傘差しながらの写生シーンはステキ
エコールや繭、纏うみたいなのを想像してたので、え!少女っていうか子供!って感じなのかあ…って思った

少女期を幻想的に作る女性作家、監督大好きー
リアルというより、この世のどこかでそういう世界があるかもしれないっていう願望
あそびあそばせでもオリヴィアが裸で可愛い女の子たちが相撲とる、女性相撲があるって信じ出たのと似てるかもしれない

兄、てめえはだめだ
Rio

Rioの感想・評価

2.5
フローレンス・ピューとメイジー・ウィリアムズ、やっぱり存在感すごい!目をひいた☺️
ピューちゃん、初映画作品とは思えないほど堂々としてて、今の活躍も頷ける。
不思議で怪しい雰囲気の作品で、好き嫌いが激しく分かれそう💦
 2014イギリス映画。WOWOWにて鑑賞。イギリスの女子高校での抑圧的な生活とその中での性の目覚め、青春の不安定さといった話から始まるが、次第に主人公と兄、そして秘密を隠し持つ母との関係に焦点が移っていく。イギリスの学園生活の裏面をよく描いているとは思うが、自分の趣味に合う映画ではなかった。上記のように焦点がずれていってしまうこともマイナス。
>|

あなたにおすすめの記事