疑惑のチャンピオンの作品情報・感想・評価

疑惑のチャンピオン2015年製作の映画)

The Program

上映日:2016年07月02日

製作国:

上映時間:103分

3.4

あらすじ

サイクルロードレースの世界最高峰<ツール・ド・フランス>で7連覇を達成。25歳で発症したガンを克服して1999年~2005年にその偉業を成し遂げたランス・アームストロングは、ガン患者を支援する慈善活動にも尽力し、まさに世界中の熱狂と尊敬を集めるスーパーヒーローだった。しかしひとりのジャーナリストが、この絶対的王者につきまとう薬物使用疑惑を執拗に追及する。やがてスポーツ界を震撼させる衝撃の真実が次…

サイクルロードレースの世界最高峰<ツール・ド・フランス>で7連覇を達成。25歳で発症したガンを克服して1999年~2005年にその偉業を成し遂げたランス・アームストロングは、ガン患者を支援する慈善活動にも尽力し、まさに世界中の熱狂と尊敬を集めるスーパーヒーローだった。しかしひとりのジャーナリストが、この絶対的王者につきまとう薬物使用疑惑を執拗に追及する。やがてスポーツ界を震撼させる衝撃の真実が次々と明るみになり…。

「疑惑のチャンピオン」に投稿された感想・評価

記録
実話を基に''ツール・ド・フランス''で7連覇したチャンピオンL・アームストロングの栄光と挫折を描いた作品である。
''ツール〜''に疎い僕だが、映画は生々しく、汚れた英雄の邪悪な心を描いてた。

劇中にも登場するD・ウォルシュさんの原案を基に書かれている。アームストロングは何故ドーピングせざるおえなかったのか、癌になった以前に止めていれば、こんな大事にはならかったはず。アメリカのドーピング問題は今も尚果てしなく続いている。

劇中で『正しき心は天国へ、邪悪な心は地獄へ』という諺が出てくるが、正にその通りに描いてる。この後は劇場でご覧下さい。オリンピックも近いし、ドーピングに関してはアメリカ以前に世界各国で取り締まれば何とかなるではないかと思う。

『疑惑のチャンピオン』で監督ヨハン・ブリュイネールを演じたドゥニ・メノーシェがちょっと目がロバート・ミッチャムに似ていたのが唯一笑えた所かな(笑)
映画はシリアスに描いていますが、僕はそこだけリラックスになれました。
ツールドフランス開始の、7月3日に公開とは恐れ入る。
7連覇したランス・アームストロングが組織ぐるみでドーピングをしていたことの映画化だからだ。
オープニングのモノローグで、主人公は、自転車競技に必要なのは、強い心だと強調するが、それがいかに欺瞞に満ちていくか。
そして、組織も人間である限り、秘密は人間関係のほころびから漏れていく。
それを如実に描いている。
終盤登場の、コンタドールもドーピングで2011年と次の年のタイトルを剥奪されているのも辛い事実だ。
しかし、アメコミ原作と実録ものしかないのか、ハリウッドには。とも感じた。
3io

3ioの感想・評価

4.0
Based on the real story. How can people become big when people grabbed a perfect life. "Too much" always makes people crazy, selfish, foolish, and bullshit.
ErikoTaki

ErikoTakiの感想・評価

3.5
ジャケットのベン・フォスターと
目が合って思わず視聴‼︎ www

どんなカタチであれ
偉業を成し遂げる人はやる事が極端。
ドーピングを隠す為の手段にしても
ここまでするの⁈
ってぐらいまでやっちゃうし…
信じられないぐらいに追い込む。
並外れた根性と執着心には
ある意味感心しちゃいました。

冒頭のシーンはまるで
自転車に乗ってる気分 ♪
あんなスピードで走っているなんて…
あれは自転車じゃな〜い‼︎www
hidesan

hidesanの感想・評価

3.1
これも実話なのか。それもまだ最近の話しじゃないですか。ここまで偽ると、もう取り返しがつかなくなる。7連勝したと思う。ドーピングによって。血液検査で陽性が出なければ白なのか?
mimi3535

mimi3535の感想・評価

3.3
試写会にて。
好きな実話モノ。

この世界では必ず誰もが陥る可能性のある話。心の強さが問われるこの瞬間に、チャンピオンはどう立ち向かっていくのか。引き際はいつなのか。

感情移入してしまうと、たまらなく苦しい作品。
最近ハマりつつあるサイクルロードレース。
これも一つの歴史。次はコンタドールを見よう。
自転車レースのTour de Franceチャンピオンの実話です。
7連覇のサクセスストーリーではなく、ドーピングが主題です。
癌から復活しての活躍だったので、とてつもない才能はあったのだと思います。
勝てなかったかもしれないけど、フェアに戦っていても賞賛され尊敬されていたと思います。
結構早い時期から疑われていたのには驚きました。
そして性格、根性の腐りっぷりには一番驚かされました。
映画だから誇張されているので女医が、実際のアームストロングがどんな人か興味が湧きました。
ドーピングは許されないことですが、彼が行った癌支援は立派だと思います。
>|