栄光のランナー 1936ベルリン(2016年製作の映画)

Race

上映日:2016年08月11日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • フランス
  • / 上映時間:134分
    監督
    スティーヴン・ホプキンス
    脚本
    ジョー・シュラップネル
    アナ・ウォーターハウス
    キャスト
    ステファン・ジェームス
    ジェイソン・サダイキス
    ジェレミー・アイアンズ
    カリス・ファン・ハウテン
    ウィリアム・ハート
    デヴィッド・クロス
    ジョナサン・ヒギンズ
    トニー・カラン
    あらすじ
    貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス〕 は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。 家族の期待を一身に背負っでオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に 出会う。 オリンピックで金メダルを獲得するべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間で世界新記録3つとタイ記録1つを樹立するまでの選手へと成長した。 しかし、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対しでオリンビックのボイコットを訴える世論が強まっでいた。 さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会からの申し出があるなど、オリンビック出場に向け彼は大いに苦悩することになる。

    「栄光のランナー 1936ベルリン」に投稿された感想・レビュー

    まさなつ
    まさなつの感想・レビュー
    2017/03/19
    3.6
    最近、アジア映画ばかり観てたので、久しぶりにアメリカ映画でも、、と思ったら、これアメリカ映画ではなかった(・_・;。

    大戦直前のベルリンオリンピックで4つの金メダルを取った黒人選手の実話です。

    これスポーツものでも、そこが主題ではなかったですね。
    世界記録とか、メダルとか、ちょっと簡単にとるんですよね。事実なんで仕方ないですが。だからその面での高揚感は、あまりないんです。

    でも、決して面白くないわけではないてす。みどころは他にあります。

    ドイツのライバルとのエピソードは実話なんですね。あの時代に、ヒトラーが見守る大会で、ドイツの選手があんな行為をするなんて、、ビックリしましたが、グッときました。演じる俳優、どこかで観たな、、と思ったんですが、「愛を読む人」の若者だと、他の方のレビューで知りました。

    ナチス側を描いたところも面白かったです。ゲッペルスが、いかにも冷酷な感じで、今回 は結構若いし。アメリカとの交渉では、通訳を通すのですが、その訳がお互いにかなり抑えた表現になっていて面白かったです。
    レニ・リーフェンシュタールが、ナチスのために大会のドキュメンタリー撮るんですが、そこはもう映画監督としての拘りを優先したり、、。

    黒人の彼が闘ったのはライバル選手ではなく、人種差別であり、ナチスドイツであり、母国アメリカでもある。苦悩の中で彼を支える家族やコーチやライバルがいての快挙と言えそうです。
    おだけん
    おだけんの感想・レビュー
    2017/03/17
    3.4
    あの時代には、人種差別の中で競技をしている人がいた。

    ベルリンオリンピックがどんなものだったのか調べてみたくなった。
    HikaruTaguchi
    HikaruTaguchiの感想・レビュー
    2017/03/11
    4.5
    当時のナチスはゲルマン民族がいかに優秀かを知らしめるためにオリンピックをプロパガンダとして利用した。今の時代でも似たような節はあるが…
    オリンピックやスポーツの真髄ってやっぱりこれだよなと思うと同時に、優生思想がいかに愚かなのか改めて感じた。

    そもそも映画を観る前に「栄光のランナー」ってタイトルがダサすぎると思っていたが、映画の内容を知るにつれて邦題の薄っぺらさがよく分かった。
    原題は「RACE」、人種とかけてるんだと思うんだが…
    無駄に邦題をつけるのはやめたほうがいい。笑
    YoshihiroKubo
    YoshihiroKuboの感想・レビュー
    2017/02/28
    3.8
    第二次大戦前、1936年のベルリンオリンピックで4つの金メダルを獲得した黒人天才ランナー、ジェシー・オーエンスの実話に基づく作品。

    差別を乗り越えて成功を手にする黒人スポーツ選手の話だとメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを描いた「42〜世界を変えた男〜」などもあるが、この作品では後半、ユダヤ人迫害が始まったドイツでのオリンピックが舞台になるだけに、単にスポーツだけではなく政治も絡むのでより複雑だ。

    前半は貧しい家庭に生まれ育ったジェシーが大学に進学し、陸上部でコーチのラリーに出会い頭角をあらわすまで。後半はベルリンオリンピックを舞台にした、黒人だけでなく、ユダヤ人も含めた大きな意味での人種差別をテーマに、ジェシーの挑戦が描かれている。

    黒人の人種差別ものは数々あるが、この時代、このオリンピックを舞台にすることで、他にはない様々な問題が浮かび上がってくるのが興味深い。

    「ユダヤ人や黒人の選手を出場させるな」と言ってきているドイツに対して、ボイコットするか否かで大激論を交わすアメリカのオリンピック委員会。

    NAACP(全米黒人地位向上協会)から、人種差別に反対する意味で、オリンピックへの出場辞退を迫られるジェシー。

    大会の成功を映画に収めて後世に残そうとするゲッベルス。黒人の金メダリストとは握手もせず席を立つヒトラー。

    一番の見所は、終盤の走り幅跳びのヨーロッパチャンピオン、ロングとの決勝。様々な問題や困難があっても、スポーツマン同士の爽やかな友情に心洗われる。

    スポーツが政治に翻弄された時代を走り抜けた天才ランナー、ジェシーの物語。秀作です。
    abc
    abcの感想・レビュー
    2017/02/26
    3.8
    レース開始前シーン、自分の呼吸が聞こえてくるほどの静寂の演出に緊張した。

    "There ain't no black and white. There's only fast and slow. For those ten seconds, you are completely free."
    chi
    chiの感想・レビュー
    2017/02/19
    4.0
    あまり話題にならなかったように思うけれど、史実に基づき、正しく感情を揺さぶるとても質の高い映画だった。黒人差別、ユダヤ人差別といった目に見える問題だけでなく、オリンピックに関わる人間の様々な思惑、利益に対する執着といったことも興味深かった。
    だから、煌びやかな一面を見て単純に手放しで喜べるかって言ったら正確にはそうではないのかもしれないけれど(現代の例で言うとすればメダル取れなかった北朝鮮の選手とか酷い目に合ってるとか聞くし)、
    それでもやっぱり、劇中のジェシー・オーエンスがさ、人々の大歓声の中でトラックを走るとこを見ていたら、涙が出てくんのよ。今ここにあることこそがすべてだよ、っていう気がしてくるんだよー。
    Bom
    Bomの感想・レビュー
    2017/02/19
    3.3
    こういう時代背景って本当に凄い。
    昔というか、今も国同士のあると思う。
    かなりグッときます。
    ペコ
    ペコの感想・レビュー
    2017/02/16
    3.6
    4年に一度のスポーツの祭典。政治とは切り離せない悲しい現実だけれど必死で頑張るアスリートの姿には感動あるのみ。
    実話ベース。
    y
    yの感想・レビュー
    2017/02/12
    4.1
    そんなことがあったんだ〜!知らなかった。陸上スポーツが好きな人は好きだと思う。次々と色んな種目の世界新記録を塗り替えて行くところが本当にキラキラした世界に見えて良かった。肌が黒いか白いかで差別が起こる世の中に、早いか遅いかで勝敗が決まるというスポーツの存在は本当に公平で良いな。スポーツ選手同士の清い友情に胸が熱くなった。
    いとーまーいまい
    いとーまーいまいの感想・レビュー
    2017/02/11
    3.7
    当時の政治を感じる映画
    また国を変えるのには時間がかかるんだなぁ…

    スポーツマンシップでの友情
    さらに音の消し方が印象的だった
    >|