栄光のランナー 1936ベルリンの作品情報・感想・評価

栄光のランナー 1936ベルリン2016年製作の映画)

Race

上映日:2016年08月11日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス〕 は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。 家族の期待を一身に背負っでオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に 出会う。 オリンピックで金メダルを獲得するべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間…

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス〕 は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。 家族の期待を一身に背負っでオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に 出会う。 オリンピックで金メダルを獲得するべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間で世界新記録3つとタイ記録1つを樹立するまでの選手へと成長した。 しかし、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対しでオリンビックのボイコットを訴える世論が強まっでいた。 さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会からの申し出があるなど、オリンビック出場に向け彼は大いに苦悩することになる。

「栄光のランナー 1936ベルリン」に投稿された感想・評価

りゅ

りゅの感想・評価

4.0
David Krossさん目当てで栄光のランナー見た!この本題は中盤頃からかな。
TV番組でベルリンオリンピックの辺は紹介されてて見覚えがあった。
ラリーさんがいい人ですっごくほっこりした!人種なんて関係ないだろう!とスパッと言い切り、ジェシーを励ます姿とても良かった。
なんとなくそうかな?と思っていたけど、クロスさんはドイツのロング選手の役でした。競技中にジェシーと絆を通わせて、そしてナチスの姿勢を避難してて、とってもかっこいい心意気を持ったいいお役でした。
いいお役を見せてくれてありがとう!
ジェシーが記録更新するところ、手に汗を握りました。
Shino

Shinoの感想・評価

3.9
原題「RACE」
競争と人種という2つの意味をかけたタイトル。
邦題はそのままにはいかなかったね〜
第二次大戦前のベルリンオリンピック。
オリンピックは本来政治を持ち込まれないものだけど、主催のドイツはナチスのもとにバリバリ優生思想広め中。
アメリカにも根強く黒人差別がありながら天才的陸上選手の黒人ジェシーがオハイオ大学からオリンピックへ出場。
人種差別と政府の思惑とメダル、選手の努力や才能だけでは語れないベルリンオリンピック。
なかなか自由になれない社会で、「トラックの中だけでは僕は自由」と言うジェシーの奮闘と、コーチや家族との愛を描いた実話。
切身

切身の感想・評価

3.9
平昌五輪が盛り上がっているこの時期に。

1936年というと、まだまだ人種差別の残る時代。有色人種(という言葉自体がダメだね)に対する否応無い偏見。心がきゅーっとなる。
それに加え、ナチ興隆のドイツ。五輪と政治の関係も反映されて気分が悪い。

平昌五輪に120パーセント人種差別や政治利用がないかと言われればまだまだ「?」がつくけれど、この時代よりは全然良い方向に向かっている。

とりあえず最後ハッピーで良かった。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.8
アメリカの人種差別とナチスの選民思想と五輪の政治利用。
数々の障害を乗り越えて4冠を達成‼️
こまこ

こまこの感想・評価

4.2
冬季ではあるけれど、現在五輪が開催されている中観るには、なかなかタイムリーな映画。

まず思ったのは、映画自体とは関係の無いこと。
これだけ常に「政治とスポーツの分離」が叫ばれているけれど、完全に切り離すことはやはり不可能なのでは…と。つい思ってしまった。悲しいことだけど。

ジェシーのようなこれだけ優秀なアスリートに対して襲いかかる、理不尽なばかりの辛さ。政治利用もそうだし、この時代のアメリカということで黒人差別もまだ根強い。
ドイツに対する状況もあり、あらゆるところの権力者が彼を振り回す。

そしてまたドイツではナチスが猛威を奮っている時代。
ドイツのアスリート、ロングがあまりに素晴らしい青年で感動した。自国を愛するからこそ、いかに今のドイツの状況が酷いものなのかよく分かっている。
人間として素晴らしい人格者であり、アスリートであり、尊敬に値する人物。

多くのアスリートやコーチが必死にスポーツに向き合っているのに……観ていてとても辛いものがあった。

ただその中で、ジェシーやロングを始めとするアスリート達の真っ直ぐな姿。そして彼らを純粋に応援する家族や一般の人々。彼らはとても輝いて見えた。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.9
白人至上主義がまだ色濃く残り、白人と有色人種が分けられていた1930年代に頭角を表した陸上選手のジェシーオーウェンス。オリンピックを目指して練習に励んでいたが、その頃のオリンピック会場はナチスドイツ ベルリン。白人至上主義、反ユダヤの中、スポーツマンシップでベルリンオリンピックに乗り込むジェシーとその仲間。
素晴らしいコーチや仲間、そしてライバルに恵まれたからこそのこの成果。
今では、バカバカしくて信じられないような事が当たり前にまかり通ってたこの時代。
今だって、沢山の差別があることはたしかだから、いつか今の事を浅はかだったと言える世の中が早くきますように…。
nori007

nori007の感想・評価

3.9
ピョンチャン五輪直前ということで、気分を盛り上げるために見たのだが物凄く素晴らしい作品であった。時代は人種差別が当然のこととして行われており、なおかつナチスの台頭で世界情勢もきな臭くなって来た頃。主人公ジェシー・オーエンスは恵まれた才能を持っていたのだが、いくつもの苦難が次から次に訪れる。もう世界中の不幸をすべて引き受けてるようである。それでも頑張れるのは自分の信念。そして仲間の存在があったからだろう。そんな彼を応援しているうちに自然と勇気をもらえる作品だ。

終盤のベルリン五輪は圧巻である。大観衆の競技場を舐め回すようにカメラも移動しあたかも当時の実在の競技場であるかのような臨場感。上空には飛行船が飛び、ヒトラーも閲覧している。最初はブーイングの嵐だったのを圧倒的な強さで歓声に変えてしまうすごさ。これこそ時代を切り開く真のヒーローなのかもしれない。
ci

ciの感想・評価

4.1
コーチの支え
奥さんの支え
ライバルの存在

決して1人じゃなかったから
差別がありながらもここまでの
記録が出せたのかも。

英雄になっても変わらない
差別問題には胸が苦しくなった
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.6
スポーツ見ていて明らかなように、身体能力は黒人の方がずっと優れているのは自明の理だもんねえ。白人至上主義者とかナチスには、無自覚な劣等感や嫉妬心も多分に多く含まれているんではないか。ユダヤ人の商才に対しても。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
人種差別が息をするようにアメリカの社会を支配していた1930年代に頭角を現し、ベルリン五輪で4冠を達成した伝説の陸上選手ジェシー・オーエンスの半生を描いたもの。国内で立ちはだかる人種の壁に加え(よりによって)そんな人種なんぞ目にもくれないヒトラー政権下での騒動も絡んで、すっきりしない感は常に強め。しかしその分、肌の色の壁を乗り越えてコーチと信頼関係を築き実力で周囲を黙らせていく姿が爽快でもある。ブランデージやリーフェンシュタールなどこの瞬間に様々な形で闘っていた重要人物の再現度も非常に高く、スポーツ好きとしてとても満足できる一本。
>|