栄光のランナー 1936ベルリンの作品情報・感想・評価

栄光のランナー 1936ベルリン2016年製作の映画)

Race

上映日:2016年08月11日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス〕 は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。 家族の期待を一身に背負っでオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に 出会う。 オリンピックで金メダルを獲得するべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間…

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス〕 は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。 家族の期待を一身に背負っでオハイオ州立大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に 出会う。 オリンピックで金メダルを獲得するべく、スナイダーによって様々な特訓を課された彼は大学陸上競技大会の1つ、ビッグ・テン選手権において45分間で世界新記録3つとタイ記録1つを樹立するまでの選手へと成長した。 しかし、当時のアメリカ国内では、ナチスに反対しでオリンビックのボイコットを訴える世論が強まっでいた。 さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会からの申し出があるなど、オリンビック出場に向け彼は大いに苦悩することになる。

「栄光のランナー 1936ベルリン」に投稿された感想・評価

BS民放、字幕版にて初鑑賞。
カール・ルイスよりも大昔に化け物選手が居る事実に驚いた。あと中盤のワンカット(風?)のシーンが選手の心境と画の迫力を両立させていて素晴らしい。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
1936年ベルリンオリンピックの陸上種目で4つの金メダルを獲得したアメリカの黒人陸上選手ジェシー・オーエンスの半生を描いた映画。

ナチスの非人道的な残虐行為を描いた映画は多いが、人種差別政策が一時的に抑えられた頃が描かれたものは珍しいのでは?

それにしても原題の”race”は簡潔ながらテーマを的確に表していて素晴らしい。
16年米加。実話ベース。オリンピックが感動的なのは選手たちが払った代償がとてつもなく大きいから。彼は更に差別や圧力とも闘わねばならない。その過酷さを爽やかに見せてくれる。義憤にかられるが後味が悪くない佳作。ベルリンの会場の長回しや、競技を昔の映像風にしたり巧く臨場感を味あわせてくれる。にしても邦題!原題は『人種、仲間』の意味もある『race』。「この十秒には黒人も白人もない。速いか遅いかだけだ。」
ゆき

ゆきの感想・評価

4.0
1936ドイツの五輪に、米黒人陸上選手ジェシー・オーエンスが挑む。
黒人差別に独ナチのユダヤ人差別など、スポーツの祭典に政治的な要素が絡まる展開。スポ根でない

走ったり跳んだり…天才的に世界新記録を出したオーエンスの波乱な半生を背景に、ドイツ五輪の策略を写し出す。

ドイツ選手が表彰台で斜めに手を挙げている…ヒトラーの時代。
makki

makkiの感想・評価

3.8
ベルリン五輪がそんなに問題があったとは知らなかったので勉強になりました。
あみ

あみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

オリンピックでこんなことが起こっていたとは…

ロング選手と、コーチ、よかったな。
リレーに出られなかったユダヤ人選手のがジェシーと話すシーン、
ロング選手とジェシーが話すシーン
が印象に残っている。
ジェシーとコーチのシーンもよかった。
船に乗ったらコーチも自費で来ていたり、コーチに入場パスを渡すために仕組んだり。

本人の祝賀会なのに裏口から入って調理場を通るなんて…
otkino

otkinoの感想・評価

4.4
黒人、陸上選手、夫、父親、息子、アメリカ代表…あらゆる立場と期待を背負いながらスタートラインに立つ姿、緊張を解き放つ砲音、白線の先の自由…いい映画です。
水面下でこんな話があったとは、知らなかった。ベルリンオリンピックは、ナチの大会でありながら片方でジェシー・オーエンスの大会でもあったのだと。監督は、職人肌な人というイメージで個人的には、「ジャッジメント・ナイト」が好きですね。
 オリンピックイヤーに日本で公開されるというタイムリーな映画ではあるが、アメリカ映画とは違って、世界の問題と正面から向き合う真摯な姿勢がある。
 主人公は貧困と公的な人種差別の厳しい状況の中で、ささやかな幸せのために陸上競技に打ち込む。一方、アメリカのオリンピック委員会はナチスが主催するベルリンオリンピックの出場について紛糾する。オリンピックは政治と切り離されるべきだという説について、ナチが国威発揚のためにオリンピックを政治利用しているから参加すべきではないという議論があり、対して、主催国の政治状況がどうあろうと、アスリートは政治と無関係だから参加すべきだという議論もある。
 僅差の投票でアメリカはベルリンオリンピックに参加することになり、オーエンスが大活躍するありさまが主なストーリーとして描かれてはいるが、アメリカ代表で現地に行ったユダヤ人選手が出走できなかったり、ドイツ選手が専制政治に苦悩していたり、ドイツのジャーナリストが権力者から脅されたりと、サイドストーリーに当時の問題が散りばめられていて、英雄の活躍物語だけではないことがわかる。観客はそこのところをきちんと観なければならない。オリンピックのありようについて警鐘を発している映画でもあるのだ。さすがにフランスとドイツの映画である。ハリウッドのお手軽B級映画とは一線を画している。
りゅ

りゅの感想・評価

4.0
David Krossさん目当てで栄光のランナー見た!この本題は中盤頃からかな。
TV番組でベルリンオリンピックの辺は紹介されてて見覚えがあった。
ラリーさんがいい人ですっごくほっこりした!人種なんて関係ないだろう!とスパッと言い切り、ジェシーを励ます姿とても良かった。
なんとなくそうかな?と思っていたけど、クロスさんはドイツのロング選手の役でした。競技中にジェシーと絆を通わせて、そしてナチスの姿勢を避難してて、とってもかっこいい心意気を持ったいいお役でした。
いいお役を見せてくれてありがとう!
ジェシーが記録更新するところ、手に汗を握りました。
>|