海がきこえるの作品情報・感想・評価

海がきこえる1993年製作の映画)

上映日:1993年12月25日

製作国:

上映時間:72分

ジャンル:

3.6

「海がきこえる」に投稿された感想・評価

ひぃ

ひぃの感想・評価

4.4
私の生きている時代に生まれたジブリとは違う、ファンタジー要素がないジブリ。
素敵。
友情と恋愛と進路と、学生の時悩むものが盛りだくさん。
こんな青春送りたかったなぁ。

洋服が可愛すぎる。。。
Accompany

Accompanyの感想・評価

5.0
中学生の時に初めて観てからもう何回観たか分からないけど、近年は観るたびにどんどん辛いシーンは辛く感じるし良いなぁってシーンは良いなぁって感じるようになった。

平熱感覚なのに畳み掛けてきたりして凄いよなぁ。若者つまり制作者達のパワーと思い入れが前面に押し出されてるのを直に感じる。
nehneY

nehneYの感想・評価

5.0
素敵でした。生まれ変わったら共学の高校行きたいわ。

でも女子校も神だから、1週間に半分づつで共学と女子校通いたいわ
笑い死

笑い死の感想・評価

3.9
良き時代、美しい世界、堪らなく感傷的な日々。
そこに自分は居ない。居たこともない。
だけど今観ても憧れる。
ホームの向かい、昔好きだった人がいたら。
ふ

ふの感想・評価

3.8
ファンタジーじゃないジブリすごく好き!
海のある田舎の街行きたい〜
ヒロインがワガママすぎて、感情移入むずかった。。
けど杜崎がかっこよすぎて。。
93年の作品だけど、この時代の女の子は男の子を振り回すのがイイって感じだったのかな?
森野くんただいいやつ

このレビューはネタバレを含みます

やっと。TSUTAYA4回行ったわどんだけ人気やねん。
この時代の絵柄のテイストは可愛くて好きやけど、内容は、、うーん、。甘酸っぱい青春なのは分かるけど。
やっぱり、登場人物を好きになれない映画は好きになれないな。
主人公の友達はまあすてき
miho

mihoの感想・評価

3.8
杜崎すごいいい人やしすごいカッコイイよねぇ。リカコは自分勝手で好きではなかったけど、言い換えれば自分をもってて、他にはない魅力があったのかも。この時代に生まれたかったと思うぐらい生活が理想だなぁ。今はちょっと暇があるとスマホいじるからね。便利でいいけど、連絡できないもどかしさとかも感じてみたかったな。小さい頃みたけどこれは大人にならないと難しい話な気がする。おもひでぽろぽろみたいで好きだった。
A

Aの感想・評価

4.3
時間が過ぎ去ることの意味を思う。広くてきれいな海を見に行きたい。。
音楽も色遣いも好き
ベン

ベンの感想・評価

-
原作の半分だけど、後半は泥沼だからジブリとしての続編はないだろうなぁ!
>|