イカロスの作品情報・感想・評価・動画配信

「イカロス」に投稿された感想・評価

Ken

Kenの感想・評価

3.5

ドーピングについてのドキュメンタリーだった。

これ、最終的に、ロシアの選手たちはオリンピックに出場出来ることになるんだが、ホントかなぁ。

それでも国内での支持を集めているプーチン大統領と国内での支持を集められない菅総理。
どっちが正しいんだろうなぁ。
当初の企画では、監督自身がドーピングをしながらもその事実をバレずに自転車レースで好成績をあげられるかという挑戦だったのに対し、途中から何故かグリゴリーによるロシア政府告発の流れになっていくのが不可解だった。

そもそもどうしてグリゴリーがこの監督の当初の企画に協力的だったのかも不明だし、告発の結果、何の得もなく、むしろ危険に曝されたことに対して、この作品からは労いの言葉や勇気を讃える姿勢も感じられなかった。

アカデミー賞を獲ったということだが、自分はこの作品から制作者の欺瞞しか受け取れなかった。仮にグリゴリーが自らの罪悪感から告白に至ったとしても、製作側からその告白を促すような何らかの誘導があったはず。そこが意図的にかくされているような気がしてならない。
ミッチ

ミッチの感想・評価

3.7
Great documentary, I couldn’t believe the director put his body on the line like this. The way this switched gears halfway was really interesting too.
藍斗

藍斗の感想・評価

3.7
全員小学生の時に道徳履修してないやろ

To repudiate morality while laying claim to it.
こんなん絶対ロシアだけじゃないじゃんってずっと思ってしまっていた。家にアポなし訪問電波少年的ドーピング検査にしようそうしよう。ドーピングしても結局才能に負ける的な前半パートが気になってしまったのでそれの深掘りも見たい
Yoko

Yokoの感想・評価

3.7
オリンピック前にこれ見ちゃって、よかったのか悪かったのか。
ロシアすごいな。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
おそロシアじゃん
国同士がやってんだからそりゃオリンピックはこうだよね、もう世紀の誤審とかわざとだ
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

3.8
非常に骨太なエンタメ性が高くて、国家事業の闇を暴こうと規模も大きい新感覚ドキュメンタリー作品。

ドキュメンタリー作品ながら、意図しない方向に話が転がっていき、一級品の壮大なサスペンス映画としても完成度が高い。

劇映画かのようなロシアによるウクライナ侵攻へとすべてがつながり、暗殺への恐怖と陰謀の末に、ある決断をするひとりの男の生き様に圧倒され、オリバー・ストーン監督「スノーデン」よりもコチラの作品の方はドキュメンタリーならではの緊張感、臨場感が数段上なので劇映画とは違う凄みを感じる事が出来ました。
ロシア、とんでもねぇ国だな、、
あとIOCも最悪、なーにがスポーツマンシップじゃ
Palak

Palakの感想・評価

3.5
内容もさることながら、意図しない方向に話が転がってく感じとか、ドキュメンタリーなのにそのなかでジャンルが変わっていく感じは結構ゾクゾクする。
>|