ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~の作品情報・感想・評価

「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」に投稿された感想・評価

eiganoTOKO

eiganoTOKOの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ホイットニーと娘のクリスティーナ、パパと元旦那に殺されたようなもんだな。
ドラッグのきっかけは兄でもあったし。

妻が成功する事への嫉妬が止められなかったボビー・ブラウンがインタビューでドラッグの話を拒否ってるのをみて反省してないんだな、とうんざりした。
体格で勝てる弱い女に暴力、モラハラして男を誇示する自己顕示欲のかたまり。よくあるパターンだし、変えられなければまた起きる悲劇。

「国歌を黒人が歌うことはとても複雑」というナレーションに超納得するんだけど、誰が言ったのかわからなかった。
ただの歌手の成功だけじゃない、黒人であり、女性であること。それが重要なんだ。ニッピーはホイットニーであること、黒人女性の抑圧の歴史を背負わされすぎたんじゃないかな。ドラッグに溺れて死んだ落ちぶれた歌手じゃない。忘れない。
ファンが大勢帰った復活ライブ。ひどいダミ声で歌えてないことに自分でがっくりする映像みて、私だったら帰ることできないなと思った。そりゃカネ払ってるから怒る権利あるけど、一人の人間だから。

ホイットニーがドラッグから抜け出せなかった原因の一つが、幼少期、従兄弟からの性被害だと知って辛かった。
ドラッグは結局売るヤツが一番悪いと思うよ。貧困層がドラッグディーラーになるのを批判するつもりはないけど、せしめてる富裕層や勝ち組に対しては怒りしかない。

あとレズビアンかバイの差別がやはり凄まじい。誰と寝ようが、誰と愛そうが、自由なはずなのにビアンてだけで敵視するから本人たちを苦しめる。
インタビュー受けた人のなかにも、ホイットニーに重い荷物をどんどん積み上げた人もいるんだなと思って、よくインタビュー受けたね、と少しあきれ。

見てて結構つらかったので、『ありがとうトニ・エルドマン』で主人公がうたうホイットニー代表曲『GREATEST LOVE OF ALL』の名シーンをもういっかいみて元気だそう…。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
ホイットニーの人生を見つめる事がどういう事か、観る前からある程度覚悟はしていたがやはり辛い。

ホイットニー・ヒューストンに対する世間一般の認識って、悪い男と結婚したばっかりに悲惨な運命を歩んだ歌姫、みたいなものだと思うのだけど、この映画を観たらそんな単純な話でもないんだなと分かる。何だったら彼女の人生って夫ボビー・ブラウンと出会う前からかなり危うい。名声を得た彼女に寄生する家族たちの存在やホイットニーの親友の存在など、あらゆる面で既に問題が生まれてる。そもそもドラッグ常習は家族の影響だったりする訳で。そして、この映画で初めて明かされる彼女のある過去が、全ての問題の根本にあるのだと分かってくるのも衝撃的。全盛期を過ぎてボロボロになって行くホイットニーの姿は観ていてかなり辛い。特に晩年に行われた復帰ツアーの惨憺たる結果なんかは本当に残酷。彼女の最も輝かしい瞬間と最も悲惨な瞬間を平等に見せるのは映画として誠実。ドキュメンタリー映画としてのクオリティは非常に高く、編集や構成も良い。数々の証言やフッテージから再編された彼女の人生を多角的に見ていく。。親友ロビンは取材を断ったのか登場しないが、それも映画に大きな穴を生んで良い効果をもたらす。最後に少しばかりの幸福を見せるのがまた酷で、その後に訪れる結末を思うと悲しくなる。
MGJ

MGJの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

作品として:しっかりニュートラルな立場からホイットニーさんを捉えている良いドキュメンタリー。敢えて言うなら、歌の場面、もっと大切にして欲しかった。それほど昔じゃないものでも画像や音質がイマイチで、デジタルリマスターせんかったんかい、てなるし、編集もインタビューや雑音と被せてしまう。また、当時の時代背景を表す社会事件の写真やニュースが挟まれるが断片的過ぎてわかりにくい。
邦題のサブタイトルはクソ。ウソ。むしろつけるならエンドで流れるI have nothingの方。

人について:自分がホイットニーさんについてほとんど知らないので、色々と衝撃的でした。いつも笑顔でいたくて、争いが嫌いで、家族の愛を探し続けたのに、その家族や親族に人生を振り回された悲劇。薬物依存が問題なのではなく、薬物に依存してしまうほどの周囲との関係、精神状態が見ていて苦しい。愛したかった父に金問題で訴えられ、愛したかった母は怒らせたくないと遠ざかり、愛したかった亭主は自認欲求を違う形でぶつけてきて、愛したかった娘の愛し方が分からず、娘は母を殺す方法を探していた。。。そしてその根底にあった親族からの性的虐待。。。聞いてるだけで苦しい。。。死の際には薬物依存から抜け出していたのに、自分の存在価値を見失っての自死。。。涙

功績:アメリカ国歌に潜む敵対意識、黒人社会との立ち位置を超越して、聞く人全てを感動させた歌声。圧巻。
南アフリカで、差別政策撤廃後の初の黒人歌手によるライブを実行。
すごい!観たかった!
ボディーガード、白人至上のアメリカ映画産業での大成功、ケヴィンコスナーが認めた人種を超えた美、そして歌声。
色々と黒人差別に関する映画や作品を観たけど、その中においても偉人です。
standard

standardの感想・評価

2.9
痛々しい。
色々な出来事がありすぎて、その全てが最後の結末に繋がっていく、というのはすべての人の人生に言えること。
色々なシーン、曲、インタビューが切り貼りされて、1つの結末のようなものに繋がっていくかのような気持ちにさせられるけど、これも一つの見方だと捉えなければいけないと自分に言い聞かせる。

スターが生まれてしまった家族の不幸。
近いのに持つものと持たざるものとに分けられてしまうことの残酷さ。
帰りに駅でみた、前川清のショーのポスターを見ると紘毅という違和感のある若者が出ていて調べたら息子だった。。

映画館で見る価値があるとは思わなかったけど、映画館でやってなければ見なかった。
2019-5
既に亡くなっているスターの光と影を、主に周りの人間が語る姿がなんとなくフェアじゃない気がしてしまった。それにしても影が深すぎる。
み

みの感想・評価

4.0
どん底に落ちたホイットニーを始めて映像で観てどうしようかと思ったけど
帰り道、
How will I knowのイントロを聴いて
身体の奥からうずうずするこの感じ…
これからもホイットニーを好きなのは変わりないでしょう

ホイットニー好き!と言いつつ
曲を聴き始めたのは没後だし、
ポップで華やかなイメージしかなかったホイットニーの人生の闇を、
あんなにも落ちて
メディアの話題になったり
嘲笑されていたなんて
同じ時代を生きてたけど
子どもだったので知らなかった…

ドラッグに手をつけてしまうのにはもちろんそれ相応の理由があり
彼女を責めることはできないし
インタビュイーは誰も彼女のことを責めず
周りから愛されているのが分かった

後半は見ていられないほど
落ちていってしまったけれど
最後の最後で少しだけ
本来の輝きを取り戻し
希望が見えていたことが救いだった!

そして、
I have nothingを
じっっっくりと噛み締めました。
KMN

KMNの感想・評価

-
光と影の影が暗く深すぎて辛い。
良いドキュメンタリー映画でした。
r

rの感想・評価

-

ホイットニー
_
書いては 消して 書いては 消してを
ずっと 繰り返してる
_
誰もが一度は耳にした事のある
"ALLWAYS LOVE YOU"
世代ではないけどBLACK CULTURE
BLACK MUSIC 好きな私にとって
ホイットニーの歌声は馴染み深いし
ホイットニーを知るには 避けれない
_
BLACKな人達は GHETTO故に
家族 仲間 で 仕事を回し合う 所謂
"FAMILY BUSINESS" に 投じる事が
非常に多くて 一人、成功者がいれば
大きなお金にありつけ生活に困らなくなる
仕事 が 然程 出来なくても役職をつけ
ただただ 身の回りの世話? いや 近くにいる
言ってしまえば 成功者以外"無能"に近い
成功者に 寄り添い 依存し お金に目が昏み
家族仲間 成功者までも 喰い散らす
_
時系列 で 話は 進行するから
誕生から 歌姫に成長 徐々に人気が出て
低迷 転落 突然の死と 実に分かりやすい
_
_
取り巻く環境が 悪すぎた
_
_
家族の証言 親友の存在 娘の死
旦那ボビーブラウンとの関係性
幼少期のトラウマ 最後のコンサート..
_
ALLWAYS LOVE YOU
ただ ホイットニー は 人間として
女性として 家族として 私達と同じように
ただただ 愛されたかった
_
ホイットニー が 好きな分
正直 観ていて 堕ちたし 今も 心苦しい
天国で MJ と 楽しく 歌ってたらな..
今宵 は ホイットニー の 歌声に酔いしれ
映画 ボディガード 借りて 帰ろ。

この手の作品は 評価なしで
リョウ

リョウの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

アイトーニャ観た時の感覚に近いな。一人のアーティストを追ったドキュメンタリーってところで近いのだとエイミーかな。エイミーはパーソナルな部分を中心にフォーカスしてたからかなり近く感じたけど今回は逆の感覚。彼女がどんな人間だったか社会がどうだったかが彼女自身の言葉じゃなくて周りの人間から語られるからなんていうか、外側から肉付けされていって核心だけが空白というか。エイミーの場合は歌詞がかなりパーソナルだから感じてたことを近く感じたけど今回はそうじゃなかったからよりね。
やっぱりドキュメンタリーは組み立て方とか切り取り方とかどの手札をいつどうやって使うかが肝だから逆転裁判みたいだなって思った。
国歌斉唱すげえ良かった。彼女が社会の重要な一部であったっていうアプローチが効いてた。
50ー60年代のソウルミュージックが好きです。ホイットニーの母親、従姉妹の音楽にも親しんでいます。

ホイットニーは、活躍した時代の音楽背景もあってか私が好きな曲は少ないのですが、彼女の声は素晴らしいし、大きなコマーシャルサクセスを成し遂げたのは彼女の魅力があっての事でしょう。

このドキュメンタリーでは、ホイットニーの活躍よりも、負の部分が強く印象に残ったような気がします。

特に終盤に、びっくりする話が明かされていて、その話を知らなかった私は思わず声を上げそうになりました。ネタバレになるので書きませんが、これがもし事実ならショックだなあ、、、子供時代や精神の不安定さへの考察も随分変わってくると思うのですが。

少し重い気持ちで映画館を出ました。

ロビンさんが出演していないのも残念。
>|