ヴィジットのネタバレレビュー・内容・結末

ヴィジット2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、…

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

「ヴィジット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

長年、シックスセンスの余韻でシャマラン映画を見続けてきたけど…
やっぱり今回も…乗っかれなかった…

終盤、危機的な場面に追い詰められた状況で、カメラを手離さない。って…そんなことある?

感情と行動に整合性が無さすぎて、笑わせたいのか、怖がらせたいのか…それすら…

今度こそはと期待したけど、変なこだわり演出がやっぱり良い方に出ない、いつものシャマランでした。
ちょっと思っていたのと違ったけど一番ゾッとさせられた作品
ベッカ達が母親にSkypeで助けを求めて初めて今まで身内だと思っていた人達が他人だった事が分かった瞬間、離れて暮らす祖母がいる自分には物凄く恐怖を感じた
知らない間に、会わない間に身内を他人に乗っ取られていたらという恐怖は決して起こりえないことではないリアルな恐怖だと思う
最後のラップとモキュメンタリーっぽい撮り方がちょっとマイナスだったけど全体的には良かった
 

自宅にて鑑賞。監督初のPOV、やはりこの人はこの世界観がしっくりくる。そしてこのジャンルでは、少なくとも一回はドキッとする展開が用意されている。これ迄にも描かれた事のある、のどかな情景とゆったり流れる時間にゆっくり綻びが忍び寄る。残り1/3で真相が明かされると、スリラーとして一気に加速。但しその後の展開がお座成りで、盛り上がりに欠けるのが残念。トレーラーの「三つの約束」も登場しない。そしてラップに限らず全体に饒舌な印象があるのも気になった。嫌いじゃないご贔屓の監督なので、甘い目の採点。65/100点。

・土曜日に来なかったと訪ねて来る人々と云う伏線、D.ダナガン演じる“マルヤ・ベラ・ジャミソン(ナナ)”の異星人の噺と井戸と云うフェイント等、よく活きている。中でも二度出て来るオーブンの件りは佳い。“フレデリック・スペンサー・ジャミソン(ポップ・ポップ)”のP.マクロビーも難しい役所を好演が光る。

・よく自作に顔を出すM.N.シャマラン監督だが、本作では出ている箇所を見付けられなかった。そして音楽もよく組んでいたJ.N.ハワードではない──これは低予算なのとPOVと云う性質上、起用を断念したらしい。

・監督のTwitter上の発言によると、純粋なホラーと純粋なコメディとその間と云う三つのヴァージョンを用意したと云う。
 
・鑑賞日:2016年2月18日

 
久々にシャマラン節炸裂‼︎
てか、マジか⁉︎この展開。
シャマラン監督がをP.O.Vしたらこーなりました的な斬新な映画。
シャマラン作品大好きの僕にとっては面白くないわけがない‼︎

物語を簡単に説明すると...

夏休みを利用してベッカとタイラー姉弟が祖父母の家にヴァカンスに行くことに。
訳あって母親と祖父母は絶縁状態。
ベッカは将来映像編集者になりたくて、常に手持ちカメラを回して何かしらの映像を撮影しているカメラオタクの少女。
(物語は彼女のカメラが撮影したと思われる主観映像で構成されているため本作はPOV作品となっている)

弟のタイラーは潔癖症で、フリースタイルラップ好きの男の子。
エンドロールでは彼の自作のラップが流れる(笑)
2人は生まれて初めて祖父母に会うことになるわけだが、祖父母との暮らしには3つのルールがあって、1つは楽しい時間を過ごすこと。2つ目は好きな物は遠慮なく食べること。3つ目は夜の9時半以降は部屋から絶対に出ないこと。

何かグレムリンみたいやな(笑)


高齢者と若者の奇妙な共同生活を軸に描かれるヒューマンドラマ(笑)という様相を呈した作品なんですけどね

優しい祖父母との暮らしにも慣れてきたベッカとタイラー。
しかし、ある日を境に2人は祖父母に対する違和感を覚えていく。
この祖父母、どこかおかしい‼︎

とにかく物語冒頭から何の変哲もない日常が描かれていて、初対面の祖父母と孫の心の交流が描かれてくわけなんですけどね。

もうね、映像の節々に違和感の塊が網羅されているんです。
思わせ振りに不安を煽る演出が「実は何でもなかったんだよ」的な展開を狙ってるようにしか思えなかった。

だから、今回のシャマランは実は何でもない話を、視点を違えることでわざと盛り上げてんのかなぁ、ありきたりやん。
と思いきや!
怒涛の後半は、どんなホラーより怖い怖い。

正直、映画の終盤まで「なーんだ、小さい子供たちから見た、老人の世界を描いてるんやなー」
「子供目線からみた、老人の生活の違和感をホラーテイストに見せかけて、最後はシャマラン特有のアットホームなラストになるんやー」と先を読んでおったところに、アノ展開‼︎

まさかここまでの作品とは思いもよらぬ‼︎

しかし、何て映画だよ。
勿論、その瞬間は1回限りの大技なんで、2回目以降の鑑賞ではイマイチなんですけど、一撃必殺、一の太刀。次は無い‼︎
の観点からいうと、ヤバイよね、あの物語終盤の急激なゾクゾク感は‼︎

本当な他では味わえないですよ。
POVかよってなったけどみやすかった。
半ケツ、オムツ、全裸壁カリカリ、後ろ手に組んでダッシュ。
他にも笑えるシーン満載。
一番のお気に入りは弟の後ろ手ダッシュのモノマネ。
意外性はなかったけどおもしろかった。
なんというか、怖いというよりグロいというか汚いというか…。奇妙だと思いながらも自分の祖父母だからと思うとなんとなくガマンできていた行動が、そうじゃなかったと分かったときの戦慄…ですね〜。それにしてもおばあさん役の女優さんの怪演www。
初めて行く祖父母の家で3つの約束を守るように言われた姉弟が、次第に祖父母の奇妙な行動を知っていくホラー。

あまり物語に入りこめず、あっさりと流し観て終わってしまった。
好きな雰囲気の内容だと思うのだが、今日の気分には合わなかったみたい。
弟は潔癖症でラップ好きという謎設定を持っており、私にはラップの良さが全く分からないので、この設定は鬱陶しかった。

姉弟は映画を撮っているという設定なのでカメラを持っており、POV形式になっている。
だが、これまで観たPOVの中では最もまったりしているので、全く酔わずに画面を見ることができた。
わざわざPOVにしなくても良かったような気がする。

祖父母が別人だというオチは、何となく途中で気付いてしまった。
その点はあまり楽しめなかったけれど、おじいちゃんおばあちゃんのエキセントリックすぎる行動は良かった。
オムツを顔にベシャッ!は、きつかった。あれはきつい。

離婚によって傷ついていた三人だったが、こんな陰惨な事件に巻き込まれたことを機に、乗り越えることができましたよ。みたいな終わり方だったけれど、いや、無理だろう。
余計トラウマになるとしか思えない。
なぜ最後を綺麗に終わらせようとしてしまったのか。
逆に後味が悪くなってしまった。
こわいよー!
けど、面白い!!

目を背けたくなるシーンもあり。

病院にみんなで行かなかったのはそういうことだったんか!と、ちょいちょい伏せんがあったんだ。(近所の人や医師)


ところで、3つ約束しようね!ってシーンは無いよね。予告(宣伝)も上手にできてるなと思った。
母方の祖父母の家に帰省し、恐怖の1週間を体験した姉妹の話。
「騙されないぞー」と思い構えて見てましたが、結局最後にシャマランに騙されました(笑)まさかあのジジババが全くの赤の他人とは・・・
全編においてPOV方式で撮影されており、ホラー系の作品とは相性バッチリではないでしょうか。床下でかくれんぼ中におけるばーさんの蜘蛛とゴキブリが融合したキモイ動きはあのアングルだからこそ、更にキモく見えたと思います。
個人的に好きなシーンはラストの弟自作ラップです。リーサル・ウェポンも絡めてきてくれて、僕としては聴いていて楽しいラップでした。この映画ただのホラー映画ではなく、父親が家からいなくなり、姉弟自身でそのつらい心の穴を徐々に埋めていく、再生の映画でもあります。
シックス・センスの監督!
おばあちゃんの家に遊びに行くのだが、初めて会うおばあちゃん達は少し変わっている?
夜中に裸で徘徊したり、鬼ごっこしてると途中参加してガチで追いかけてきたり、オムツを小屋で貯めてたり等....
実はその人達は、本当のおばあちゃん達ではなかったww
ホラーの中に家族愛を散りばめている辺りは流石だと思った。
>|