ヴィジットのネタバレレビュー・内容・結末

ヴィジット2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、…

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

「ヴィジット」に投稿されたネタバレ・内容・結末

終始不気味感漂う作品だった。
メッセージは、「怒りを忘れよ、許せ」。

自分の娘?を池に沈めて殺してしまった老婦人。そして、その老婦人と共にそれに囚われる老人。過去の怒りを許せず生き続けた末路としての姿が老夫婦。

母親と娘もまた怒りを抱えていた。母親はその両親に、娘は家を出てった父親に。

怒りを抱えて生きた行く末がどんなに悲惨なものか、そうなる前に怒りを許し、自分の人生を生きよ、そして笑え、ということ。


それにしても、婆さん怖すぎw
祖父母の家に預けられたと思ったら、実は赤の他人。しかも祖父母を殺した二人。身の毛のよだつ映画。シャラマンは必ず何か仕掛けてくる
おばあちゃんとおじいちゃん怖ー!!
特におばあちゃんの床を這いずりまわってるシーンぞわっとする。
意味ありげにオーブンを掃除しなさいっていうのドキドキして見てたけど、結局何も起こらなかったとゆー。笑
おばあちゃんの不気味な行動や真顔の表情が怖くて、ずっとハラハラさせられてなかなか面白かったなー!
姉弟のあのかんじ結構好き。
オムツのとこは見てるこっちも鳥肌もん…あれはトラウマなるやーつ。
1週間よく頑張ったな姉弟!!
まぁでももっと周囲の人異変に気づいてくれと思った。笑
気持ち悪いぃ…
内容としてはまぁまぁかな。
一応、ぞっとしたけど。

カメラで撮ってるPOV方式っぽいところがリアルでよかった。
人間的なホラーだったね

やばい人として観終えたけど、特典映像フォトギャラリーとかみてると、普通の祖父母と孫って感じで、混乱する…
アメリカ人の好きなクソネタが入ってるともう無理ってなっちゃう。
なんだかんだ幽霊とかモンスターより人間が一番怖い。弟の精神状態が心配だったけど元気そうでなによりです。ラップかわいい。
久しぶりにサイコホラー的な作品を鑑賞。
なんだか思ってたよりもスッと終わってしまったけど、イカれ具合とか緊迫感は割と好き。
旦那から勧められて観たのだけど、あんまり。。重要なオチが少し前に観た「クリーピー偽りの隣人」とかぶってしまった事もあるけど、、祖母と弟のキャラクターが不快だった。。
怖いは怖いけど、ホラー狙いなのか家族再生を狙ってるのか、どっちつかずに感じた。
弟のラップは韻を踏んでるのかもしれんけどリズムとゆーか節がめちゃくちゃじゃね?そーゆーもんなの⁇
こーゆー映画の定番だけど、最初は普通(に自分の祖父母)だと思ってたのに、正体がバレる(でもまだバレたことは知られてないはず)と途端に態度が変わるのが露骨だよね。もう怪しく見えてしょーがない的な。

結局、実の祖父母も訪問者も殺されたんはなぜ?あの偽夫婦は精神病院から逃げてきたのかな?
心霊的な恐怖じゃなくて、人の精神的な闇の恐怖。
おばあちゃんのおしりには笑った🍑笑笑
話が後半になるにつれて、イカれ具合が加速してく。
所々、思わずいろんな意味で顔を歪めてしまった…おしりとか笑笑。
>|