ヴィジット(2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:94分
    監督
    M・ナイト・シャマラン
    脚本
    M・ナイト・シャマラン
    キャスト
    キャスリン・ハーン
    ディアナ・デュナガン
    ピーター・マクロビー
    エド・オクセンボールド
    オリビア・デヨング
    あらすじ
    祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

    「ヴィジット」に投稿された感想・レビュー

    くれお
    くれおの感想・レビュー
    9時間
    3.7
    こういうホラー映画は好きだよ!
    yo
    yoの感想・レビュー
    9時間
    3.6
    シックスセンスで全ての才能を使い果たしたと思っていたナイトシャマラン、、、。シックスセンスには及ばないが、十分良作。
    nikiniki
    nikinikiの感想・レビュー
    10時間
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    賛否両論が分かれているが、思っていたよりも良かった。一部のカテゴリーの人々に対して、かなりステレオタイプ的な見方をしているかもしれないが、ある一定の常識とルールの中で生きることが、我々の種としての存続と生存の第一条件とされている我々社会的動物にとっては、たしかに話が噛み合わない人々、彼らの突然の奇行や奇声などは、もっとも動物的な恐怖を感じるものかもしれない。下手に同情などせず、「そうした」人々を社会の秩序を乱す恐怖因子として描ききるのは、なかなか勇気のいることだと思うが、一方で、フィクションと割り切って観れるように、随所にシリアスになり過ぎないような工夫がされている。この微妙な軽い感じが、嫌いな人はいるだろう。自分は、この不自然に軽い感じが、裏にある戦慄する事実を逆に引き立てているように感じられた。
    かのたす
    かのたすの感想・レビュー
    11時間
    -
    こわたん
    ゆらしな
    ゆらしなの感想・レビュー
    12時間
    3.9
    こわEEE
    oldmanseek
    oldmanseekの感想・レビュー
    12時間
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    怖かった〜…
    公開されてそれなりに時間が経ちましたが、幸いなことにほぼこの映画についての情報は持ってませんでした。

    そして私、普段はホラーは観ません。
    さすがにジャケでホラーだとは勘付いていたのですが、シャマランなら変化球で最終的にはそんなに怖くもないだろうと、勝手に思いこんでたんですが…

    完全に舐めてました!

    どストレートにホラーなんて…でも最後まで半信半疑でした。

    ラスト近くでお爺さんが宇宙人の話しを始めた時「キタ!」と思ったんですが(笑)
    こちらの思い込みを完全に逆手に取られた感じです。

    それでもクライマックスまで、恋人と旅行に行った筈のお母さんと、出ていった筈のお父さんが「サプラ〜イズ!」と地下室から出てくる…いや、出てきてくれ!と思ってました…血の付いたハンマーと死体が出て来るまで…

    自分がもうすっかり忘れかけていた、子供の頃に抱いていたお年寄りに対する様々な感情や、親戚の家でのお泊りなどの不安感などが、まさに当時の感情そのまま引きずり出されてしまいました。

    特にホラー好きな人にとっては、もう使い古されたPOV方式かもしれませんが、一見計算されていないと思わせておいて、あの人達の奇妙さがフレームの中に映り込むタイミングや時間や構図に絶妙過ぎるセンスを感じました。

    他のホラー映画では多分やらない陽気なエンディングも、シャマランにしか出来ないポップさが、観ているこちらの予想を最後まで裏切りつつ絶大な効果を発揮していたと思います。

    怖いのでもう観ませんが…
    ゆーり
    ゆーりの感想・レビュー
    13時間
    3.7
    こわーかった
    おばあさんの動きが...
    床下鬼ごっここわすぎたし、ケツ、、
    ルネ
    ルネの感想・レビュー
    17時間
    2.0
    2015年。 監督・脚本はM・ナイト・シャマラン。

    15歳の姉と13歳の弟が、会った事のない祖父母の家を2人で訪れるお話。

    姉が今回の訪問をドキュメンタリー作品にしようと撮影していて、姉と弟が撮影した映像が使われている設定。 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたいな感じです。

    最初は人の良さそうな老夫婦だのたのが、徐々に奇行が始まる流れ。 『座敷女』(漫画)みたいな気持ち悪さ。

    面白い展開を多少見せたりもするのだが、特に面白くはなかった。 ホラーってやっぱり自分に合わないのかもしれない。
    matuya
    matuyaの感想・レビュー
    19時間
    -
    3つの約束って明言されてないような
    ただ、一人称視点の映画は毎回やられた感
    感じる
    すずあや
    すずあやの感想・レビュー
    1日
    3.2
    おばあちゃんめっちゃ怖い
    ドア開けるシーンとかハラハラした
    >|