植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの作品情報・感想・評価・動画配信

植物図鑑 運命の恋、ひろいました2016年製作の映画)

上映日:2016年06月04日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.2

あらすじ

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

原作ちょっと見たことあったから気になってた映画。
久しぶりにこんなに甘々なシーンがある映画見た。

【あらすじ】
一人暮らしの冴えない23歳のさやかは何をするにも“持っていない”側の人間。
そんなある日、家の前で1人の若い男性を拾う。彼は料理が上手で野草に詳しい樹という。彼の料理に胃袋を掴まれたさやかは、半年間彼と同居することに。
共に暮らし、休みの日には野草を採りに行ったりするうちに恋心を抱くようになり、あることがきっかけで恋人関係になる。
しかし半年が経ち、さやかが仕事から帰ると、樹は「ありがとう」というメモと今まで使った料理のレシピを残して姿を消してしまっていた。
SO

SOの感想・評価

3.1
とっても見やすい純愛。
有川さんの作品の中でも寄り添ってくれるタイプで、
表情が見やすい。
どんな人とでも見やすい内容だった。

私もいつきなら、あの居なくなり方をするなって思う。
泣いているさやかの複雑な感情もわかる。
バイトを辞めた日にちとか色んなものを照らし合わせちゃうよね。
周り見えなくなるよな。
わかる。
ちか

ちかの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ただただ、
ふんわりとずっと変わらない時間が過ぎるのかと思いつつ
期限付きだったなと思いながら。

好きな気持ちがお互いにわかってからは
ありふれた日常が光り輝いた

期限付き…

居なくなって気がつく
やっぱりあいたい
あいたくてどうしようもない

あいたかったのはどちらも同じで
居場所が見つかってよかったねって。

でも振り回されたよなあ…

期限付きは寿命なのかと思った

こんな人現れて
一緒によく暮らしてるなって
思いながら見てる自分がいた
謎の犬設定だったし(笑)

自然体で居られる存在って
貴重なんだな
しあわせでよかった

おかえり
まーの

まーのの感想・評価

3.0
原作未読📖
この居なくなり方はつら過ぎる₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎
しかも1年放置で居なくなった理由も納得いかないよw
手紙ぐらい送れただろw
さやかにとって1年は苦しいって…🥹
あのスペックで岩ちゃんなら許してしまいそうだけどꉂꉂ(¯ᗜ¯艸)
思いが通じあってイチャイチャする日常までは良かった( ¯꒳​¯ )
何もない日常が、素敵な人と過ごすことで変わっていく。
ただの雑草が、名前を持ち、美味しく料理になる。

河原が、デートスポットに。
世界が輝きだすってこういうことだよな。

おしゃれなレストランも、行楽地も要らない。
ただその人がいればいい。

そんな世界を知ってしまった後の喪失感。

現実には起こりえないけど、こういうことだよなー。
蕗のご飯、作ってみたくなりました
(多分作らないけどw)
まなへ

まなへの感想・評価

3.4
急に消えてまた現れるみたいなやつよくあるけど、普通にがんちゃんやから現れてもキレへん
りえ

りえの感想・評価

-
2人ともかわいい。昔に観た。こんな展開現実ではありえへんけど、こんな展開待ってる。
あみ

あみの感想・評価

3.7
原作が相当好き。
初めてこの作品を見た時はとても好きだったんだけど今観るとどっちつかずと言ったところ。

設定に無理があるのは原作がはいりからそうだから全然いいんだけどさ、なんか少女漫画実写みたいになっちゃってて原作知ってるからこそ薄れちゃったんだよなぁ。

とはいえ感動はする。もうちょっとこんな少女漫画っぽくなかったらもっと評価高かった。

主題歌最高です。
冒頭から鳥肌が立つ気持ち悪さ。
飼って下さい、噛みませんから
という岩田剛典の台詞の
一つでこの作品を描いた方達の
反吐が出るような美化された男子像と
女性が憧れるのか分かりませんが
妄想想像を押し付けられた感覚が最後迄拭えず
終始冷めた感情で見る事が出来る
稀有な作品です。

日本映画の低俗さを感じる一作。

そんな中で唯一良いと感じた部分が、
ダンカン、大和田伸也、
警官役の相島一之など
脇のキャストは素晴らしいと
感じました。
ユ

ユの感想・評価

-
設定無理あるくない?と思ったけどそんなもんか、まず現実拾うとかないもんね
>|

あなたにおすすめの記事