僕らのごはんは明日で待ってるの作品情報・感想・評価

僕らのごはんは明日で待ってる2017年製作の映画)

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:110分

3.4

あらすじ

高校生の時出会って、付き合い始めた亮太(中島裕翔)と小春(新木優子)。性格は正反対だけど、運命の恋だった。クラスでも友達のいない無口な草食男子だった亮太は、小春と出会って明るくなっていく。でも大学生になって、ある日突然小春は亮太に別れを切り出す。実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず―。社会人になった…

高校生の時出会って、付き合い始めた亮太(中島裕翔)と小春(新木優子)。性格は正反対だけど、運命の恋だった。クラスでも友達のいない無口な草食男子だった亮太は、小春と出会って明るくなっていく。でも大学生になって、ある日突然小春は亮太に別れを切り出す。実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず―。社会人になったある日、小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。出会いから7年、運命の恋が再び動き始める―!

「僕らのごはんは明日で待ってる」に投稿された感想・評価

Kaorinon

Kaorinonの感想・評価

2.8
可愛く美男美女カップル。見てるだけでありがたや(笑)幸せになれ〜
カイ

カイの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます


「もう一踏ん張り青くていんじゃない。
生きてるだけで人間恥ずかしいんだから。
恋なんてしちゃったらもっとはずかしいでしょ。」
すみ

すみの感想・評価

3.0
新木優子可愛い(*^_^*)❤
展開読めたけどよかった☺️
ケンタッキーの
カーネルさん持って走るところわろた。

このレビューはネタバレを含みます

自分用記録。

ひとことで言うと ほのぼの、時々キュン。
女の子のおかけで、男の子は黄昏人から脱出、そして楽しそうな毎日に。
でも彼女から突然別れを告げられる。
彼は理由がわからず、教えてくれないまましばらく経つ。
他の女の子とも付き合ったがいつも頭には上村のことが。
そのことを新彼女に指摘され、彼から別れを告げて、再び上村の元へ。
結局は上村は子宮筋腫で子宮を全摘出し、昔からの夢だった子どもを産めなくなった。
でもそれでも幸せにすると結婚。
ラストは不意のキス。
ラストまで、接触はハグくらいの描写しかなかったからラストのキスにはキュンとした!
nana

nanaの感想・評価

4.0
性格が正反対な2人の運命の恋。

ベタなストーリーかと思ったけど、突拍子もないことがちょいちょい起こるから飽きずに見続けられた(^^)
最後の最後まで突拍子もないことがあるのが好き。

相手を思うがゆえの嘘。嘘つく方もつかれる方も、つらいだろうな…。
ぽむ

ぽむの感想・評価

2.0
私がファンだからだろうけど裕翔くんめちゃくちゃかっこいいなと思うことしかできなかった
はる

はるの感想・評価

5.0
今の私には胸に刺さりすぎました。

とても辛くて辛くて、でもとても勇気をもらって。
ずっとずっと感情移入して、片時も目が離せなくて、のめり込みました。


かっこ悪くても、今の気持ちを伝える。
それがどんなに素敵なことか。
一回それが叶わなくても、諦めずに正直に素直に伝えることが、どれだけ大切なことか。諦めきれない思いがあるなら、伝えなきゃって、素直にならなきゃって思いました。
その諦めきれない思いが、思いの強さなんだろうなって思いました。


恋に一生懸命になってもいいじゃないかって、真正面からとことん向き合えばいいじゃないかって思いました。

その人の弱い部分や思いが見えた瞬間、その人のことを愛おしいって感じたり、一緒にいたいって感じたり、それが好きとか愛してるになっていくんだろうな。

片桐はいりさんの言葉が、とても響いた。


自分の気持ちに正直に、好きな気持ちに対して諦めない、そんなことを思い出したい時に必ず勇気をもらえる、そんな映画でした。
とても、とても、好きな映画になりました。
ありきたりなストーリーではあるけれど、突拍子のないことをしている所も葉山くんの不器用で鈍感ながらも必死に考えてるというキャラクターが個人的にもうハマりました!!二人の言葉のやり取りも好きです。ただ、流れが独特というかワクワク感はあまりないと思うので人によっては違うのかなとも思います
サリー

サリーの感想・評価

3.5
青春映画だけど、出てくる人が可愛い。
中島裕翔がさえない役してるけどかっこいい!!新木優子の勝気なんじもすき。
ベタな恋愛模様の展開だと途中で冷めちゃうタイプですが、なにこれ。
どことない空気感と何気ない演出が絶妙だから、没入してしまったよ!

プロモーションでは、原作とキャストで推した胸キュンムービーだったんすか...
何かもったいない!
>|