ドクター・ストレンジ:1回目バナー

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

Going in Style

上映日:2017年06月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:96分
    監督
    ザック・ブラフ
    脚本
    セオドア・メルフィ
    キャスト
    モーガン・フリーマン
    マイケル・ケイン
    アラン・アーキン
    ジョーイ・キング
    アン=マーグレット
    クリストファー・ロイド
    ピーター・セラフィノウィッツ
    マット・ディロン
    マリア・ディッツィア
    ジョン・オーティス
    ジョシュ・パイス
    メラニー・ニコルズ=キング
    あらすじ
    ウィリー、ジョー、アルの3人は慎ましくも幸せな老後生活を送っていた。ところがある日、長年勤めていた会社の合併によって、年金を止められてしまう。このことをきっかけに、彼らはある企てを決意。なんとしてでも今までの生活を取り戻し、愛する家族と仲間たちとの幸せな余生を続けられるよう、3人は銀行のお金を奪おうと、大胆で危険な賭けに出るが……。

    「ジーサンズ はじめての強盗」に投稿された感想・レビュー

    MasaichiYaguchi
    MasaichiYaguchiの感想・レビュー
    11時間
    3.7
    テレビのバラエティ番組で、生まれて初めて「おつかい」に挑戦する子供たちの奮闘をドキュメントタッチで描く「はじめてのおつかい」というのがあるが、この作品では80歳過ぎの3人のジーサンたちが「はじめての強盗」に挑んでいく。
    有川浩さんの小説をテレビドラマ化した「三匹のおっさん」シリーズでは、おじいちゃん3人が私設自警団を結成して町内の悪に立ち向かうが、本作のジーサン3人、ウィリー、ジョー、アルは少し前までは善良な市民として平和に暮らしてきたのに、ある出来事から追い詰められて二進も三進も行かなくなる。
    この作品には「ビバリーヒルズ・コップ」、「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」のマーティン・プレストン監督の「お達者コメディ/シルバー・ギャング」(1979年)というオリジナル版があり、それを現代風にリメイクしている。
    邦題や「終活は銀行強盗!?」というキャッチコピーからは、ジーサンたちによる“お気楽コメディ”という印象を受けるが、それだけの作品ではない。
    人生も最終盤にいる彼らが何故、重罪に問われるリスキーな強盗に手を染めなければならなかったのか?
    そこにある問題は、ニューヨークのブルックリンに住む彼らだけのことではなく、高齢化社会の日本でもヨーロッパ各国においても共通なものだと思う。
    それにしても、ウィリー、ジョー、アルを演じる超ベテランのオスカー俳優たち、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンの「お達者コメディ」を超えたエネルギッシュな笑いの数々には脱帽する。
    更にそこには人生の酸いも甘いも噛み分けた“滋味”のようなものがあり、その味わいが、このクライムコメディに家族愛や仲間との絆といった血の通った温もりを与えている。
    この80歳オーバーの名優たちが繰り広げる痛快コメディを観ていると、同世代の人々ばかりだけではなく、その子供世代の我々も未だ未だ頑張らねばと思えてきます。
    TAKE
    TAKEの感想・レビュー
    21時間
    3.3
    つましく生活する老人が企業年金取り消しで追い詰められるという他人事ではないストーリー。暗い話になりそうだけど、重すぎず軽すぎないのは軽妙なカット割りと、基本ゆっくり動く主演三人の魅力。80オーバーの三人が走るだけでどんなアクション映画よりハラハラドキドキした。
    KB
    KBの感想・レビュー
    3日
    3.9
    手段への共感のでき難さと、摸倣への懸念を覚えつつも、伏線回収や展開の楽しさを含め、観て良かった作品でした。

    人生の終点から考えた際に、
    何が幸せな状態をもたらすのか
    改めて考えさせられます。
    あやの
    あやのの感想・レビュー
    3日
    3.9
    試写会にて。

    じんわり心温まる、素敵な作品。
    基本的にテンポ良さげで、クスッとできる感じにユーモアが散りばめられてる。
    後半からの話運び、音楽、映像も意外とスマート。笑
    色々うまくまとめて100分足らず、それだけでポイント高い。

    おじいちゃん皆いい味出してるんですけど、マイケル・ケインが冷静で頭の良いおじいちゃんを好演。かっこよすぎ。
    ふじ
    ふじの感想・レビュー
    3日
    3.5
    96分と割りと短く、テンポもいいので飽きずに見れます。
    現実でも起こりそうな問題を面白おかしく表現してたり、3人の名優の演技に思わずクスッと笑ってしまいました。

    やっぱり3人ともスーツが似合う...!!
    面白かった!
    minori
    minoriの感想・レビュー
    3日
    3.6
    面白かった!
    ベテラン老人俳優陣だからこそ出来る演技やシチュエーション、小ネタを上手く活用していて、何度もクスッとさせられました。

    まあ「有り得ないだろ〜」っていうツッコミどころはあれど(笑)、中盤からエンディングに掛けてはスタイリッシュかつテンポ良く進んでいき、観ていて楽しめました。

    邦題も、珍しく(苦笑)キャッチーな感じで上手くいってると思う。

    マイケル・ケインは立ち姿がカッコよすぎてヤバかった!
    あと、ラストでのあの演技はズルいなぁ〜見事に騙されました。(笑)

    モーガン・フリーマンも、『ラストベガス』の時みたいなお茶目な感じが素敵だったのと、瞳だけで感情が伝わってくるのがやはり凄いなぁと思いました。

    あとアラン・アーキン!
    気難しそうだけど実は一番はっちゃける系おじいちゃんをやらせたら、右に出るものはいませんね!

    その他にチョイ役で見知った顔がチラホラいたのが嬉しかったです。
    顔るんるん
    顔るんるんの感想・レビュー
    3日
    3.3
    マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、アラン・アーキンの3人の親友コンビ

    3人の掛け合いが貫禄たっぷりなのに面白くて、とても微笑ましい

    家族愛や人間愛にも溢れた作品

    邦題は今ひとつだけれど、
    内容はストーリーに筋が通っていてるし、どのキャラクターも良い。
    まとまりよくとても面白かった
    ルイージ
    ルイージの感想・レビュー
    6日
    3.9
    アン=マーグレットもいて、更にうれしくなるのだ。
    Soy_Kaholly
    Soy_Kahollyの感想・レビュー
    2017/05/22
    -
    夜中の4時まで見たけど、飽きさせないストーリー。モーガンフリーマン、マイケルケインにはじまる役者も魅せてくれるじゃない。なんだか元気をもらったわ。
    くま
    くまの感想・レビュー
    2017/05/21
    2.4
    見た時期が時期だったのでかなり早い段階で「共謀罪で捕まる」と思ったりなどした。
    本格的に強盗を計画し始めるまでが長く、お年寄りの歩みのようだった。それが始まってからは端折りすぎる気もするぐらいテンポがよい。
    >|