ローガン・ラッキーの作品情報・感想・評価

ローガン・ラッキー2017年製作の映画)

Logan Lucky

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられ失意の人生を送る炭鉱夫ジミー・ローガンにはある企みがあった。それは、まもなく開催される全米最大のモーターカーイベントNASCARのレース中に大金を盗み出すという<前代未聞の強奪計画>―。早速、戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライドと、美容師でカーマニアの妹メリーを仲間に加えたジミーだったが、ツキに見放されてきたローガン一家だけでは頼りが…

足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられ失意の人生を送る炭鉱夫ジミー・ローガンにはある企みがあった。それは、まもなく開催される全米最大のモーターカーイベントNASCARのレース中に大金を盗み出すという<前代未聞の強奪計画>―。早速、戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライドと、美容師でカーマニアの妹メリーを仲間に加えたジミーだったが、ツキに見放されてきたローガン一家だけでは頼りがいがない。そこで、この大胆な犯行を成功させるため、爆破のプロで現在服役中の変人、ジョー・バングに協力を仰ぐ。彼を脱獄させてレース場の金庫を爆破した後、看守が彼の不在に気づかないうちに刑務所に戻すという作戦だ。レース当日、ローガン一味は、何百万ドルも売上金を運ぶ気送管設備があるサーキットの地下に侵入。全米犯罪史上最も驚くべき強盗事件は成功したかのように思えた…しかしFBI捜査官の執念深い捜査の手がすぐそこまで追っていた――。

「ローガン・ラッキー」に投稿された感想・評価

HANABI

HANABIの感想・評価

3.7
『パターソン』のおかげで、私の中のアダム・ドライバーのポイントが急浮上した事もあり、やっぱ観とくかな😅…という軽いノリで鑑賞。その力の抜け具合が良かったのか、思いの外楽しめた(o^^o)✨
それぞれのキャラの設定も、惹かれるところ大だったし、落ちも好きだな😆👍🏻
なかなかの拾い物でした👌🏼
aiyu

aiyuの感想・評価

3.8
想像よりおもしろい映画でした。
コメディ要素が強く感じられました。
2017年、54本目の鑑賞。


♪天国のような場所~ウエストバージニア~♪♪


『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ待望の監督復帰作。

田舎を舞台にした、かな~り地味なオーシャンズ11って感じ。

キャストは豪華でその辺はオーシャンにも引けをとらない。

華やかさはなく、どんでん返しもそんなスカッとせず肩透かし。

ソダーバーグ監督だから楽しみにしてたんですが、ちょっと残念(>_<)。

ただ終盤の娘ちゃんのカントリーロードはジーンときた。。。

パパの事が好きで仕方がないんだね。

音痴だけど一生懸命歌う姿にウルっ(;_;)。。。

あんなんされたら娘をもつ父親はみんな泣いちゃうね.笑

まさかこんなホンワカ展開あるとは思わずビックリ。ソダーバーグ監督こーゆー演出もできるのね。
普通におもしろいじゃん…。
こういうチープでローカルでマイルドヤンキー感のあるワルが最後は回り回ってちゃんちゃんな感じほんと好き。

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはオーシャンズより好き
何か上手く行きすぎな気もするけど...

今後どうなるんだろうと思わせるようなラスト...
これが呪いか...
ヨシ

ヨシの感想・評価

3.9
気楽に観て思う存分楽しめる映画!

音楽はいいし、ストーリーのテンポも良くて気持ちがよかったです。

意外なキャラクターのダニエル・クレイグが最高!
momo

momoの感想・評価

4.2
オーシャンズが大好きなので期待値高めで観たら普通に面白くて楽しめた。
オーシャンズみたいに華やかさはなく、田舎ののほほんとした雰囲気で繰り広げられる少し違ったテイストの一攫千金計画。
ソダーバーグらしいちょっとしたギャグも笑いのツボをついてきてずっと笑って見ていられる、息抜きにぴったりの作品だった。
個人的にアダム・ドライバーの役が好き。

見終わった後、ついカントリー・ロードを口ずさんでしまうこと間違いなし。
面白かったんだけど、
これ以上Fortunate Sonを映画のサントラに使うの止めにしない?

流れると確かに気持ち良いけどさー

森のクマちゃんに会うところ、もしかしてアピチャッポン?って思ったけどまさかね
「祝・アダムドライバー克服。」

時はスターウォーズエピソード7公開時。あれだけ格好良いスーツを着たカイロ・レンから出てきたのは、あまりかっこよくない男の人。
トラウマを抱え、僕は映画館へ向かいました。

スティーブンソダーバーグ監督復活作。何度引退するんだろうか、この監督はさ。

いいとこ取りだった気がしますね。オーシャンズからマジックマイクまでの良さ。
アホくさくて、男臭くて、華もきちんとある。
それを豪華キャストでやってしまうんだから流石のビッグネームですわ。

ただ、嫌いなタイプの映画ではあります。
ドンデン返し、後出しじゃんけんスタイル。

伏線を貼っていくのではなく。実は事実はこうでしたスタイル。

僕はこれがこのみじゃない。

でも正直、本作は楽しめました。
男臭い関係の中に、"ベイビードライバー"のエイザゴンザレスみたいなライリーキーオという華がある。
可愛い娘さんまで。

そして苦手だったアダムドライバーにとても好感が持てた。
いろんな役所できるだけ、力のある俳優ですよね。

エンターテイメントとして楽しめました。
満足ですよ?

それでは。
『オーシャンズ11』と比較して宣伝していたので結構期待値が高かった。
役者は豪華なんだけど。物語追いながら観るとそんなに盛り上がる箇所もないので見終わって「あれ?」ってなるかも。
終わって振り替えると、ポイントポイントで印象的なシーンが思い出されて「あれ?よく考えたらすごい緻密だった…?」ってなる。

子どもが歌うシーンはどんな映画でもぐっと来る。
>|