亜人 第1部「衝動」の作品情報・感想・評価

「亜人 第1部「衝動」」に投稿された感想・評価

CGを最大限に生かした映画だった
効果音の迫力が凄くて永井圭が車に轢かれるシーンの音が未だに耳から離れない
Kikaze

Kikazeの感想・評価

4.1
感想「戦闘シーンが迫力満点!」

映画館で観た時はまだ原作をちょいかじってる程度だったのですが、序盤からすぐに亜人とは何かを深く掘り下げていってくれるので、映画が初見でもしっかり頭に内容が入ってきます。

この映画は3DCGであるからこそ素晴らしい!と黒い幽霊同士のバトルシーンをみて思いました。
3DCG自体が初めてだったのですが、CGならではの表現に呼吸を忘れるほど見いってしまったのを覚えています(笑。

三部作になるのも納得の出来映えだった第1部-衝動-でした。
声優も豪華ですし……ヒトと亜人、亜人と亜人、それぞれが持つ思想のぶつかり合いも必見です!
WestWorld

WestWorldの感想・評価

3.6
テレビ版を視聴。内容は同じ物という事で一応mark。
ポリゴンピクチュアズのアニメ化で三部作の1作目。原作は未読。
総監督の瀬下寛之は亜人・BLAME!・GODZILLAと作品が続いてるし、名前を覚えておくべきだろうね。

ただBLAMEより絵柄がマンガ寄りで3Dで違和感が大きかったこと、3部作なので1本ずつの映画はどうしても中途半端になる、というのは気になる点かな。
特に絵柄は、セルルック3Dだと固い印象を受けるな。このジャンルのアニメにはまだまだ課題はあると思う。

ただ、ストーリーは面白いしテンポもいいのでグイグイ引き寄せられる。
人類の突然変異?で生まれる“亜人”
不死の肉体で、死んでもすぐ生き返るし身体も再生する。また亜人には、IBMと言われる黒いヒトガタの分身を操ることができる等の特徴がある。
で、一般人には亜人は恐れられ、各国に研究対象にさている。

亜人であることが発覚すると、そのとたん一気に人間として扱われなくなり、人体実験に駆り出される恐怖。
で、差別と戦う佐藤ってオッサンがガンガンとテロ行為を行う。

ある日突然に亜人であることが判明した永井圭が、追われ、捕まり人体実験をさるが、テロには加担しないという立場をとる、という話。

物語自体が“差別”と“テロ”を明確に扱っているのが面白さのポイントだね。

特に佐藤のキャラがめっちゃ濃くて面白い。
あと、人体実験のシーンが凄まじ過ぎてドキドキもの。ただただ実験で残虐に殺されて蘇り、殺される地獄を永遠に繰り返される。これは見る人によっては抵抗あるかも。

1作目は説明に終わる感もあるが、バイオレンスシーンが目を引くので一気に見れちゃう。
ネガメ

ネガメの感想・評価

3.5
亜人を知らない状態で観に行ったらとてもおもしろかった!
2週間限定公開という縛りが社会人にとってツラかったが見事ハマって漫画全巻買ってしまったよ(笑)
劇場版亜人3部作の1作目。第1部は不死の特性を持つ亜人である事が判明した、主人公・永井圭の逃走がメイン。劇中での亜人の性質についての説明の落とし込みが上手く、迫力のあるアクションシーンや緊迫した音楽、画面の作りなども手伝って作品世界に没頭しやすい。また物語の途中でその性質が明かされていくIBM(黒い幽霊)も、デザインやモーションなどから不気味さを感じさせるものになっている(スタンドではない)。そして、この作品の魅力としてはやはり佐藤が挙げられる。佐藤も圭と同じく亜人だが、亜人の不死の能力を最大限に活用し暴れまくる。常人には考えられない発想と鮮やかさで敵を倒していく佐藤の戦闘スタイルは最早気持ちが良い。なお、佐藤の暴走は次回作でさらに勢いを増していく。
難点として、圭の性格がイマイチ分かりにくいのが挙げられる。これは第3部で理由が明かされるのだが、この第1部だけでは圭の態度のちぐはぐさに違和感を覚える事もあるだろう。また、観る手段も、公開時に限定で発売されたBlu-rayか後に発売された3部作入りのBlu-ray BOXのみと少ない。劇場版にシーンや台詞が追加されたTVアニメ版があるが、そちらは第2シリーズ(劇場版第2部の一部・第3部に相当)のBD/DVDが発売されていないため、全て観るならNetflixを利用するしかない(逆にNetflixでは劇場版3部作は配信されていない)。3DCGアニメーションなのも、人によっては慣れが必要だろう。ただし3DCGアニメーションだからこその見せ方やモーションの細かさ(どんどん動きに固さがなくなっていき、自然になっていく)があるので、この点は魅力的な面としても捉えられる。
観る機会は限られているものの、作品自体はとても面白く、オススメできるものなのは間違いない。観終わった後は、第2部・第3部と続きを観たくなってしまうだろう。
NANA

NANAの感想・評価

4.0
過去記録。亜人同士のアクションシーンに目が釘付け!
原作、アニメは全て鑑賞済み。

ダイジェストとは思えないくらいの完成度。
テンポも良く楽しめる良作でした。
鑑賞済み 第一部・第二部と鑑賞済み
最終章は見ませんでした。映画館では
露草

露草の感想・評価

2.2
映像とセリフの違和感が凄くて途中から見るのが辛かった
>|