亜人 第1部「衝動」(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:100分
    監督
    安藤裕章
    キャスト
    宮野真守
    細谷佳正
    大塚芳忠
    櫻井孝宏
    小松未可子
    平川大輔

    「亜人 第1部「衝動」」に投稿された感想・評価

    亜人を知らない状態で観に行ったらとてもおもしろかった!
    2週間限定公開という縛りが社会人にとってツラかったが見事ハマって漫画全巻買ってしまったよ(笑)
    劇場版亜人3部作の1作目。第1部は不死の特性を持つ亜人である事が判明した、主人公・永井圭の逃走がメイン。劇中での亜人の性質についての説明の落とし込みが上手く、迫力のあるアクションシーンや緊迫した音楽、画面の作りなども手伝って作品世界に没頭しやすい。また物語の途中でその性質が明かされていくIBM(黒い幽霊)も、デザインやモーションなどから不気味さを感じさせるものになっている(スタンドではない)。そして、この作品の魅力としてはやはり佐藤が挙げられる。佐藤も圭と同じく亜人だが、亜人の不死の能力を最大限に活用し暴れまくる。常人には考えられない発想と鮮やかさで敵を倒していく佐藤の戦闘スタイルは最早気持ちが良い。なお、佐藤の暴走は次回作でさらに勢いを増していく。
    難点として、圭の性格がイマイチ分かりにくいのが挙げられる。これは第3部で理由が明かされるのだが、この第1部だけでは圭の態度のちぐはぐさに違和感を覚える事もあるだろう。また、観る手段も、公開時に限定で発売されたBlu-rayか後に発売された3部作入りのBlu-ray BOXのみと少ない。劇場版にシーンや台詞が追加されたTVアニメ版があるが、そちらは第2シリーズ(劇場版第2部の一部・第3部に相当)のBD/DVDが発売されていないため、全て観るならNetflixを利用するしかない(逆にNetflixでは劇場版3部作は配信されていない)。3DCGアニメーションなのも、人によっては慣れが必要だろう。ただし3DCGアニメーションだからこその見せ方やモーションの細かさ(どんどん動きに固さがなくなっていき、自然になっていく)があるので、この点は魅力的な面としても捉えられる。
    観る機会は限られているものの、作品自体はとても面白く、オススメできるものなのは間違いない。観終わった後は、第2部・第3部と続きを観たくなってしまうだろう。

    追記・様々なサイトでTVシリーズの配信が予定されているようなので、TVシリーズを観る時はそちらを利用するのもアリだろう。
    2回舞台挨拶
    とても面白い!臨場感溢れるアニメ映画。IBMの闘いは目が離せない。ただ、ぬるぬる動くCGに慣れることが必要かも。
    過去記録。亜人同士のアクションシーンに目が釘付け!
    記録
    映画館
    原作、アニメは全て鑑賞済み。

    ダイジェストとは思えないくらいの完成度。
    テンポも良く楽しめる良作でした。
    >|