劇場版 シドニアの騎士の作品情報・感想・評価

劇場版 シドニアの騎士2015年製作の映画)

上映日:2015年03月06日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

国内のみならずハリウッド監督などからも高い評価を受ける漫画家・弐瓶勉の代表作を、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トロン:ライジング』などを手掛け、エミー賞、アニー賞を受賞する日本最大手のデジタルアニメーションスタジオ「ポロゴン・ピクチュアズ」がアニメ化、世界50 ヶ国以上で大好評を博している。元々スクリーンサイズのクリオリティで制作された全12 話を、監督・静野孔文が自ら劇場公開用に再…

国内のみならずハリウッド監督などからも高い評価を受ける漫画家・弐瓶勉の代表作を、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トロン:ライジング』などを手掛け、エミー賞、アニー賞を受賞する日本最大手のデジタルアニメーションスタジオ「ポロゴン・ピクチュアズ」がアニメ化、世界50 ヶ国以上で大好評を博している。元々スクリーンサイズのクリオリティで制作された全12 話を、監督・静野孔文が自ら劇場公開用に再構成した。

「劇場版 シドニアの騎士」に投稿された感想・評価

TVシリーズがとても好みだったので視聴

世界観の素敵な宇宙SF作品で
謎の生命体ガウナと
ガウナに地球を追われ宇宙に脱出した人類との戦いを描いています。

シリアスなシーンも多いですが
ちょっとしたお色気シーンや
ラブコメ要素もありバトル以外でも
色々と楽しめます。
一方でヒロインが途中の事故で
命を落とすなどかなりエグいシーンも多く
人もかなり死にます。

ガウナとの闘いもCGによる
独特の表現がされており、
実写映画のような迫力があります。

この劇場版は
TVシリーズの総集編のようなもので
約2時間に良くまとめられたと思います。

劇場版の新規シーンが
お風呂シーンというのは
ちょっと笑ってしまいましたw

第九惑星戦役も良かったので
続編に期待です。

このレビューはネタバレを含みます

・漫画原作で14年と15年にアニメ化されたシリーズの前半に当たる第一期の総集編的立ち位置
・エヴァを通ってきた世代なので劇中の奇寄子(ガウナ)は使徒、衛人(モリト)はエヴァ、カビザシはロンギヌスの槍みたいなものかなぁとぼんやり思った
・アニメ12話分を130分に収めたのでどうしても数いるキャラクター紹介と重要なエピソードの羅列になりがち
・ナガテとイザナの関係を中心とした取り巻く女性キャラとのラブコメはアニメ版でお楽しみあれ、特に本作屈指の萌えキャラである白羽衣つむぎが登場してからが本番なのでそれが現れる前に終わってしまって残念
・シドニアの宇宙船内の縦の空間に造られた建造物や巨大な宇宙空間を舞台にした3Dの戦闘シーンは大きな画面ほど映える
・相変わらず音響の作り込みに尋常なこだわりを感じる
・エナ星白の幼児的可愛さとイザナくんのジト目がすき
じゃぱ

じゃぱの感想・評価

4.0
総集編なだけにだいぶ詰め込んでるけど充分面白かった。漫画持ってるしアニメ見てたけど、やっぱ動くツグモリかっこいいわ。
音響監督の岩浪美和氏が総集編の映画化は、大変だと語る。何故なら、TVシリーズのバトルシーンを詰め込んだモノとなっているからだ。劇場に耐え得る音作りの難しさをぜひ劇場で体感して欲しかったと思うばかり。
面白かったし凄かったけどカメラワークののっぺりさが残念。目の接写とかドラマチックなシーンがあれば締まったと思うけど2D調3Dモデルの描き込みじゃ耐えないってことなのかなと。
手描きの方がもっと面白かったんじゃないかなとか思っちゃった
CotoCo

CotoCoの感想・評価

4.0
漫画とアニメを勧められてたけど未読のまま鑑賞。でも、楽しめた。
その後アニメ2期まで観た。
かま

かまの感想・評価

3.8
弐瓶勉原作
原作の兎に角デカいスケール感がちゃんと再現されている
本作はアニメ版を短く再編しているので早足で話しが進む
ゴジラのアニメ版もスタッフが同じらしいので期待
タオ

タオの感想・評価

4.0
アニメの総集編。
アニメの完成度が非常に高い作品だから、総集編となるとどうしても物足りなさを感じてしまう。とくにアニメの日常回部分が結構省かれてたからそこ勿体無いかなぁ。それでも、ちゃんと話がわかるように上手くまとめられてるから初見でも難しくはないかも。
第9惑星戦役版もやってほしい。

最近、ポリゴンピクチャーズを筆頭に日本のSFアニメが熱いしレベルが高い。
ポリゴンピクチャーズはスカイクロラにクローンウォーズ、今年はゴジラもブラムやっているし、さらにゴリゴリ熱いSF作品を作ってくれえ。
七沖

七沖の感想・評価

3.3
硬派SF設定なのにすごくラブコメしてる。独特の世界観がクセになる作品だった。

地球を失った人類はシドニアという母船で宇宙を旅しているが、そこにはガウナという天敵がいて、人類は衛士というロボット兵器でこれに対抗する…というストーリー。テレビアニメの総集編とのこと。

新鮮な描写が多く、思っていた以上に楽しめた。
SF作品なのだが、登場人物や用語に日本語が多用されていて、まずそれが面白い。
シドニア艦内に一つの都市が丸ごと収まっているような印象で、場所によっては昭和の日本…というか軍艦島っぽい場所もある。
シドニアがガウナに向けて撃つ決め技がビームでもミサイルでもなく、特大サイズの円柱、というのも新鮮だ。圧倒的な質量が射出される様子はそれだけで迫力があった。

キャラクターの性格付けはオーソドックスなラブコメ配置だ。死と隣り合わせのハードな世界観の中で、デートしたり嫉妬したりする…これが意外と面白い。限りある青春を謳歌する感じは、フィクションくさいようでいて、実は結構リアリティがあるのかもしれない。
ヒロインの星白は最近珍しいくらい正統派なヒロインだったが、まさかあんな展開になるとは…。

終盤のガウナ討伐戦は、スターウォーズのデス・スター攻略っぽいノリで予想以上に楽しめた。

回収されていない伏線や説明不足な点が多いのは確かだが、この新鮮な世界をもっと観てみたいという気にはなった。続編の劇場版があればぜひ観てみたい。
tonu

tonuの感想・評価

3.6
Blu-ray(4Kコンバート)、Dolbysurroundで見ました。

画質も良く、音質も良いです。TVシリーズより、Blu-rayの方が5.1ch化してる事もあり音が派手ですが、劇場版は更にド派手に。馬鹿なの?(褒め言葉)って位迫力があります。

ストーリー的にはTV版総集編ですが、やはり音の迫力がTVとは全然違うので、環境が整っている人はそう言う意味ではTV版を見ていてもお勧めです。
>|