劇場版 シドニアの騎士(2015年製作の映画)

上映日:2015年03月06日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:133分
    監督
    静野孔文
    脚本
    村井さだゆき
    原作
    弐瓶勉
    キャスト
    逢坂良太
    豊崎愛生
    櫻井孝宏
    金元寿子
    喜多村英梨
    あらすじ
    国内のみならずハリウッド監督などからも高い評価を受ける漫画家・弐瓶勉の代表作を、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トロン:ライジング』などを手掛け、エミー賞、アニー賞を受賞する日本最大手のデジタルアニメーションスタジオ「ポロゴン・ピクチュアズ」がアニメ化、世界50 ヶ国以上で大好評を博している。元々スクリーンサイズのクリオリティで制作された全12 話を、監督・静野孔文が自ら劇場公開用に再構成した。

    「劇場版 シドニアの騎士」に投稿された感想・レビュー

    iiwake
    iiwakeの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    東亜重音爆音上映で再観賞
    ハゲムボン
    ハゲムボンの感想・レビュー
    1日
    3.7
    アニメも漫画も楽しんだ上での映画。
    作品の持ち味の1つであるスピード感が増大してスカーっとしました。
    シネマシティの爆音上映なのでヘイグス粒子砲の耳をつん裂く音や胞状分解の気持ち悪い音なども最高でした。
    2期の総集編が作られたらまたシネマシティで観たいなぁ。
    KomachiAngeldai
    KomachiAngeldaiの感想・レビュー
    1日
    3.6
    東亜重音で観賞。
    漫画は未読、テレビアニメは1期2期とも観賞済み。

    あれ?こんなに面白いアニメだっけ?

    テレビシリーズは、2期で面白くなり始めてハマった自分ですが、総集編の映画で見てみると、1期も充分すぎる面白さでしたw

    敵であるガウナの不気味さは素晴らしいものですね。
    味方機を再現したガウナ、別名ベニスズメの恐ろしさと言ったら…

    ハイスピードな戦闘は健在、大きなスクリーンと東亜重音の爆音で凄まじい戦闘シーンになってます。

    早く、早く3期を見たい…
    etohyoshifumi
    etohyoshifumiの感想・レビュー
    3日
    4.3
    東亜重音の音響効果を確認する為に4度目の劇場観賞。
    本編はTV1期の総集編だが
    このド迫力の音響は劇場でしか体験できないので劇場に足を運ぶ価値のある総集編。
    願わくばあの音響でウチクダケー!🎶
    が聴きたかった。

    TV3期や劇場版2作目に期待する。
    yoko45
    yoko45の感想・レビュー
    4日
    3.5
    今の感性を知りたくて鑑賞。弐瓶氏がアキラや風の谷の影響を受けたとの情報も鑑賞理由。観ながらヤマト・ガンダム・エヴァの残像が頭をかすめるのは自分の年のせいか。光合成、中性(性別未分化)、クローン姉妹は新鮮で一本取られた感じ。日本アニメの良い遺伝子が受け継がれていると解釈したい。本編終了後のブラムの長い予告に驚き(こんなに流して良いのか?でもファンは観たくなるか)。
    mince
    minceの感想・レビュー
    4日
    4.0
    地球を滅ぼされ数百年。最後の人類とその都市を抱えたまま目的地なく漂う超巨大船。有機体で自在に姿を変え一方的に迫る敵と意思疎通できぬまま戦いだけが続いていた「劇場版シドニアの騎士」塚口4。リアルハードSFなのに理系巨乳メガネ女子がパン咥えて主人公に激突するようなユルさもたまらない。2017年5月17日 前知識なく突如として観劇したがストーリーもわかりやすくとても面白かった。詳しくないが「ガサラギ」と関係あるのだろうか。キャラやその扱い方、スチームパンクっぽいメカのディスプレイにおける漢字の多用や白っぽい色使いなど真っ先に想起した。
    JunichiTsuji
    JunichiTsujiの感想・レビュー
    4日
    4.7
    塚口サンサン劇場にて、《東亜重音6.1ch 重低音ウーハー上映》鑑賞。今まで、音にこだわって鑑賞したことなかったのですが、野外ライブにも使われるスピーカーの爆音に大興奮。戦闘シーンの臨場感が段違いです。また、5/20に上映される「BLAME!」の冒頭映像付き。さすがのクオリティで期待が高まります。本作は、テレビでの深夜放送時、途中から見たもののかなりハマってしまい、今に至ります。太陽系滅亡から数千年の遠い未来の物語。対話不能の未知の生物との人類存続をかけた戦いが描かれます。物語の舞台は、主に播種船(人類存続を目的とした箱舟)の中に限定されるのですが、船と言っても数十万人が暮らす、いわば都市国家とでも言うべきもの。屹立する構造物による圧倒的なビジュアル、そこで暮らす人々の日常を描く暖かな目線、スピード感溢れる戦闘シーンなど魅力は枚挙に暇がありません。また、魅力的なキャラクターが織りなすラブコメを軸にしながら、いつ誰が死ぬかも分からない戦時の緊張感という「静と動」。ほとんどCGで描かれているにも関わらず、血の通った人間味を感じる絵柄は本当に素晴らしいです。一点、残念な点は、本作がテレビ版の総集編であるところ。いくつか好きなシーンがカットされているところが残念ですね。ともかく、日本のアニメの質の高さを味わって欲しいので、もっと多くの方に観てもらいたい作品です。
    さー
    さーの感想・レビュー
    4日
    -
    2回目 (再上映)
    やわらか
    やわらかの感想・レビュー
    6日
    4.0
    やー、ビックリした。いい意味で。

    ここのところ観たアニメ映画、「虐殺器官」「ひるね姫」「ポッピンQ」と昨年の怒涛の名作続きの反動のような低空飛行が続いていて、正直あまり期待してなかった。けど、久しぶりに王道なSFアニメ成分を吸収できた感じ。
     
    弐瓶勉さんのマンガは、この作品と前の「BLAME!」の連載期間のうち、かなり永い間アフタヌーンを買っていたにも関わらず、ほとんど読んでいなかった。何となく絵が苦手に感じていたので。なので期待値はかなり低かった。
     
    でも観はじめてみると、いろいろ凝った設定のSFものであり、ロボット物でもあり、ラブコメっぽくもあり、なんと言うか今まで観たいろんなアニメ作品を繋ぎ合わせたような感じだったなぁ。
     
    全体的に、「エヴァンゲリオン」とか「(アニメとしての)進撃の巨人」とか「ガンダム」とか「マクロス」(とその他自分の知らないもろもろの作品)とか、その辺の影響かオマージュなのか微妙な部分がたくさんあったけど、本筋はしっかりしてるのでまぁいいかなと。最終的に一本の映画として十分満足できました。
     
    観た後調べてみたら、この映画はテレビ放送の第1期のダイジェスト版として作られたみたいで、第2期もある(あの終わり方じゃ、そりゃ続くよな)ということなのでそちらも観てみたい。個人的には、原作もテレビ版も観てなかったことが楽しめた要因かもしれない。
     
    さらに、この「劇場版 シドニアの騎士」の再公開自体が、もうじき始まる「BLAME!」への告知キャンペーンの一環で、本編終了後に「BLAME!」の冒頭シーンの上映があった。
     
    10分ぐらいの短いフィルムだけど、映像の質は今回よりもう1段上がったように見えたから、こっちもぜひ観たいな。
     
    あと、食わず嫌いは止めて、弐瓶勉さんの原作も読んでみようっと。
    JINRO
    JINROの感想・レビュー
    2017/05/13
    4.0
    川崎チネチッタさんでの東亜重音結成式つき上映会に行きました。
    ライブザウンド良いですね。
    映画の内容はもう何回も見ているんですが、心臓にズーンと響く良い重低音でした。
    重質量砲、対惑星誘導飛翔体のシーンは特に見所です。
    巨大兵器好きなら楽しめると思います。
    一期の内容がギュッと凝縮されている為やや急ぎ足感はありますが、人形の国も発売され、弐瓶作品に興味を持った方がシドニアをまずちょっと見てみようかなというならお勧め出来ます。
    時間があるなら内容は一期全話の方がお勧めです。
    ただ東亜重音で劇場で見られるのは今だけなので、一度は劇場に足を運ぶ事をお勧めします。
    >|