亜人の作品情報・感想・評価

亜人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:109分

3.7

あらすじ

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた…

2017年、日本。ある特異体質を持った新人類「亜人」の存在が発覚した。亜人の姿は人そのもの。ただ、絶対に死ぬことはできず、どれほど傷つこうともその体は絶命と共に再生を始める。死の状況に直面し、初めて真実を知る亜人たちはそれまで自分で気づく事もなければ、他人に知られる事もない。病気の妹を救うために研修医となった永井圭はある日、事故で死亡。しかし直後、肉体が復活し、生き返る。亜人と発覚し、描いていた人生が崩れ去った圭。警察や国家に追われ続けやがて厚生労働省の研究施設に監禁。非人道的な実験のモルモットとなってしまう。そんな圭の前に突如亜人を名乗る【佐藤】という謎の男が現れ、圭に救いの手を差し伸べる。佐藤は、国内で初めて発見された亜人にして人類に牙をむくテロリストだった。「亜人として、どう生きればいい?」自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。そして始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。【絶対に死なない男】VS【絶対に死なない男】の決して交わらない、そして終わることもない、エンドレス・リピート・バトル。亜人たちは、永遠の命を、どう生きるのか。

「亜人」に投稿された感想・評価

ほーく

ほーくの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これもまた原作を知らないでもとても楽しめる躍動感のあるアクション映画だった。よくあるバトル映画のようにもたつくこともなくとてもスピード感もあり、みていた時間が一瞬で過ぎ去るほど面白かった。何十年も人体実験もされ苦しみを味わってきた人間を恨む佐藤と、普通の一般人の生活を取り戻すために戦う永井の2人の相反する強い思いがぶつかり合う、そんな迫力ある作品だった。
べっぽ

べっぽの感想・評価

4.5
スピードがある頭脳戦アクション。爽快!大好き!

他のどこでも見られない、対人(しかも死なない)プラスIBMという設定を活かしきったアクション!

普通、IMAX、MX4Dの三回観ました。映画館で体感する映画!これからもっと増えてください!
佐藤健の永井圭が強過ぎる疑問は残るけど、亜人の特性を生かした戦略と演出が面白い。次を期待させるのもアリ。
たかpDX

たかpDXの感想・評価

3.0
アクションは素晴らしいが、原作を読んでないと何も中身のない映画
ルールを守れば楽しく見られる作品。
1、突っ込みどころ満載だから、理屈で観てはいけない。
1、野暮は言ってはいけない。
1、アクションシーンを無邪気に無心に堪能する。
るろうに剣心チームが終結しているだけあり、アクションがかっこ良い。そして綾野剛が素晴らしい!完全に佐藤建は食われていたなと思います。
y

yの感想・評価

3.8
佐藤さんが爽快すぎる!(笑)
アクションシーンでより釘付けになった、どんな結末になるのかワクワクしながら終始楽しく観れた。
原作とは設定を色々と変えているが、それによって無理矢理感がなくて、正解だなーと思った。
綾野剛好きに全力でオススメできる(笑)
佐藤健さんと綾野剛さんのカラダ作り、アクション映画として文句は何も言えないほどクオリティが高く、映画館では音楽とマッチして迫力があり、テンポよく観ることができた。原作は全て目を通していたが、設定としては実写化ならではのものがあったけれど、役者さんたちはよくここまで出来たと思う。
MEGU

MEGUの感想・評価

3.6
アクション映画に仕上がっててよかった。
でも漫画でいい気がする
綾野剛がよかった
設定が面白いので最初は引き込まれるが、途中からチャイルドプレイのチャッキーくらい無理ゲー感が出てきてスッキリしなかった笑
10Martha17

10Martha17の感想・評価

3.4
あまり期待していなかった分、ワイヤーアクションとか迫力あって楽しく鑑賞。
>|