甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光の作品情報・感想・評価

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光2016年製作の映画)

上映日:2016年12月31日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.8

「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光」に投稿された感想・評価

まぃ

まぃの感想・評価

4.0
タダのゾンビ物と侮るなかれです。
少女の戦闘シーンはもちろん。クライマックスのダンスも良き良きでした( ^ω^)
血を飲む辺りの展開などやや唐突気味にも感じるが一般的な総集編映画と比べると上手く纏まってる方ではあると思う。何たって作画が良いし内容はやたらと派手で劇場版向けだから楽しい。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
タイトルだけは知っていてWOWOWで一挙に視聴、内容全く知らなかったのでアニメ制作のウィットスタジオと監督名で進撃の巨人っぽいなというのが感想。
壁で囲われた街に立体起動装置のガスボンベみたいなのも背負ってるし絵の作風も色合いも似てる、巨人をゾンビにした感じ、絵は綺麗だから最後まで観てみよう。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
ゾンビ物アニメ。ゾンビ(カバネ)を、カバネモドキになって倒すという痛快もの。ではなく、人間通しの争いがメインかも
リアタイで観れなかったので、先日のWOWOWの放送でこちらの総集編を観賞。アニメーションが美しい。キャラ原案が美樹本さんなのも、ビジュアル的にドンピシャ。

生駒の真っ直ぐさが好き。
ノイタミナで放送されていたときに見れなかったので総集編ありがたい。
この作品に“メイクアップアニメーター”というスタッフが関わっています。
おそらくカバネリが最初の作品かと思いますが違ったらごめんなさい。
演出をよりよく見せるための装飾といいますか、編集とはまた違う職業なんですけどこれが作品のクオリティを更に上げて見せています。
そのへんから力の入れ方が違っていたのでずっと見たかったんですよねー。

前半は生駒と無名の物語。
ボーイミーツガールが大好きです。
カバネリとの真っ向勝負なので判りやすさもあり、成長冒険と面白かったです。
うぎゃ

うぎゃの感想・評価

4.2
アニメで全話観てたけどやっぱり作画が綺麗!
劇場で観られて良かった…
個人的に6話がこのアニメの最終回だと思ってるから(ごめんなさい)ちょうど6話までで良かった
maayadon

maayadonの感想・評価

3.8
グロ系やだな〜と思いながらおそるおそるみてたけど、面白かった。
えりみ

えりみの感想・評価

4.5
WOWOWで偶然見たら面白くて、改めて3作品録画。
2016年フジで放送してたらしい、知らんかった💦それの総集編
血がブシャーーーと出るのでPG指定😏
若干静止画は入るが、ワンピースほどではない🚬アニメーションがものすごく動くのでみていて楽しい🎶
アクション(体術)の動きが特にイイ😍特に口の悪いヒロインの無名(え⁉12歳の設定なの💧ヤバイヤバイ)

原作のないオリジナルストーリーというのも良し♪
とはいえありとあらゆる既存のアニメを彷彿とさせる要素が😅
時代劇
スチームパンク
ゾンビ
ヴァンパイア
進撃の巨人
女性キャラはマクロス、サクラ大戦を思わせるし😃
活動限界はエヴァ?ウルトラマン?
〜人とカバネの狭間に生きるカバネリ〜
ヴァンパイアハンターDデスカ😏

幕府の陰謀?
無名の使命とは?
前編では姿を見せないアニ様(若)の正体とは?
一致団結して脱輪防いだところで前編終わり。
続きが気になる❕

見どころ
侑那(ゆきな)ねえさんがもろ肌脱いで魅せた背筋😍

このレビューはネタバレを含みます

改めて観てもやっぱり「進撃の巨人」に対する強いオマージュを感じる。ストーリーの流れ、またキャラクターの作り方、例えば主人公が「敵」に近い能力を何かのアクシデントで持ってしまい味方からも迫害されるとか、もしかしたらパクリかな?と思うくらい似てる。

こういう作品がよく作られる理由はやはり、「世相」だと思う。今回の敵が「中国、韓国、北朝鮮、ロシア、アメリカ」、鋼鉄城が日本と考えれば結構納得いく。主人公の台詞は、日本が国際社会でどう振る舞うべきなのかをよく表していると思う。

よく出来ているとは思うけど、あまり独自性は感じない。可もなく不可もなく、な作品。
>|