BLAME! ブラムの作品情報・感想・評価

BLAME! ブラム2017年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.6

あらすじ

テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう…

テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。 少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

「BLAME! ブラム」に投稿された感想・評価

bandovi

bandoviの感想・評価

3.1
エンディングのハリウッドヒーロー映画感。


話はよくあるSF感で、やはりパイロット版な印象。
原作を読みたくなった〜〜
原作ファンからするととにかく喋り過ぎという印象。多少難解になろうとも原作のような冷たくハードな演出の映像が見たかった。
そもそも10巻分の濃密な原作をこんな4流監督が面白くまとめられる訳がない
思ってたよりヒロイック。とんでもないディストピアだけどちょっと憧れる弐瓶勉の世界観。原作再読したくなった。

花澤香菜の声が良い。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.6
弐瓶勉ワールドをポリゴンピクチュアズが見事に映像化。
見応えあり。
原作ファンから見ても微妙
原作知らなくても多分微妙
それ除いてもワクワクしなかった
ssktkr

ssktkrの感想・評価

3.5
原作未読でネトフリ映画から見た初心者。
まず、人間を駆逐するセーフガードの見た目こわすぎ。4足歩行であの顔はトラウマになるでしょ。
SFアニメは自分の大好物なのでBLAME!ももっともっと知りたいと思ったしいい意味でのめり込みそう。
霧亥が終始謎の人物で不思議な存在。
やはり原作読まないとダメだなこれは。
尽きない都市に死にゆく人類。

人間が都市に排除される世界で生きていく戦う人類と最強の助っ人。

進撃の巨人と少しだけ似ている?
1番のトラウマはセーフガード、パッと見でヤバいのがわかる造形と動作。人類勝てんやろ。

映画館で見れなかったのが後悔。
ただ後半は抽象的な内容が多かった。ネット端末遺伝子とかあれこれ。
nkhs163

nkhs163の感想・評価

4.3
意味がまじでわからんけど、世界観とか動きとか音とか全てがかっこいいからオールオッケー!
漫画原作の映像化作品の楽しみ方は人それぞれ。自分は原作の雰囲気、1番の持ち味が表現されていれば良作だと思っている。

ブラム!の味というのは、やはりこの世界観というか、建造物である。無限に増殖する建造物がこの漫画の裏の主人公であり、世界観だ。生きてて辛いだろうな、という、絶望感にまみれた人々の暮らしも含めばっちり映像化されている。

ストーリーもすっきり映画1本分にまとめらている。そして音響がいい。歩く音、重力子放射線射出装置の音、すべてがずっしりと脳みそに刻まれていく。キャストも演技に脂が乗っている。




ただひとつ言いたいのは、ネット関連の話が少なかったとはいえ、原作未読の人は理解できるのかな?原作だって何周もしてなんとなく掴めるような作品なのに。
>|