BLAME! ブラムの作品情報・感想・評価

BLAME! ブラム2017年製作の映画)

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.6

あらすじ

テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう…

テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。 少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

「BLAME! ブラム」に投稿された感想・評価

Y

Yの感想・評価

-
総じて格好良い。

漫画より説明的。

永遠の旅人、独特の空気が良い。

このレビューはネタバレを含みます

原作未体験鑑賞。いきなり子供の頭飛んで死ぬとかキビしいわ…子供死にますレイティングみたいなん要るやろ。年齢だけじゃないんやで!
「オレはネット接続遺伝子を持つニンゲンを探している…」何を言うとんねん厨二か(今度マネしよ)とか、日光無いけどビタミン大丈夫か?とか思いながらmatrixマシンワールド的に広がる暗い世界を堪能。キリイの荒野のガンマンBGM無茶苦茶浮いてるやん思いながら重力なんとか射出装置の威力におののく。
思えばずっとツッコミ入れてたような気がするんで…入り込んでなかったんだろうな。と。見たことないモノは出てこなかった。な。




世界観、映像表現、音楽もろもろとても良き!

終わらせ方がよくある感じになってしまっていて、あんまり好きじゃない。次世代に継承させていくのは全然いいんだけど、やっぱセリフが無いところで映像で伝えてほしい、そっちの方が好き。孫に語らせるより、ヨボヨボになったzuruが孫に手渡しするとか、なんか、手とか使って欲しかった。私的好みだけど。
長え

いや、原作も長いんですけどあな独特の間と空気を映像で再現するのは至難の技ですね。

ボトムズやマッドマックスと一緒で、
主人公が流浪の旅を続けながら道中出会った人たちとのつかの間の交流を描いてるのが魅力なのに、一コミュニティの話に終始してしまったのがとても残念。

続編作ってください。
それかアバラをアニメ化して下さい。
待ってますネットフリックス様。
ほとんど完璧以上に描き上げられたヴィジュアルだがほんのひとさじのSF的な納得が得られれば何倍も何十倍も信仰されただろう。だけどそういう作品はめったにあるものではない。
うめ

うめの感想・評価

3.8
ヘルメットとスーツに身を包み、何かを警戒しながら進む若者達。
いきなりのっけから、美しい映像とスタイリッシュなBGMに胸が踊る。
襲いかかる駆除型セーフガード。
能面のような顔に蜘蛛のような足。
うお〜かっこええ!
この気持ち悪いフォルムがたまりません!

元々は、都市と人間を守るはずだったセーフガードだったのに…
建設型セーフガードは、ひたすらに世界を広げ。
駆除型セーフガードは、制御する力を失った人間を駆除される存在となってしまった。
どのくらいが生き延びているのかさえ分からない人間。
旧世界から引き継いだ装備で戦う‘電基漁師’により、何とか食糧を確保しているものの限界がちかづいている。
この世界観、悪くないですね〜

そこに、ふらり「ネット端末遺伝子」を探すというキリイが現れるのですが…
ここからのスピード感にあふれる展開。
軸となるキャラクターも魅力がある。
声優の方々も良かった。

色々と下敷きにしている映画が見え隠れはするけど、充分の満足度な作品。
日本のアニメ、まだまだいけてます( ^ω^ )
これはカッコいいねー!
メカメカしたナウシカみたいな感じといえば伝わるかもしれない!
aoi

aoiの感想・評価

3.3
駆除系が気持ち悪いけどかっこいい!

中盤まで世界観が掴みづらかったけど、ヒト型駆除系?が現れてから、ぐんとテンションあがった。
ヒト型駆逐系の戦闘シーンは構図からアニメーションまでかっこよかったー!
賛否両論あるようだけど、含みのある終わり方も結構すき。

それにしても、タエタエタエタエ呼びすぎじゃない?男ならシャキッとしろよ。

PPI制作なら、シドニアのモデルの素体を使い回してるのかな。怪獣惑星ゴジラも同じモデル使い回してそう。
亜人観た時はなんじゃこりゃ…と思ったけど、アニメCGも違和感すっかり少なくなってて感動した。
インターン生も参加してるのか、カットによって、アニメーターの上手い下手が一目瞭然だったのは心が痛い。反面教師で。
終わり方がスッキリしなかったけど、それ以外はとてもよい。映画ではなく、もっと長い尺で見たかったかもしれない
maak

maakの感想・評価

4.3
重力子放射線射出装置の音と映像
シドニアも良い
人形の国も面白い
>|