ダウンサイズのネタバレレビュー・内容・結末

「ダウンサイズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

妻が抜け駆けするところまでは面白かった
後半は小さくなったという設定を忘れ、何の映画なのかわからなくなった
ホテルのVODで視聴
暇つぶしにはとても良かったかもしれない
メッセージ性もそこまで強くなく、ほのかで、ときにリアルで惹きつけられた

映画を見てるなっていう映像感、街並みとか部屋の感じ?が良かった

最後は、ボーっと見てたためか、
なんだ?終わった?って感じで
もう1回見直してしまった


その他
·他の映画やらドラマだと、だいたい小さくなった人の声の設定が高くて早送りみたいな声になるが、ならなかった
「小さくなった人の声まで変えなくていい」と願ってたことが叶った感もあったが、「声が高い方がリアルで実はしっくりくるのかも」と、堂々巡りの思考に陥った
·このあとに人生2度目の『T2』を観たがバツグンに面白かった
想像してた話より結構真面目な話

ダウンサイズしたから出来たことがもう少しあったのではないかと思った

サイズダウンしたことにより得たものが少ない
アバターの人間より巨大化した生物と反対で食料や人口や不燃ゴミの削減など環境問題からわざわざ歯を抜き変えたり毛を全剃りしたりと過程を踏まえてミニチュアサイズなる発想は面白かったが、
後半の慈善活動を通して自分の居場所を見つけるのではなく、残された時間の大切さを感じたポールで終わっていてコメディでもないしかといってシリアスな深みを感じるわけでもなく、とても微妙なエンディングでいまいち伝えたいことがわからなかった。
この設定コメディに7割振って3割ヒューマンドラマ風にしたらよかったのになぁと思う、とにかく何から何まで惜しい
小さくなって人間味を取り戻していくストーリー。
なんかもっとエンタメ性のある映画だと思っていたので、なんか腑に落ちない。
エンタメ性のある映画だと思ったのは多分、広告のせいかも。
割とポップだったし。
つまらなかったな。
小さくなるまでの方が割と話が飲み込めた。というかまだ楽しめた。

小さくなって何かショックがあると思ってたがまさか離婚だとは思わなかった。
大小の間で争いだったりする系のショックだと思ってた。
鑑賞した後にファミリーツリーの監督かぁ〜と納得😘

大きい人間に守られないと
生存できない小さい人間は結局は
本当に幸せにはなれてないし
いつになるかは分からないが
人類は滅ぶ存在なのかな😱

大きくても小さくても緩やかに
終末に向かう人類を描いた
シニカルSFコメディ😁

小さくなった人達のコミュニティが
自分達だけは自給自足可能な地下の
完全な施設で生き残ろうと
盛り上がる集会の場面で
小さくなった人達の希望のシンボルである
青年がSEXのやりすぎでエイズになっているであろうと思わせるシーンには
笑います😬

タイトルからわざと予想を外す内容と
善人も悪人も出てこないリアルな
脚本が非常に面白いです🤣
小さくなってそこに世界がまたできるってゆう設定が面白い。
リッチな生活をしたくて小さくなったわけやけど、結局はその世界でも貧富の差は変わらずあるわけで。
いろんな思いがある中、リッチでもない普通の暮らしをしながらボランティアで自分の知識生かした人助けをする選択を選んだ彼はすごく幸せそうにみえて、心がほっこりした。
「体を縮小させて、小さな社会を作る」という設定は非常に興味深く、実際に小さくなるまでの過程はSFの様に楽しめました。

問題はここから先で、アクションやミステリーに展開しても面白そうな題材なのですが、本作が描くのは中年の危機を軸にした人間ドラマ。
この辺は、流石にアレクサンダー・ペイン監督らしい題材ですね。

物質主義的で退廃的なセレブの世界よりも、貧しい人達を助けて周る主人公の姿の方が、やっぱり生き生きとしている様に見えたし、最終的に自分自身を受け入れるという結末も良かったと思います。

あとは、隣人役で登場するクリストフ・ヴァルツが印象的でした。
シニカルで享楽的な食えない男をやらせたら、この人の右に出る者はいません。
画面上にいるだけで強烈な存在感を放つというか、船上で1人だけニヤニヤしてるシーンは笑ったな~。
意地悪な事も言うけど、基本的には主人公を暖かい目で見守る、良いおじさんでしたね。

個人的には、普通サイズの人間達に保護される事を前提にした社会って、不安でしかないし、もし彼らが裏切ったり、見放したらどうすんの?という事が一番気になりました。笑
小さくなって以降は、普通サイズの人間との絡みが減ってしまうのも残念な部分だし、タイトルやポスターから、明るく楽しい作品を期待すると肩透かしを食らうかもしれません。

良くも悪くも、アレクサンダー・ペイン監督らしい作品ですし、地味と言えば地味かもしれませんが、じんわりと響く人間ドラマを私は楽しませて頂きました。
ミニサイズになる必要があるのかなと思った。
マット・デイモンの良さも出てない。

小さくなったところで環境問題は変わらないと思うし小さいこと自体が幸せではない気がする。
小さくなったことでマイナスな部分もあると思うし。

ダウンサイズをテーマにするなら違うストーリーのほうが見やすいかも。

唯一言うなら
小さな世界でも貧富の差が激しい。
ポールは差別せずそこに入り込んで普賢菩薩に励むというのは良いかなと思った。
人間の真意を問うような場面だなと感じた。
欲の本能で動くのか、心で対話し動くのか
設定が生きてないような、話がどこに昇華したいか分からなかった笑
コメディなのかSFなのか、はたまた社会問題も取りあげてるような‥まぁまとまりが無い感じでした。
>|