ダウンサイズのネタバレレビュー・内容・結末

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

環境問題に対する術がまさかのダウンサイズ。人間をミニチュアサイズにして、毎年の排出するゴミの量削減や諸々消費量、普通サイズの人間より小さいから出費も抑えられると。こんな方法があったのかってびっくり(笑)
そんな世界の中、主人公とその妻も意を決して小さく...と思いきや妻に裏切られてしまい自分だけダウンサイズ..
そこから新たな人生を歩んでく感じ。

最初演出で人生初小さくなるって時に緊張感とかあって、なんか一種のホラー映画なんじゃないかってうたがったけど、だんだんコメディーや人情溢れる感じになってきてて、最終的には余韻に残された感じでいい映画だったと思う。

後半のちょっと哲学的な部分よき。

でもたしかに小さくなった意味はあんまり分からなかった。
小さくなってそのままストーリーが続くとは思わなかった👀
結局元に戻る方法を探すのかなって、思ってたからそこが意外。
小さいなりの苦労ってもっとある気がするけど最後のまとまりは好みだった
小ちゃくなって人生を再スタートするSF的な面白さは最初だけ。

マッドデイモン扮する主人公が新たなコミュニティで様々な刺激を受けて自分のアイデンティティを再構築していくヒューマンドラマに仕上がっていました

ホン チョウが演じた可愛らしくも強い女性がぴったりですね‼️
予想できない展開を見せる物語。
ただ「人間小さくしたよ!」っていう設定を全然活かしてない。
人間が小さくなった時に生じる問題をSF的に、コメディ的でも良い、突き詰めれば面白い映画になり得たのに、宗教的でカルト的で自己啓発的な物語になっていた。
せっかく小さくした意味が無い。
時折話に出てくるだけ。
設定を無駄遣いしたせいでこういう映画を当分作れないんだろうなという事ももったいない。
吹替レンタル鑑賞


平田さんだなぁってにやにやしてしまった。



ダウンサイズという技術が凄いけど、もしも小さくなれたら自分はどうするかな...?

今の資産で遊んで暮らせるとしたら、リスクを飲んでダウンサイズするかな?
っていうのは考えたよね。
いざ直面した時どうするのかな。


水を差した酔っ払いのおじさんの主張する、払ってる税も少ないんだ、同じ権利があると思うか?
それについいては議論がし尽くされては無い印象


ダウンサイズしてからは、ほぼ普通のヒューマンストーリーかな?
ノアの箱舟的な思想とか若干感じたけど、そういう思想を深掘りはしてない感じがするな


人間の細胞の圧縮化だから、歯の詰め物が残っていたら、死んじゃうとか恐...

ダウンサイズする過程の手続きというか、処理が淡々としていくのが工場みたいだったなぁ(笑)


一輪の薔薇が凄く大きくて、ダウンサイズなんだなぁって、所々小さくなっているっていう設定思い出す感じだったかな
優柔不断な優男


人口増加に伴い増えすぎた人口をどうにかすべくノルウェーの科学者によって開発されたのが人間の身体を縮小する方法であった。それにより身長180センチなら13センチにまで小さくなることが可能になり、人口増加による環境、居住スペース・社会資源の確保、有害なゴミは排出量の最小化、食料問題を解決する「人類縮小200年計画」が立ち上がる。一度小さくなれば二度と戻ることはできないが、それでも各国で小さくなること(ダウンサイズ)を選ぶ人々が徐々に増えていく。
主人公ポールもまた、少しの蓄えでも裕福で幸せな生活が遅れるという縮小された世界に希望を抱き、ダウンサイズを決意。
しかしその「ダウンサイズ」には国家機密の恐るべき事実が隠されていた、、

謳い文句に踊らされ、贅沢な暮らしを手に入れようと縮小化することを希望する人類は増加の一途を辿る。
しかしポールはある日、ダウンサイジングした人々らのための施設「レジャーランド」で生活する中で違和感を覚える。
「ダウンサイズ」を希望しない白人の医療従事者、レジャーランドで働く黒人の看護師達、旦那が人工股関節であるから人類縮小プロジェクトを拒まれたと言う「ダウンサイズ」の受付係の女性と、劣悪な環境の中、生活が困窮しているにも関わらずレジャーランドで生活する義足の女性。
そんな中ポールは「人類縮小200年計画」の元研究員だと言う隣人の男性、ドゥシャンと出会う。意気投合した二人はドゥシャンの家で飲み明かすことに。その中で驚きの真相が明らかに。ドゥシャンは、ダウンサイズ開発者である研究者とは親友であり、共にダウンサイジングの研究に勤しんでいたが、開発にあたり仲違いし研究所を辞めた。その開発者のノルウェーの研究家は機密機関から派遣された軍人であり、「人類縮小プロジェクト」=人類大量殺戮計画の第一人者であったというのである。この計画は地上の人間を縮小化し、居住地であるレジャーランドに移住させたのち、政府がそのレジャーランドに〝大人間〟のための巨大ダムを建設し、大量殺戮を払拭するという計画であった。
ポールとドゥシャンは殺戮計画を阻止するため立ち向かう、、



とかいう展開だったら最高に盛り上がった
コメディかと思ってレンタル。
最初はコメディっぽいのかな?
って感じだけど、
最後らへんは、もう分かんない。

途中からつまんなくて
集中力無かった。
コメディではなく社会派なのね!
ちょうどヘルシンキとコペンハーゲンに向かう時だったから、あ、北欧♩ってなった。
もしも人類が人の身体を縮小できる夢の技術を手に入れたなら?
コメデイ枠になっている今作品だが中身は到って真面目に丁寧に作られた人類が抱える本質的な問題をテーマにした作品である
一人の男の目線から見えてくる人生や将来への漠然とした不安感や人間社会における地球規模のマクロな問題から身近なコミュニティ内でのミクロな問題と様々な視点からじっくりと描かれている

初めは夢の技術により人類が抱える多くの問題が解決し、小さくなったミニチュアの様な新たな世界は理想郷の様である
しかし、壁で囲まれたそんな新たな世界にも貧富の差は生まれ壁の外にはみ出たところにトレーラーの中の巨大な貧民街が存在する、地球上からテロや争い非合法な犯罪も無くならない
人間は結局のところどこまでいっても本質的に変わらないのである

小さくなって妻と別れ、金も時間ももて甘し新たな人生に生きる意味を見出だせない主人公は貧民街に住むベトナム人女性と出会い貧しい人々の手助けをするようになる
そこから物語が進みだし、主人公の目を通して色々な人間との出会いや問題を目の当たりにするようになる
終盤主人公はノルウェーに行き最初に小さくなった科学者たちが平和に細々と生活する集落を捨て人類滅亡の危機に供え山の中の巨大なシェルターに籠る場面に立ち会う
一時は自分もシェルターに入ることを選択をするが寸でで元の世界で生きることを選ぶ

そして再びベトナム人女性とともに貧民街の人々を助けながら生きる道を選択し物語は終わる


この映画は人生における「選択」を考えさせる
そして分かりやすいハッピーエンドでもバッドエンドでもないラストからこのの人生はまだ道半ばであり彼の人生がハッピーエンドで終わるかどうかを敢えて回避している
人生とは選択の連続であり将来のことはなにも分からない、そして立ち止まってふと振り返ってみて初めて自分の選択した道が見えてくるのである
それを象徴するようなシーンが沢山あった

小さくなる手術を前に不安そうに自分を見送る廊下の先の妻
シェルターに入る前に見る最後の夕陽
シェルター内の長いトンネルと今閉まろうとする入り口
船尾から見るノルウェーの集落跡
そしてラストの貧民街で自分が手渡した食事を一人食べる老人の姿

主人公は大きな不自由のない生活から一時は豪邸に住む金持ちになる、そしてラスト。生活面では明らかにダウングレードしているだろう、しかし彼のには人類が滅亡するかもしれない漠然としたマクロな問題への悲観よりも、目の前の老人からささやかな感謝の言葉を聞くことに人生の意味を見いだし、小さな希望を感じられる。「振り返って自分の選択を見つめている」のである


小さくなった人間の奇想天外なドタバタ喜劇ではなく
あくまでも「小さくなる技術」を手に入れた人類の選択、それぞれの人々の選択、主人公の人生の選択、そう言ったテーマで語られる人間ドラマでした

科学的な検証やリアリティよりもひとつひとつのシーンや過程をしっかりと丁寧に描いているところが良かった
>|