ダウンサイズのネタバレレビュー・内容・結末

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

○コメディ映画かと思えば、それはマット・デイモンが奥さんから裏切られるシーンまで。

○中盤以降はダウンサイズした意味はどこへやら状態。さすがに話が行方不明。

○ダウンサイズする辺りまでは、その生活への想像が色々掻き立てられる。金がかからないことを売りにしていたが、ダウンサイズすることで金がかかる物事もあるよなとも。
後半よりも、
前半の小さくなることへの葛藤とか、
奥さんとの離婚あたりのドラマがおもしろかった。

小さくなって冒険!ではなく、内容は社会問題。食料や土地、ゴミなど。意外な切り口でアリかなと思ったけれど、、、

で?映画で伝えたかったことってなんだっけってなる映画。
え、なんでみんなこんな評価低いの?!笑
ノルウェーでフィヨルド見てきたから、フィヨルド観光シーンはすでに懐かしかった。

マットデイモンがお腹デブらせた中年…そこはちょっと悲しいけど、奥さんに裏切られて、「わたしやっぱり小さくなれない!」とかひどすぎる経験も乗り越えて、小さくなってからなりに人生を楽しもうとする…

ベトナム人との関わりも良かった。
ヒスパニック系=貧乏みたいな図式はやっぱりあるのかなと思った。
ある種のステレオタイプなのかもしれないけど、楽しそうな世界にも貧困はある。
金持ちもいれば、使用人もいる。
洋画って絶対に恋愛要素絡めてくるよね。
ただ体を小さくした男の話じゃダメだったのかな??
途中から、体のサイズ全然関係なくなっちゃったよ!!って何度ツッコミをいれたか。
ただの中年男性の恋愛映画?
小さくなっても大変だった!とかいうコメディ風味な映画かと思ったら、小さいコミュニテイでも楽園でなく格差が、という話に方向転換かと思ったら、人類滅亡に立ち向かうという話に着地、、、せずに周りの人を大切にするという、欲張りすぎてまとまりのない内容になってしまっていました。
逡巡の科学...
人間縮小に伴ってSFの醍醐味である「センス・オブ・ワンダー」の「ワンダー」も小さくなり、拡大率があまり活きてこない映画になってゆく。
が、そのスケールの中で発見する「ワンダー」がある。
予測だにせぬ方向から語られるドラマで、とても面白かった。

一部に「小さくならなくても成り立つ話」という論を見るけれど自分はそう思わない。
チャンスを掴み損なっている平凡な男が、ニュースのトピックで扱われる人々と遭遇することになるのは、おそらく世間も縮小したからなのだろう。
上の階のパーティーがヨーロッパと繋がり、その後片付けをする掃除人は必要とされている場所へと誘う...
この社会であれば、こんな巡りあわせは、あると思います。
まだ一回しか見ていないけれど、筋立てに破綻はほぼ無いのではないか?

最後主人公が至る選択と心境に「そんなの当たり前じゃん」と思う。
だよなー
力を持つ者が身勝手に幸福の主軸をすり替えるこの時代に「そのままでいいよ」なんて心にグっとくるものがあった。
思っていた内容とは違ってて、小さくなることについてはすぐにそれが普通のストーリーになり、後半はいきなり世界滅亡の話になったり一人の男の人生の話になったり、コロコロ話が変わるので正直なんだこの映画ってなりました (^-^;

マットデイモン好きな私でもこの作品はオススメはできない…。

最後の飛行機のシーンで女の人が言った言葉がよかったです!私的に…!!
201870
みなさんの言う通り設定はとってもわくわくしたけれど、、、という印象
縮小化ならではのストーリー展開があればなあ。ノアの箱舟的要素いらなかったなあを
予告編見た時に設定が興味深いと思った!

人が小さくなってどうなるのか?
小さくならない人たちと上手くやっていけるのか?
どうなるんだろうとエンディングに期待したが
落としどころが残念
神戸国際松竹にて。
テレビCMや予告編を見てたので、もっとポップで笑える感じかと思っていたら、わりあいにシリアスだった。
ダウンサイジングされた世界でも貧困はなくならず病に伏す人もいて…と胸に訴えかけられるシーンもあった。
主人公の人柄が憎めない。あとアジア人の女性とくっつくなど、自分にとってのSFっぽさがなんとなく感じられる作品だった。
>|