ダウンサイズの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

何を伝えたいのかよくわからない映画だった。吹き替えで見たからなおさら感情移入できず。
ayaboo

ayabooの感想・評価

3.0
奥さんにも見放されたマッドデイモン扮する主人公が小さくなって生活を楽しむ映画なんだけど…
個人的には小さくなっちゃった感がもっと映像として見たかったな。
リアルな大きさとの対比は冒頭の数十分だけで、あとは小さくなった人たちと生活してるから特にダウンサイズした面白さは感じられなかった。
おまけにストーリーも微妙で終わり方も微妙。
DVDレンタル前の動画配信サービスで見たけど、映画館で見なくてよかったな。いやレンタルで充分かな。いや地上波待ってもいいかな。いや待てよ地上波でやるかな…レベル。深夜の地上波待ちでもいいかもと思った。
個人的な感想ですけど。。
DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

3.6
ダウンサイジングとか絶対嫌だよね。
100%やらないよ。
夢の世界のはずなのに格差も貧困も無くなってないし結局環境問題だって皆が小さくならなきゃ改善されないし。
何の為にダウンサイズしたのか。
定番のSF映画のストーリーテリングにならないのが面白い!
けど、それが商業的失敗に!
別の世界だったら自分はうまくやれる!とか考えてる人はいつまで経ってもクズなままだね!
初めの45分くらいは楽しめた。、あとはよくわからん。ストーリーが中途半端にまとまりがなくて、
人口が増えすぎた近未来の地球。この問題を解決するために発案されたのは人類のサイズを縮小化する計画だった…

『オデッセイ』『ボーン』シリーズの
!!マッド・デイモン!!
主演の社会派ドラマ。
監督は『ファミリーツリー』の
!!アレクサンダー・ペイン!!
新作だったので一応鑑賞。


「あれは何のファック?」


てっきり小さくなった人間社会と大きいままの人間社会との対比を描くブラックコメディかと思いきや、
監督が監督なだけあって意外としっかり作られた社会派ドラマ。
人類が縮小化を発見するまでの経緯、縮小する方法、縮小後の社会情勢…
前半の丁寧な説明描写がしっかり作られていて面白く、後半の展開に期待が出来た。
しかし一方で後半は貧困層女性との恋愛と世界滅亡論の主張が強くて好きになれなかった…
あのままブラックコメディ調に縮小後の一般社会を描いていた方が絶対面白かったろうに、
欲張って監督の伝えたいメッセージを詰め込みすぎたかしら…?

ただキャストはしっかりしている。
主演のジミー大西、じゃなくてマッドは安定の幸薄キャラ。
何をやっても中途半端で上手くいかない中年が上手くなりました…嬉しいような悲しいような。
そして個人的超推しメン、
クリストフヴァルツ!!
相変わらずその堪能な語学力を使って欧州訛りの英語を使うチャラ中年を好演!
いやぁ~本当に芸達者だヴァルツは…。
ベトナム人家政婦役のホンチャウが最初クッソウザイアジア人だったのに、
ちょっとずつ美人に見えてくるのが不思議でございました。
あとジェイソンサダイキス、ローラダーン、クリスティンウィグが良かったです。

まぁ少し小難しく作りすぎたのでしょう。
資産が何十倍になるらしいので全然僕は賛成派です(笑)
ちっちゃくなる世界観や設定の面白さは完全に『アントマン』に負けてます。

ブラックコメディ好き、マッドデイモンのファン、そして小さくなったジミー大西を見たい方にはオススメの作品。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.0
地球の人口は増加の一途、資源は枯れゆき処分できないゴミはどんどん増えていく。破滅の道をたどる世界の打開策として、人間を含む動物を「ダウンサイズ」してしまう技術が発明され、一般人も利用できるよう公開された。小さくなった彼らは「レジャーランド」と呼ばれる「小さい人」の世界で暮らす。レジャーランドでは全てが小さいもので賄えるため家屋や宝石類などゴージャスなものがとても安く手に入り、小さい人は優雅に暮らすことができる。当然、必要な資源も排出するゴミも小さく済むため、現代人が地球環境へ及ぼしている悪影響をストレスなく縮めることができる。そんな暮らしを手に入れるべくダウンサイジングに挑んだ男のストーリー。実用性があり遠い将来に叶いそうな星新一的設定で興味深かった。ストーリーの軸がぶれちゃうのが残念。

主人公がマット・デイモンなので、もしやまた異世界に置き去りにされるのでは?と思っていたらやっぱり置き去りにされたよ。
Yossi

Yossiの感想・評価

1.8
何これ。
作品としての方向性が全くわからん。
途中からは小さい世界にいるのかどうかもよくわからんカメラワーク。
駄作中の駄作
Yuumi

Yuumiの感想・評価

2.9
中途半端に期待を裏切られた。面白いところは面白く、つまらないところはつまらない。始めはユニークな設定を楽しんでいたけど、カルト的要素がチラついた途端、全体的にストーリーがふわふわしているように見えて残念だった。せめてカメラワークだけでも工夫していたら、もっと「小さな世界」を堪能できたのではないかと思う。設定の無駄遣い。
サイズダウンしたら、そのワールドの中では生きれても、外の世界は全て大きくて脅威しかない。普通サイズの人がいるから成り立つシルバニアファミリー世界ですよね。ものの見方が一つしかない新興宗教のようで怖い。
マット・デイモン、役だろうけど、ただのいい人で魅力なかった。
>|