ダウンサイズの作品情報・感想・評価

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

見逃してて、機内エンターテインメントで。

そもそもの設定として、小人と巨人の関係になる点に最後まで馴染めず、居心地悪さがずつとつきまとった。

それ抜きで考えて、新世界への移住と、そのコミュニティでの生活の明暗、そして終末観みたいなところは、やりたかったことが、わからなくはないけど、ヘンな話を作ったなぁ(笑)というのが正直な感想。
KOUTA

KOUTAの感想・評価

1.3
先週かな?見たんだけど、もう覚えてない。

http://ko-tachannel.hatenablog.com/entry/2018/07/08/180000
新しい惑星探すよりこっちの方が早いかも。発想も脚本も俳優もいいのになぜ盛り上がらない。教えて
はる

はるの感想・評価

2.8
題材が面白そうなので借りて見た作品。
個人的には、期待はずれで、思ったより平坦な映画だった。
本作はヒューマンドラマだろうが、結局、環境問題を伝えたかったのか、何が伝えたかったのかわからなかった。
Misa

Misaの感想・評価

3.2
思ってたのと違ったけど、ベトナムの女の人が良い味出してて面白かった!わりと深いことも言ってて良い勉強になるところがいくつかある。
nade

nadeの感想・評価

3.4
テクノロジーによってどう世界が変わるか、みたいなのはアントマン見たらよくて、この映画ではもっと隔絶された別世界をリアルな場でもう一個作るための装置として使われてる映画。新しい世界行くことを選んだ主人公だけど、その先でまた「以前の世界のように生きるのか」「生き方までも新しい世界にするのか」といった葛藤をミクロで身近な世界、マクロで正しさをもった世界の対立として描いてた。非日常的な装置を使って当たり前な価値観を再確認するみたいな意味では「レディプレイヤーワン」ぽさもありつつ、メッセージが陳腐に思えてしまったのは演出の課題かもなーと思ってしまった。
胡蝶

胡蝶の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ちっさくなった世界で待ち受けるドタバタコメディーかと思って観たら、結構重い内容で最終的にはカルトも入り混じりどんどんズレていって怖い話になっていった。

人間って怖い。それにしても奥さんが酷すぎる。強制されてたわけでもないのに旦那の幸せのために我慢してたけど無理だったって、ドタキャンはない。

このレビューはネタバレを含みます

 人間が小さくできる技術のある世界で主人公も小さくなってそこで生活する話。

 前半は主人公が小さくなるまでを描いていて、そこで会社として成り立っている世界を丹念に描いていくのは面白かったです。体毛を剃って歯を治療して全裸になってというんを流れ作業で見せていくのとかよかったです。

 ただ小さくなってからの中盤から小さくなった人たちだけの世界になってしまって、ほとんど小さくなったことがあまり関係のない世界に見えてしまって退屈でした。その世界での格差や貧困なども描かれていきますが、別にダウンサイズの世界だからどうとかでもないように見えてしまうため、特に何も起きないまますぎていく130分といった印象でした。前半では人間が小さくなったことにより経済問題が起こったりしているのが描かれたりするのは面白かったのに後半ではあまり感じられなかったです。

 アレクサンダー・ペイン監督作品らしく人間とは? 幸福とは? みたいなことを描いてはいますが、後半に行くにつれて話がどんどんと広がっていって一体何の話だっけ? と見ていて風呂敷だけが広がっていってとっちらかったまま終わる映画で残念でした。
michinori

michinoriの感想・評価

2.5
13センチ位まで小さくなる…って今までに無い斬新なアイデアだったんで、この内容だけで、鑑賞開始。
コメディーか、ドタバタ劇か、と思いながら観たが、どうも違う様子。人生ドラマか…⁈
結局大きい、いわゆる通常の世界と、小さい世界の違いや、それによって得るもの失うもの、伝えたい、訴えたい、大切なこと的な事が余り分からないまま鑑賞終了。
名脇役な俳優さんも出てますが、活かしきれてない感じも…
面白い題材なんで、主眼を変えたら、もっと良くなるのかも⁇しれない。
タニ

タニの感想・評価

2.0
なんか長そうなので1.5倍速で鑑賞。コメディかと思えばやたら説経くさく、宗教くさく、主人公の行動はよくわからず、事件は起きず、イヤイヤ何が言いたいねんこの映画は。小さくなって、猫や犬に追われてワーワー言うのをみたいんですよこっちは。1.5倍で見てもだるかったので、普通に見てたらマット・デイモンがパーティで酩酊してる当たりで寝てると思う。クリストフ・ヴァルツが「カルトだ」っていう台詞があるけどまさにそんな感じ。全く好みじゃなかったです。
>|