ダウンサイズの作品情報・感想・評価

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

まゆか

まゆかの感想・評価

3.2
思ったよりファンタジーじゃ無かった

環境について考えさせられる映画だったね
えりか

えりかの感想・評価

3.0
コメディと見せかけて格差社会や環境問題に踏み込み映画だった。
コメディ要素はそれはそれで面白いし、ホンチャウ出てきてからもそれはそれでよかったけど、思ってたのと違うw
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

3.8
ミクロアドベンチャー
みたいな映画じゃないです。

人間ドラマであり環境問題や食料難、貧困などを取り上げた映画です。

ただ足らない。

含みのあるラストはあと15分かけて説明じみていいからやってくれ!
ShoIshii

ShoIshiiの感想・評価

2.5
映画館で見なくてよかったっていうのが正直な意見。
何も考えなくていいコメディーと思っていたら社会問題について考えさせられる作品。
haluca

halucaの感想・評価

3.0
コメディと見せかけてコメディではないと身構えて鑑賞。

前半のダウンサイズする過程とか、クラッカーのシーンとか、奥さんの眉毛が半分ないところまでは面白かったけど、確かにそれ以降は全然コメディじゃなかった。もっとクリステン・ウィグが見たかった!
そして普通サイズの世界との対比も無くなって、全然ダウンサイズ感がなかった(;´Д`)

でも個人的には飽きずに最後まで見れた。
コメディではないとは言え、ポールとノク・ランの掛け合いが面白かった。特に8つのf*ckについてw機内鑑賞で日本語字幕がなかったから、DVDが出たらあの早口のシーンをどう字幕に訳したのか勉強したいw
そしてノク・ラン以外の人は恐らくリッチな生活を求めてダウンサイズしたはずなのに、やっぱりここにも貧富の差があるのか・・と考えさせられた。(なんでそうなってしまったのかは謎だけど)

終盤、ノルウェーに行ったシーンでよく分からなくなったけど、どこにいようと、どんなサイズだろうと、何か大それたことをしなくても等身大の自分でいればいい、ということなのか?
ダウンサイズ
人間を1/14にする技術が発見され、マット・デイモン扮するポールが夫婦でダウンサイズされた世界に希望を抱くところから展開します。普通サイズの人とどう絡んでいくのかとか、小さくなってこんないい事があるとか、小さくなったはいいがこんな落とし穴があったとか、もっと掘り下げていく展開かと思っていました。内容が悪いという訳ではないんですが途中から普通過ぎて、小さくなっているのを忘れてしまうほどでしたね〜。いきなり奥さんが"やっぱやーめた"には流石に笑ってしまいました。期待して入口に入ったら、全然違う出口に出てしまった感じでとてもとても残念。マット・デイモンのスキンヘットはめちゃくちゃ怖かったですけど😅😅。
SunnyBunny

SunnyBunnyの感想・評価

3.2
発想、考え方が面白い‼
そしてからだのサイズが小さくなっても人間社会のピラミッド形の様子は変わらないってのがほろ苦い。
ただ話の結末をもうちょっと細かくでとたらいいなあ、と。あと片足膝下を欠損したアジア人女性との恋。これはどう解けばいいのかな。
Rie

Rieの感想・評価

3.2
アイデアは面白いけど、設定が甘いような。
元の大きさの人間がいなくなったら小さくなれなくない?とか、働かなくていい人ばかりが小さくなったら、誰がお店でサービスするの?とか、色々気になってしまった。

しかも、途中から話が変な方向に進んでいって、終わってみれば何だこれ?って感じの内容。
わたし

わたしの感想・評価

4.0
南アフリカから帰る機内で。最初は軽いコメディだと思って見始めると、なんとめちゃ重いストーリー。自分に置き換えると、不可逆な状況で妻に裏切られる絶望感がまずやばい。あとは、自分にとっての「やりがい」って何か?影響力を大事にするか?身近な人を幸せにするべきか?自分の決断が自分の人生を決めるんだなあと思いました。
記録
劇中の台詞でもあったけど、ちょっとカルトっぽい作風でした。
葛藤とか人口問題など丁寧に描いている部分と間延びしたトランス表現 バランスはイマイチに感じました。
昨日、今日とマット・デイモン主演作を見たけど、だらしない役ばかりでした。ボーンが懐かしい。
>|