ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.8
これを感動と呼ばずして何を感動と呼ぶのか。

レスリングの国内チャンピオンになった男は、生活のために競技を辞め、我が息子に国際チャンピオンの夢を託す事に。
しかし、授かった子どもは娘ばかり4人。
託す夢を諦めかけていた男だったが、ある日上の2人の娘が村の男の子2人をボコボコにしたのを見て、娘たちに格闘センスを見出した。娘たちに夢を託す時が来た…

ここまでの今年1番の映画が来てしまった。これはめちゃくちゃ面白い。
まさかのインド映画、まさかのインドディズニー製作である。しかも女子レスリングものである。
スポーツものというのはこういうものだという超正統派のド直球スポ根父子鷹。
私はスポーツ漫画が大好きなんだけど、あだち充やスラムダンクみたいに最終戦をサラっと流すスカすやり方も嫌いじゃないが、真正面から向き合って描ききる豪腕の作風がさらに好きだ。この作品はまさにど真ん中。
子ども時代、選手になってから、父からの巣立ち、選手としてのスタートからゴールまで見事にやりきっている。
正直2時間を超える映画に対してあまり肯定的ではない自分でも、本作は短く思えるくらいだった。
選手である娘がポイントを奪った瞬間思わず拳を握りしめ、ポイントを奪われた時落胆し、ラストシーンで右頬に涙がつたったとき、ああいい映画だったと思った。
今の日本の女子レスリングの現状を思い起こしてしまうシーンもあるけれど、素晴らしい映画です。

追記:試写室で待っている30分間テーマソングを聞き続けた結果、頭からダンガルダンガルが離れなくなりました。
Hal

Halの感想・評価

3.3
インドの男尊女卑、絶対的父親の地位。
実話に基づくスポーツ根性物語。
最後はやはり泣ける。
DEN

DENの感想・評価

4.8
嬉し泣き
フィルマークスのインド映画の評価が高いことから、「PK」を観て良かった。関連でこちらの映画も観ました。
正直な感想は、ちょっと長かったかなって感じた💦PKの方がひねりがあり、伏線があって楽しめたが、こちらのダンガルは実話ということもあるので、ただスポーツ家族の人生を一から観ている感覚がした。もっとコンパクトに凝縮すればもっとメリハリがある演出が活かせたのでは…と思った。
インド映画全般に言えること…基本長編なので観るときはある程度覚悟はしといた方が良いかもしれない。
のの

ののの感想・評価

4.1
インド中の女性に勇気やパワーを与えた親子の話だった。
強くすることで、すぐ結婚して子ども産むだけじゃない、人生を送らせた。厳しいお父さんだけど、娘のためだけを想っている姿に本当感動。

インド映画って社会的背景が違うからか、毎回メッセージ性が強いなって感じる。
YUI

YUIの感想・評価

3.7
いや~すごいな。
最初はこのお父さんひどいなって思いながら観てた。
でも観てる内に、あ~素敵なお父さんだなって見方が変わった。

インドについては詳しく知らないけど、女性は生きにくそう‥
その中でこんな風にレスリング選手になれた娘たちは幸せなんだろうね。

最後は映画じゃなくて、スポーツ観てるみたいな感じだった。
声出して応援したいくらいに。
帆

帆の感想・評価

5.0
スポ根。家族の絆。ジェンダー。

どの一瞬を切り取っても「もう一回見たい」と思わせる力強さがあった。

レスリングのシーンは呼吸するのを忘れるくらい臨場感たっぷり。2時間20分があっという間に感じられた。

『きっとうまくいく』や『PK』よりも、インド映画特有の歌って踊る要素はかなり薄くて見やすいかも。
Negima

Negimaの感想・評価

4.0
アーミル・カーンは裏切らない。
彼の出る映画は基本的に面白いんだよ〜。
インド映画といえば歌と踊りだが、本作にはそれがない、というか挿入歌レベルである。映画として洗練されて来ているのだと思うが、それが少し寂しい…。
初めてインド映画を見る人でも違和感なく見れるのではなかろうか。
実話を基にしたスポ根映画。映画を観たあと、実際の試合模様をyoutubeで検索した人も少なくないだろう。
ただのスポーツ映画と思っていたら、インドの女性権利向上をメッセージとしていたなかなか社会派。だからと言って、政治くさいわけでもなく、映画としてはとてもまとまっているし、試合のシーンでは本当に手に汗握るほどの迫力。たいへんいい映画であった。個人的にはオススメです。
アーミルカーンの凄さが際立つ作品でした。
体脂肪が9%→38%→9%ですって。そんな中レスリングの練習をやってたんですから。膝壊すでしょうよ。50歳overですよ。
最初に彼が登場して、ムキムキの身体を披露します。その後から物語の中でそこから十数年経った彼の姿が映し出されるのですが.......私、てっきりボディースーツを着込んでるのかと思ってしまいう程ふくよかな恰幅で。しかしながら、彼が上半身裸になるシーンで仰天。なんということでしょう!!お腹にお肉があるではありませんか!!!メイキングを観ても思うことなんですが、この人、リアリティの鬼ですわ。何回も巻き戻して彼の裸を鑑賞しましたもん。何が嬉しくて男の裸を何回も観なければいけないのか.....┐(´д`)┌笑
この作品観たあとに「きっと、うまくいく」観た人は愕然とするでしょうね。

物語の感想としましては....
凄くいいお話でした!これが実話なのだから本当に驚愕してしまいますよね。
正直、前半戦は親の勝手に付き合わされる子供たちという構図にイライラしてしまいました。長いし(笑)。
でも、後半戦に突入していくうちに前半の展開も必要な描写だったんだなと、感じられるようになっていきました。
何よりレスリングの試合の迫力感も物語に説得力も持たせてくれる良いものでした。実際にレスリングをした事ない私だからこそなのかもしれませんが。それらの点で全く妥協しなかった役者さんの迸る魂を垣間見た気がします。

ただ、余りにもハードルを上げすぎてしまっていた私の罪ですね。それを超えてくることはなかったかなぁと。考えてみたら、「あのシーン必要??」みたいな所もちらほら。
あと、邦題あまりにもナンセンス。これはひどい。説明過多。

そんなこんな言っておいて、このスコアなんですけどね(笑)
とま

とまの感想・評価

4.5
アーミル・カーンの映画はどれもいい映画です。
インド映画だから、必ず歌が入るんだけど、この映画は気にならなかったなー。
アミールの肉体改造がすごかったw

一見、単なるサクセスストーリーに見えるけど、親娘の揺るぎない信頼と愛情だけでなく、インドが抱えている社会問題も提起している。
かつての日本もそうだったように、根強い男尊女卑がまだインドには残っていた時代。
女子は家の手伝い、ある程度育つと10代で親が選んだ男性と結婚させられる。
流石に今は、女性も社会進出しているけど、田舎の方ではまだその習慣が残っているようだし、それが原因で犯罪が起きニュースになっている。
女性の権利は守られるべきだし、自ら強く生きる選択をすべきだと思う。
ギータやバビータが女性たちに勇気を与えた。
彼女たちのような強い女性が、1人でも増えることを願う。

最初は父親の勝手な夢を娘たちに押し付けた感じだったけど、その教えは彼女たちを金メダルに導いてくれた。
親は子供の人生の指導者なんだなと思いました。
子育てって、やっぱ重要ですね。
>|