ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.8
これを感動と呼ばずして何を感動と呼ぶのか。

レスリングの国内チャンピオンになった男は、生活のために競技を辞め、我が息子に国際チャンピオンの夢を託す事に。
しかし、授かった子どもは娘ばかり4人。
託す夢を諦めかけていた男だったが、ある日上の2人の娘が村の男の子2人をボコボコにしたのを見て、娘たちに格闘センスを見出した。娘たちに夢を託す時が来た…

ここまでの今年1番の映画が来てしまった。これはめちゃくちゃ面白い。
まさかのインド映画、まさかのインドディズニー製作である。しかも女子レスリングものである。
スポーツものというのはこういうものだという超正統派のド直球スポ根父子鷹。
私はスポーツ漫画が大好きなんだけど、あだち充やスラムダンクみたいに最終戦をサラっと流すスカすやり方も嫌いじゃないが、真正面から向き合って描ききる豪腕の作風がさらに好きだ。この作品はまさにど真ん中。
子ども時代、選手になってから、父からの巣立ち、選手としてのスタートからゴールまで見事にやりきっている。
正直2時間を超える映画に対してあまり肯定的ではない自分でも、本作は短く思えるくらいだった。
選手である娘がポイントを奪った瞬間思わず拳を握りしめ、ポイントを奪われた時落胆し、ラストシーンで右頬に涙がつたったとき、ああいい映画だったと思った。
今の日本の女子レスリングの現状を思い起こしてしまうシーンもあるけれど、素晴らしい映画です。

追記:試写室で待っている30分間テーマソングを聞き続けた結果、頭からダンガルダンガルが離れなくなりました。
「頼むからパンフレット出してよ!!」

初めにこれから観る方は「コモンウェルスゲームズ」というのを調べておいてください。
ただ主人公とその姉妹は実在の人物なので下手をするとネタバレに繋がるのでお気を付けて。。。
私はその大会の存在を知らなかったので?のままでちょっと混乱でしたw
やっぱり日本人にはスポ根モノが肌に合う!
応援上映があっても良いと初めて肯定的なイメージを持った。
そしてさすが「巨人の星」を受け入れたインド。
でもトンデモ特訓や風変わりなライバルは登場しません。
インドの伝統鍛錬も織り交ぜつつしっかりレスリングトレーニングをガチで見せていきます。
夢を押し付ける父に反発しつつも受け入れる姉妹達やそれを見守る母親の絆と親子愛も描いた作品です。
個性がしっかり出ている姉妹の葛藤や挫折や葛藤を描いた成長譚です。
クシュティやレスリングの試合シーンなんてテンポよく臨場感満点なスポーツ作品です。
・・・・なんだろうねこの欲張り具合。
しかも踊りはないけどポイントポイントで心情を歌にしてしっかりインド映画なんだよ。
オマケに・・・・オマケじゃなくて根幹なんだけど、インドに根強く残る男尊女卑への抗議も描いた社会派的な面まである。
こう来るとストイック一辺倒になりがちなのをオムカルという主人公の甥っ子やご近所さんらがコメディ要員でキッチリ笑わかす!
これが1つも手を抜く事なく、しかも観客を楽しませる為に描ききっているから恐れ入る。
手を抜いていないから、序盤に簡単なルール説明もしてくれちゃって、それが伏線なんだからもうお手上げですよ。
姉妹も少女期、青年期とゴリゴリでトレーニングしてますし、主人公役のアーミル・カーンが加齢と共に体型を変えていく凄さ。
演出面も出演陣もしっかり噛み合って完璧な作品に仕上がっていますわ。
ただ・・ただ一つ惜しいなと思ったのは時代と階級からあの日本の最強な方々を避けては通れなかったはずなので、名前くらいは出して欲しかったなと・・・

追伸
邦題が最低ですね。
「きっと、うまくいく」に肖る必要ないだろうに。
そんな気を回すならパンフレットを出せと。
まあち

まあちの感想・評価

4.0
手に汗握る超絶スポ根映画

男尊女卑が色濃い時代ののインドで娘に短パン履かせてレスリングを教える父
アニマル浜口親子と違って、親子の間に笑いは一切ない

これ実話なのほんとすごい

最後は感動 親子の絆
だって制作会社ウォルトディズニーだもの笑
ダンガルにも家族愛めちゃめちゃ詰まってる

インド映画初めての人にも薦めやすいと思います!
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
感動した!元気もらった!
ボリウッド映画らしく賑やかで楽しいし、
レスリングのシーンの躍動感が素晴らしい!
女優さん4人は未経験のレスリングを猛特訓したとか。
すごいなー!
子役の子たちかわいいなーと思って観始めたけど、どんどん強くなっていくともうかっこいいのなんの。
アーミル・カーンの役作りのすごさにも驚愕。
この映画観終わったときにゃ、あの曲聴きながら体鍛えたくなってる自分がいた。
samiam

samiamの感想・評価

4.0
楽しめたー!
若い頃のお父さんも、歳とってからのお父さんも、子供の頃の娘達も、大人になってからの娘達も皆いい演技。
格闘シーンも凄い迫力。従兄もおかあさんも鶏屋さんもいい味出してた。
ストーリーもシンプルだけどとてもいい。幸せな気持ちにさせてくれる映画。
miko

mikoの感想・評価

4.1
子役の娘さん達が、可愛い過ぎてたまらなかったです!
あっという間の140分。
まだまだ終わって欲しくなかった。
レスリングで金メダルを🥇目指して戦う娘と父の物語。
レスリングをほとんど知らなかった私が鑑賞後にはレスリングの試合を見たいと思っている。
そうだ、映画には、知らない世界をファンにさせてくれる魔法の力があったんだ!
全く飽きさせない脚本と演出が素晴らしくて五感に染み入る!

最近世界を穿った見方しかできなかった自分が少し素直になれそう。
お父さん怖すぎ問題はおいといて、周りの声に振り回されず信念を貫き通す家族愛が素晴らしい!

メッセージ性も強くあって、まだまだ女性の地位が低い世の中に喝を入れてくれている。
女性の地位の問題については父のセリフで表現されていて、味方になってくれる男のひとがいるって心強いなど感じた。

インド映画の特徴的な歌やダンスは少なめだったように思う。でもやっぱりテンポは良くて、あっという間の140分だった。
mm

mmの感想・評価

4.5
すばらしすぎ…
個人的にお父さんがPKの印象強すぎて、真顔でも吹き出しそうになりました。
が、後半の試合のシーンとかもうそれどころじゃなかった。リアルすぎて手に汗握って、思わず息をのんでしまいました。
愛、挫折、努力、夢
いろんなステキ要素が詰まった素敵な映画でした!老若男女問わずぜひ!
>|