ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.8
これを感動と呼ばずして何を感動と呼ぶのか。

レスリングの国内チャンピオンになった男は、生活のために競技を辞め、我が息子に国際チャンピオンの夢を託す事に。
しかし、授かった子どもは娘ばかり4人。
託す夢を諦めかけていた男だったが、ある日上の2人の娘が村の男の子2人をボコボコにしたのを見て、娘たちに格闘センスを見出した。娘たちに夢を託す時が来た…

ここまでの今年1番の映画が来てしまった。これはめちゃくちゃ面白い。
まさかのインド映画、まさかのインドディズニー製作である。しかも女子レスリングものである。
スポーツものというのはこういうものだという超正統派のド直球スポ根父子鷹。
私はスポーツ漫画が大好きなんだけど、あだち充やスラムダンクみたいに最終戦をサラっと流すスカすやり方も嫌いじゃないが、真正面から向き合って描ききる豪腕の作風がさらに好きだ。この作品はまさにど真ん中。
子ども時代、選手になってから、父からの巣立ち、選手としてのスタートからゴールまで見事にやりきっている。
正直2時間を超える映画に対してあまり肯定的ではない自分でも、本作は短く思えるくらいだった。
選手である娘がポイントを奪った瞬間思わず拳を握りしめ、ポイントを奪われた時落胆し、ラストシーンで右頬に涙がつたったとき、ああいい映画だったと思った。
今の日本の女子レスリングの現状を思い起こしてしまうシーンもあるけれど、素晴らしい映画です。

追記:試写室で待っている30分間テーマソングを聞き続けた結果、頭からダンガルダンガルが離れなくなりました。
natsuki

natsukiの感想・評価

4.3
いやー、ようやく観れた。アーミルカーンはやはり裏切らない。最高のスポーツの物語であり、最高の親娘の物語だった。
インドにおける男尊女卑的風潮に屈せず大舞台まで上り詰めたギータの姿がめちゃくちゃカッコよくて、同じ女性としてとても勇気を貰った。さらには若い頃のムキムキマッチョから中年太りのだらしない体型まで見事に演じ分けたアーミルカーンはまさに恐るべし。最後のシーンは感動のあまり涙を流さずにいられなかった。
実話を基にしているところと、女性が差別に負けず活躍するという点で、昨年観たドリームに近いものがあった。本当にいいお話。
JUCA

JUCAの感想・評価

4.5
ダンガルダンガル!!
曲と共に、娘2人が毎日特訓するシーンと長女がレスリングにのめり込んでいくところが好き。たぶんめっちゃ笑顔で観てた。新しい環境で親からも解放されて全て自由になっても結局行き着くのは親の教えなんだなぁ。
映画なのに本物のレスリングの試合みてるようで緊張感がすごい!レスリングのルール知らなかったけど説明あるから楽しめたし、最終的には吉田沙保里スゴって思ってた(笑)そして何より、アーミルカーンの演技も体型変化もすごい。
日本でいう浜口親子を思い出します☺
成長する親と子の葛藤がレスリングを通じてうまく表現されていると思います☺
インド映画はやっぱり面白い!
音楽とストーリーとがステキ
ヨウタ

ヨウタの感想・評価

4.5
ボリウッド映画だけれど、過度な踊りや歌もなく、めちゃくちゃ感動するスポ根映画だった!
なにより、レスリングは観ててあれ程おもしろいとは!ルールにも驚いたけど! レスリングシーンの演出はとても良かった!!映画なのにまるでオリンピックをリアルタイムで観てるかのような、ガッツポーズをしてしまう!

ボリウッド映画は、必ずコーチの様な性根の腐った悪役がいるのと社会問題(今回は女性卑下)が描かれているのが特徴。
今回はコメディ要素は少なかったかなと思うけど、そんなこと気にならないくらい 迫力あるレスリングと父娘の絆が凄い!!!

普段は厳格でストイックなマハヴィルが電話のシーンで、涙するシーンは厳しい特訓をしてきた娘たちの過去と成長が素晴らしく描かれていたから泣けてきた。

アーミルカーンが父に似ているので余計な感情が入ってしまう。笑
だが、アーミルカーンの肉体改造は凄すぎた、、、。

ラストのダンガル!ダンガル!は思わずカラダが動く!!!
オヨヨ

オヨヨの感想・評価

3.5
インド映画って独特なイメージがあったけど、普通にスポ根だった。父はほとんど話さない。それが思いの強さを感じた。
ぺん

ぺんの感想・評価

4.0
アーミル・カーンはやっぱり凄い!若かりし頃のマッチョスタイルからポヨヨン腹の中年親父への変貌ぶりは目を見張ってしまう。

ジェンダー・社会批判的な要素やメッセージの入れ方が少々道徳的過ぎるけど、ディズニー配給だと思えばなるほどという感じ。

DVDを再生するために、アダルトな映画館を借り切るのは笑えた。こういうちょっとした場面で、国ごとの文化が見られるのが面白い。
レスリングシーンは大迫力で、熱気に押されてダンガルダンガル歌ってしまいました。
いもみ

いもみの感想・評価

3.6
はじめてのインド映画。
ギータが髭つけて踊ってるところ可愛くてとても好き。お父さんも好きだけど、なんだかんだでお鍋を持ってきてくれるお母さんも素敵だなと思った。
>|