ファイティング・ファミリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ファイティング・ファミリー」に投稿された感想・評価

Maiko

Maikoの感想・評価

3.9
素晴らしきサクセスストーリー。
フローレンスピューはこの時から最高。
そしてポスターでは存在感あるロック様。笑
Mii

Miiの感想・評価

3.9
最初はただのクレイジーファミリー
かと思った(;・∀・)

見た目だったり。
言葉遣いだったり。
何を大切にするかは。
家族それぞれで。
だけど。
みんな見えない何かに。
迷ったり、悩んだりしてる。

負けそうになった時。
逃げ出したくなった時。
家族が自分を信じてくれることは。
自分を否定しないでいてくれることは。
大きな力になる。

兄妹で同じことをしてれば。
比べられて。
勝手なことも言われる。
自分にはなくて相手にはあるもの。
自分にないものを探しがちだけど。
自分にはあって相手にない魅力だって。
絶対ある。
同じように輝けないことで。
苦しむ時間があったとしても。

すごく前向きにさせてくれる映画。
そして。
家族も。他の人たちも。
大切にしたくなる映画。

すきです♡
プロレスの世界は、 あまり知らなくても十分楽しめる作品です。

フローレンス・ ビューが主人公のサラヤを演じてます。

同じプロレスものでも、
ミッキーローク主演の 「レスラー 」と違い、 プロレスの孤独感漂うものではなく、

「ファイティングファミリー 」 の方は、 家族経営、 家族の絆があるせいか、 一変して明るい雰囲気です。

実話をベースにしたとは知りませんでした。

スポ根あり、兄妹和解あり、 友情ありで、 試合の方は迫力満点!
見終わった後、 スカッとしました😃
まあ、よく有るサクセス・ストーリーですね。

実話にしては、出来すぎてる感もあるかな…
でも夢を諦めずに走り続けるとトップに登り詰めることも可能ってのを教えてくれる作品ですね。

イギリスからアメリカの地で誰も知り合いがいずに、アウトサイダーみたいな感じでトレーニングを続けた時は本当に辛かったと思う!

ジェントルマンのイメージがあるイギリスでもプロレスが人気あるのは初めて知りました。
無知のステレオタイプって怖いですね…(笑)


私も20年前にアメリカにきた時は誰も知り合いがいず、ひたすら理想だけで夢を追い続けていたのを思い出しました。
辛くても夢を実現するために日本に帰りたいと思ったことは一度も無かったですね!
今は、日本でも仕事がしてみたいですが…
たたた

たたたの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

プロレスのことはほとんど知らないけど、実話とは!

本物のプロレスラーもたくさん出ているようで…って、ドウェイン・ジョンソンは本人役かよ!(ジャケット詐欺だろ!)

お話はサラヤよりもザックに感情移入してしまってつらい。
プロレス一家に生まれ、自分の存在価値=夢だと思っていたのに、才能が無いと言われて、妹に先を越されて、自暴自棄になっていく…
でも、まさかの刑務所入ってた兄貴に諭されて、自分の周りを活かす才能に気づくっていう展開が実話とは思えないくらい、よく出来てる(≒プロレス感)

にしてもザックがグレて酷いことにならなくてよかった🥺

サラヤも兄がいない中で、なかなか自分らしさを見つけられなかったけど、ディーヴァでの自分と同じアウトサイダーに向けたマイクパフォーマンスは最高だった👍

フローレンス・ビューってどこかで見た顔だなと思ったら、最近の話題作いっぱい出てるのね。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.5
前から思うのだけど、トレーニングで巨大なタイヤをひっくり返すやつ人生で1回はやりたい。場所はもちろん浜辺。そしてジャケで主役クラスに前方に位置してるザロック様は全然出ない。
WWEは日本では地上波で見れないため話題になることが少ないですが米国では超メジャーなエンタメスポーツ。映画では所々で実写がインサートされています。
その女子王者だったサラヤとその家族の物語であり熱血、家族愛、コメディ、下ネタ凝縮しています。ヒロインを演じたフローレンス・ピューさん とても吹替えやワイヤアクションがあるとも思えず体当たりの演技でした。サラヤの黒髪にすると悪役感が増してドスの低い声もぴったりです。
ストーリーオブマイライフからのギャップ感が激しく幅の広い役者ですね。
最高峰のエンターテインメントの実話を元にした最高のスポ根映画!体温グーンって上がるやつ!!


1人の女性が成長する物語でもあり、家族・兄弟の愛の物語でもある上に、同期の女性レスラーの扱いを勧善懲悪的にも描かない、至る所に愛が溢れた作品だった。

『ローラー・ガールズ・ダイアリー』『タイピスト』といった女性×スポ根が好みなのでその作品群に仲間入りするくらいに最高。

ずんぐりむっくりなフォルムのフローレンス・ピューだからこそより応援したくなるし、ニック・フロストのアウトローだけど芯はブレない憎めない感じも面白い。
ヴィンス・ヴォーンはコメディのイメージが強かったけど、本作のような悪態を吐きつつも愛あるキャラクターがハマっていて意外とこっちの人なのかと感じたりと、キャスティングがめちゃくちゃいい!
ロック様も勿論ロック様として活躍してたし。


興味湧いたからペイジの実際の試合映像見たけど、後にAJとタッグ組んだりもしてて更にアガった。
煙草

煙草の感想・評価

3.7
プロレス一家、WWEでの勝利を目指す

WWEに関しては全くの無知だけど楽しめた。
特に試合のシーンは熱い!

家族モノでありながらもがっつりスポ根映画だった。そして実話

ロック様かっこいい!!
フローレンス・ピュー最高にイケてる👊‼️
Fighting with My Family:スティーヴン・マーチャント監督、フローレンス・ピュー、ニック・フロスト主演、2019年アメリカ、イギリス作品。2012年に放送されたドキュメンタリー番組「The Wrestlers: Fighting with My Family」を原作とした伝記映画。

プロレスを生業とする一家の娘サラヤ・ジェイド・ベヴィスのサクセスストーリー。王道だけど気持ちのいい爽快感が得られる物語でユーモアもたっぷり含んで観応えがあった。女子プロレスラーの話でもあるが、アメリカに一人で渡りなかなか馴染めないイギリス人の人間ドラマでもあるような気がする。ロック様出演も楽しい。

元気がもらえる作品。また観たいと思う。
>|