ザ・ファイターの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ファイター」に投稿された感想・評価

piroshi

piroshiの感想・評価

4.0
大ファンのクリスチャン・ベイル、マーク・ウォルバーグが出てるので採点甘々なのはご勘弁!
実話ベースのボクシング映画なのかと思いきや、ボクシングに関わる人々と家族再生の物語。

クリスチャン・ベイルはその俳優人生の中でかなり強烈なジャンキー役を何度もこなしている?からかやつれた顔もアッパーなテンションも板についていてリアルな感じめちゃくちゃ出てます。

そして同じボクシングでも兄とは違い寡黙なハードパンチャーを演じるマーク・ウォルバーグも愛している家族との腐れ縁に悩みながら世界チャンプを目指す軌跡を背中で見事に演じ切っていました。

いざこざのあった2人が世界戦後の自宅インタビューでお互いを褒め称えクリスチャン・ベイルの涙ぐむシーン…あれは観てる側にも応えましたね…最高です✨
こう

こうの感想・評価

3.2
家族でボクシングをやって、生活していく話。元ボクサーでヤク中の兄や品の悪い家族と折り合いつけていく弟のやり切れない感じが良かったです。

兄役のクリスチャンベイル、癖のある役凄く良くやっぱり良い俳優だと思います。
うーん
世間の評価は高いが自分にとってはそんな感じ
間延びするな〜
リアルに描き過ぎてるせいなのか、ドラマティックな展開とか見せ方が少なくて、グッとくるところが少なかった
やっぱこの手の映画は鳥肌立つようなシーンがあってこそだと思う
少年誌的な展開とかシーンがさ
恵まれない家族に翻弄する才能人って感じはアイトーニャにも似てたかな
この映画の魅力は、クリスチャンベイルの演技とエイミーアダムスのピンク乳首です
クリスチャンベイルにはただただ感嘆
映画のできってかこの俳優の役作りを称賛すべきや
他の映画と全く違う顔してる
マジですごい
昔行ったバーのサムライみたいなバーテンがめちゃくちゃ映画好きで、クリスチャンベイルのことを
子供時代からずっと映画に出続けてるのは彼くらいだ
って言ってた
すごいよな
こりゃ、アカデミー取るよ
エイミーアダムスもきれいね

んでボクシングって練習風景映えるよなー
かかってるグローブ、ぼろぼろのロッカー
スウェットとかパーカー着て走るのは十八番

でも、サウスポーと比べるとまだまだ
クリスチャンベイルに感嘆したい人に勧めたい1本
よしお

よしおの感想・評価

4.5
No.2779

演技合戦が最大の見どころ。

公開時36歳とは思えない風貌のクリスチャン・ベールと、

悪女なのか、ただ家族思いの度が強いだけなのかよくわからないが、とにかく強烈なインパクトのメリッサ・レオ。

この両者のオスカー受賞は文句ないが、

そのメリッサと争うことになってしまったエイミー・アダムスが可哀そうなくらいの熱演。

エイミーは一体いつになったら受賞できるのか・・。

ミッキーの父ジョージ役のジャック・マクギーも素晴らしい。

男臭い格闘物にしては珍しく、圧倒的に女性たちのクセが濃いw というか、女性の出演者多すぎww

クリスチャン・ベールはやっぱりこういう「変人」を演じさせると天下一品ですね。

出所した後、ケーキ抱えて道を歩いてるだけなのに、なんであんなに絵になるのか・・。あれは表情と共に、名シーンですね。

私の願いは、同じく「変人」を演じさせたら間違いなく今、トップクラスのホアキン・フェニックスとクリスチャンの共演です。

この2人は同じ1974年生まれなのです。

その場合は、ついにバットマンvsジョーカーになるのだろうかw 

そうなったら一大事件ですねw

まぁ、バットマンでなくてもいいから、名優対決、見たいなぁ。。
mochiz

mochizの感想・評価

2.3
兄貴は最低だけど、愛情とボクシングセンスは最高、というのをいつもどおりベイルが熱演。
オカンは最低だけど、愛情は本物で、フローズンリバーのメリッサレオが熱演。
…ということは伝わった。
あと義理の父がめっちゃいいひと。
兄ちゃんが彼女(アダムス)のところに談判しにいったところはとても良かった。
だが、有名なボクサーであるミッキーウォードや、アメリカのアイルランド系貧民街事情がわかってないので、今ひとつピンとこなかったのかなぁ。
もうすぐ配信終了で慌てて観賞。
こういうのが美談になるのがよくわかりません。こんな💩兄貴や👹婆とは離れるべきだったと思います。なにも家族の縁を切るわけじゃないんだから、給料もらいつつラスベガスの恵まれたジムでトレーニングすべきでした。
フォードvsフェラーリのときもそうでしたが、クリスチャン・ベイルは作りすぎです。
izu

izuの感想・評価

4.0
実話を基にした、兄弟ボクサー、そしてその家族の物語。

何より、クリスチャン・ベイルの俳優魂に敬意を表します。
いわゆる役作りが強烈で、入りすぎてる。
そのパワーは圧倒的です。
先がわかってるのに、目が離せなく、クリスチャン・ベイル演じるディッキーの次が気になり、期待してしまう。

そして、この作品の面白さは、ボクシングの試合のシーン。本当にその試合を見ながら、応援したり、悔しがったり、感情移入してしまうとこ。
気付いたら、手を握りながらマーク・ウォールバーグ演じるミッキーを応援していた。
megadake

megadakeの感想・評価

3.6
ボクシングが題材って、間違いなく面白いね。というか最後が燃える!

ミッキーのひたむきさが好きやな〜!
ボクシングを舞台にした家族愛モノ
でもこの家族クセが強い
抜けて他でやりたくなる気持ち超わかる
挫折からの再生要素が薄く個人的には燃えが少なかった
史実に基づく話であるから仕方ないかもしれないが、映画ストーリー上では主人公に対する家族からの扱いが酷いにも関わらず、最後まで兄を筆頭に家族を見捨てなかったのが疑問が残る。史実では、映画上では時間の都合上語ることができなかった愛情があるのだと信じたいが、そこだけが引っかかる。。。ストーリー自体は上手くまとまっていたと考えられる。
>|