ベッカムに恋しての作品情報・感想・評価

「ベッカムに恋して」に投稿された感想・評価

lamf666

lamf666の感想・評価

3.6
「カセットテープ・ダイアリーズ」が気になっており、同じ監督作品ということで十数年ぶりに再視聴。
(そういやあらすじだとほぼ同じじゃん!)

人種間の文化の違い、LGBT問題などのテーマを交えつつもヘヴィになり過ぎない爽やかな青春ストーリー。

サッカーシーンは微妙だったり、サクセスストーリー過ぎる気もするが、これで良いのだ。

ちなみに邦題が酷いって声も多いが個人的には悪くないかなと思ったりする。

このレビューはネタバレを含みます

パーミンダ・ナーグラに恋して、見てしまった作品。とにかくかわいい。
家族には人生の宿題があると私は思う。
親がクリアできなかった問題を、
知らず知らずのうちに別の形で子が向き合っている。
そして子を通してまた親も再びその宿題に取り組まされているのだ。
それをどう解決していくのか。
文化、民族、宗教、性、人種、国籍など
「過去」の人々がつくりあげたものに守られつつも、
飲み込まれてしまうことを拒む主人公たち。
彼女たちの行く先が、そういうものから最も「自由」の国
だというのも、ある意味象徴的なんだな。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.6
🇬🇧⚽️
インド系の家庭で文化や習慣からサッカーを反対されているジェス。そんな中、公園で女子サッカーチームに誘われる。
異文化、宗教、友情、恋、たくさん詰まってた⚽️
【★★★☆☆ 面白い】
女子サッカーの物語でありながら、イギリスでのインド人コミュニティーに関する話題にもふれている。
そして、恋する相手はベッカムではないという、普通の恋愛模様もあり。
オーストラリア留学中、地元の映画館で観た映画。日本の静まりかえった映画館と違って、みんな面白いところで笑って、文句があったらブーイングし、そうやってワイワイしながら観た思い出深い映画。
しかしなんで「Bend It Like Beckham」という原題が、「ベッカムに恋して」というタイトルになるのか…頭の中お花畑かよ。
ベッカムみたいなシュートを打ちたいと言う気持ちと、主人公のインド移民の女の子が真っ直ぐにでもしなやかに、夢に向かって頑張る、そんな気持ちが詰まった素敵なタイトルなのになあ。
笑いがたくさんで観るとハッピーになれる、イギリス英語とヒングリッシュが耳に心地よい、そんな映画です。
maa

maaの感想・評価

4.0
‎高校の英語の授業でALTの先生(マンチェスター出身)が大絶賛してて、授業終わる10分前に冒頭だけ流した、というのを思い出したので鑑賞。

宗教や文化の違い、ジェンダーについて重たいテーマもポップに描かれていた‪ヽ(*^▽^*)ノ‬
yurina

yurinaの感想・評価

3.8
ジェンダーや宗教をコミカルに交えながら青春真っ只中の2人のサッカー少女のお話。インド系の家庭を垣間見れたり、両家の母親が違う意味でどちらもイタくて面白かった。若かりしキーラナイトレイも拝めます。
asuka

asukaの感想・評価

4.5
2014年、高校の英語の授業内で、英語版『Bent it like Beckham』を鑑賞。

恋と友情はあるあるだが、それに加え、自分らしさや夢、やりたい事など、自分のアイデンティティを大切にするストーリー性が非常に良かった。
誰しも「人によく見られたい」と思うのは極めて自然な事だと思うが、自分を大切にする事に迷ったら是非鑑賞して頂きたい一作。

しかし、英題で充分格好良いと思うのだが、どうして女性が活躍する映画の邦題に、やたらと「恋愛」をねじ込みたがるのか疑問でならない。
自分を犠牲にして恋愛に投じてしまいがちな日本人の性の投影だろうか。
それに比べると、英国や米国では自分を第一に大切にする姿勢が英題から伺えるのが面白い。
yuma

yumaの感想・評価

3.3
ジェンダーや宗教なのどダイバーシティの問題をシリアスすぎないトーンで描かれていて見やすかった
伝統を守り家族を大事にしたい気持ちと自分の夢を追いたい気持ちで揺れる様子が良かった
題名がBend it like Beckham ってダブルミーニングなのもいい
でもありきたりすぎるサスセスストーリーなのがちょっと△
こういう、マイノリティ、宗教、ジェンダー、差別、貧困、とか、コミカルにキュートにまとめてくるのすき。でもちゃんと刺さる。邦題が台無しにしてるけども。
>|