時計 Adieu l'Hiverの作品情報・感想・評価

時計 Adieu l'Hiver1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:120分

3.0

「時計 Adieu l'Hiver」に投稿された感想・評価

年をかければ中島朋子がフィギュアスケートがうまくなるだろう、と撮り続けたあげく、そんなに簡単にうまくなるわけもなく、しかし公開せざるを得なかったという。
冒頭のいしだあゆみのフィギュアスケートからして失笑もの。
ryusan

ryusanの感想・評価

2.8
倉本聰の初映画監督作品。
テレビで良い演出家でも、テレビの尺と映画の尺の違いで、どうも映画では間が合わない気がする。
YukoT

YukoTの感想・評価

3.5
80年代の自立した突っ張ってるシングルマザーの姿、懐かしーー。なのに恋しちゃって恋に破れちゃって、相手をちゃんと責めちゃう、人間臭いところ、倉本聰らしくて好き。かつ編み物したりしてるところ、ナイス昭和感。倉本聰の唯一の映画だそうで、だらついてるし、出来は映画としては正直失敗だと思うのだけど、かなり80年代リアル。妙に好き。いしだあゆみのファッションも可愛い。
倉本聰監督 中嶋朋子 いしだあゆみ スケート選手を目指す一人の少女の成長とそれを見守る周囲の人々の人間模様を描いた。中嶋朋子の実際の成長に合わせて、5年という長い歳月をかけて撮影された話題作。
dabesa

dabesaの感想・評価

3.3
中嶋朋子さんの成長記録、しかし物語としては残念な感じ、もっと中嶋さんにフォーカスした方が良かったように思った。
オリンピックのフィギュアスケート選手だった早見令子(いしだあゆみ)はアイスホッケー選手だった二郎(渡哲也)と結婚し娘が出来るが5年前に離婚していた。
今は9歳になりスケートを始めた娘・夕子(中嶋朋子)と2人暮らし。
ある日若手映画監督の木谷(永島敏行)から夕子の成長を追う映画を撮りたいとオファーがあった。
5年後のフローズンカップ・スケート大会を目標に撮影は開始されるが、夕子はスケートが上手くならない…。

公開当時この映画の存在は知っていて、5年間本当に1人の女の子を撮ったという事で驚いた記憶があります。
改めてキャストと監督を知ったら中嶋朋子に倉本聰なんだ!と(^_^;)
『北の国から』の合間に撮ったなら納得(笑)

少女の葛藤だけにスポット当てるのかと思いきや、母親の恋愛事情にも当ててるのでイマイチ何が伝えたいのか分からない。
結局着地点も「それでいいの?」ってな感じ(・_・;

徹底的に中嶋朋子を主にすれば面白かったとは思うんだけどな〜。
娘を出汁に恋愛してるイヤな母親のイメージしか湧かないもんね。
まぁ、倉本聰さんらしいといえばらしいのでしょうけど。