ルクソーJr.の作品情報・感想・評価

ルクソーJr.1986年製作の映画)

LUXO JR.

製作国:

上映時間:2分

ジャンル:

3.5

「ルクソーJr.」に投稿された感想・評価

トリ

トリの感想・評価

3.2
物体が生きているように動いていて、とにかく生きている感じがすごい。

動きだけで感情とかもどことなく伝わってくるのが不思議。
犬

犬の感想・評価

3.6
ピクサーのロゴにも使用されている電気スタンド、ルクソーとその子どもルクソーJr.を愛らしく描く

ピクサー・アニメーション・スタジオが1986年の創立後初めて制作した短編CGアニメ
ジョン・ラセター監督のデビュー作

さすがです

あの有名な電気スタンド
これは一見の価値あり
尽田

尽田の感想・評価

3.0
CGの質感が懐かしい。
仕草に感情が現れるのが良い。
普段のアニメもあれくらいとは言わないけど、もっと表情が緩やかだったらなぁと思う。
sym

symの感想・評価

3.0
トイストーリーのVHSで擦り切れるほど見たルクソーjr。ショートフィルムDVD購入して鑑賞。

子供の頃は不気味な感じがしてちょっと怖かったけど何回も見たなあ〜〜
はるみ

はるみの感想・評価

3.5
やっぱりいま見てもすごい滑らかなうごき。ルクソーjrかわいいなあ
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
ピクサーのロゴが登場…☆

電気スタンドの親子…♪…台詞がないのに…
やり取りが伝わってくるよう〜(笑)

ラスト…親の気持ちが…分かる…(笑)

物の擬人化…本当に上手いな〜と思う〜(o^^o)

…この作品が1400作品目…☆
キリ番に拘りがないので…♪…でも…1500作品目は…少し考えようかな…(笑)
ピクサーのロゴ登場時に跳ねて出てくるスタンドライトの話。

こいつら電源プラグ抜けたら死ぬんやろか
🔶

ピクサー・ショート・フィルム Vol.2


電気スタンド
これが親子で動きが生き物そのもの
子供の立場となる小さな電気スタンドがボールで遊び、それを見守る形で側にいる親といったかんじ

何の作業が大変かの答えにはコードと
ボールの回転。それぞれ大変でコードのうねりは手作業だというから面白い
ピクサーは1986年からルーカスフィルムからCG部門が独立して生まれたと一番初めに説明されている

1回目
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

-
ピクサーがルーカスフィルムから分離してからの初作品。
はい、あのピクサー作品が始まる前に出てくる電気スタンドが登場します。
というかこの「ルクソーjr」こそあの電気スタンドの名前だそうです。恥ずかしながら知りませんでした。。わずか2分程の映像ですが、無機物の電気スタンドが生き生きと動いている様は印象的です。
現在ピクサーのショートフィルム集をレンタルしているため、このようなMarkが続くかもしれませんがご了承ください。
めちゃくちゃ懐かしい。

なんでピクサーってスタンド跳ねてるんだろ、って疑問へのすべての答え(笑)
>|