ルクソーJr.の作品情報・感想・評価

ルクソーJr.1986年製作の映画)

LUXO JR.

製作国:

上映時間:2分

ジャンル:

3.5

「ルクソーJr.」に投稿された感想・評価

Tommy

Tommyの感想・評価

3.5
たった2分の映像だけど、それだけで映像のクオリティの高さがうかがえる。
EnoTaka

EnoTakaの感想・評価

-
ピクサーアニメーションスタジオが制作したショートフィルム。今ではピクサー作品が始まる前に必ずPIXARの”I”の文字を踏みに来るあの電気スタンド。その電気スタンド、「ルクソーJr.」が登場してくる2分ほどの短い映画。ピクサーの全てはここから始まったんだ!って感じがしてなんか良かった笑。特に内容はないけど笑。短編映画なのでスコア評価はなしで。
ayakaroll

ayakarollの感想・評価

4.0
生命がないものに対して、
どう動かせば感情あるものにできるのか
嬉しい、悲しい、楽しい

ストーリーももちろんあるし、
キャラクター自身にもしっかり愛着が湧きます。

アニメーションの凄いところは
画面の向こうのものが実在しなくても
個人の意思がない存在でも
いのちあるものにみせられること。

この作品を作った時代背景もふくめて
(CGの実験的映像だし)
業界に与えた影響は大きいんだと思います。

テーブルライトに感情を抱く日がくるなんて…ねぇ?
トイ・ストーリー2の特典映像で

電気スタンドのあの動きだけでバチバチに生き物・感情を感じるのすごい さすがピクサーとしか言いようがない
ピクサー短編の原点、そしてピクサーのオープニングに必ず登場する大切な作品。
本当にジョン・ラセターさんは天才。身近にある物に命を吹き込むのが上手で、尚且つ物の持つ特徴等を見極めるセンスがある。1986年の作品とは思えないクオリティー。

メモ:
初期のピクサーのオープニングは今と異なったのか!と発見。かなりシックだったな。
NMNL

NMNLの感想・評価

3.5
大学の講義内にて視聴

電気スタンドの分際で何でこいつらこんなに可愛いんだ

首を振る、うなだれるなどの動作がわかりやすく、生き生きしてますね。

このキャラクター単体の作品がある事は初めて知りました
まさか子供だったとは
親がいたとは
Kiwamu

Kiwamuの感想・評価

2.6
有名なアレのお話。

とても愛くるしく感情を感じるもんだから凄い。
映画始まる前の、あいつじゃないか。
こんなに可愛く見えるとはね。
エンディングも丁寧で良いね。
あのピクサーの電気スタンドが主人公で、ピクサーとそのロゴの原点が垣間見られる。

意思の無いものに意思を与えて動かすスタイルはこの頃から確立されている。

というか1986年にこれ作るのはさすがに技術力と表現力が高すぎる。
トリ

トリの感想・評価

3.2
物体が生きているように動いていて、とにかく生きている感じがすごい。

動きだけで感情とかもどことなく伝わってくるのが不思議。
>|