エクストラクションの作品情報・感想・評価

「エクストラクション」に投稿された感想・評価

王道ポップコーンムービーのまま終わるのかなーと思いきや、ちょっと楽しめそうな方向にシナリオが発展!…したのはエンドロール含めて残り30分頃。

全てが説明不足で消化不良のまま終了…
物語上に不必要な登場人物が多く、結局この人何がしたかったの?というモヤモヤが大量に残る。
アクションは割と良かっただけに残念感が強い。

主人公の元カノのくだりにかけた時間をまるっとバックボーンの説明に充ててればそこそこ楽しめる映画だったかも。
3io

3ioの感想・評価

2.5
A former CIA operative is kidnapped by a group of terrorists. When his son learns there is no plan for his father to be saved, he launches his own rescue operation.

A son tries to save his dad who is about to have a deal with a terrorist group that turns out.......
fkr

fkrの感想・評価

3.0
@ツタヤ配信 まあ良い。83分だし、話も一応の1ひねりがあって、悪い気はしない。 ナイトクラブ内トイレのアクションシーンは丁寧に撮られている。その後の共闘シーンは暗くて分かりづらい。ジーナ・カラーノの活躍する場があまりないのもマイナス。捕まって手錠されてるシーンは、ゴツい肉体の輪郭も相まって力技で抜け出せそうに見えて笑う。 シーンによってある良し悪しの差よ。 BGMちょっと好みだった。
二回見て二回とも寝てしまった
体調万全の時に三回目と思ったけど多分見ない
主人公がクリプラにしか見えない

元カノのドレスがダサい

黒幕が意外 (嘘
チャノ

チャノの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

ブルース・ウィリス
主役じゃない
ジーナ・カラーノ
魅力を感じない…
顔がムリ…
D・B・スウィーニー
見た瞬間、最後に裏切る感が漂ってる。
ケラン・ラッツ
使えない詰めの甘い主役
それより、職場の同僚と
クラブへ送迎してくれた
ヴィクトリアの友達の方が
ぜんぜん使える。
ブルース・ウィリス主演に
騙されなかったら観ることのなかった作品
CIAの父の背中を追い、同じ職についた息子。任務中、突如消えてしまった父と世界最高峰のハッキング装置。父を救えるか!?ノンストップ・スパイ・アクション!(午後ローより)

ブルース・ウィリスはほぼ立ってるだけだし、出番少ないし…他も色々残念な映画。脚本は並かそれより下かくらい。ヒロインは芸人のバービー似の厚化粧の巨乳ブサイク。そして1番残念なのがカメラワーク。映画の魅力を引き立てるどころか半減させてます。落ち着いたシーンでも執拗に手持ちカメラでゆっくり流しながら撮ってるんです。戦闘シーンは背中から撮ってて殴ってるの見えなかったり、ドアップで撮ってて何してんだかよく分かんなかったり、そもそもビュンビュンカメラ動いて何見てんのか分かんなかったり。とにかくカメラワークが残念な映画。

映画とは関係ないけど、樋浦勉さんの吹き替えがすんごい聞きづらかったし、タイミングずれてるしで……。
ぽち

ぽちの感想・評価

2.4
出演者が良いのにB級臭が凄い作品。と言うか、狙ってB級しているとしか思えないのだが・・・
ストーリーや設定がいい加減でご都合主義なのも、そこを笑って楽しむべきなのかも知れない。

ただ、女エージェント役のジーナ・カラーノが残念。
この女優さんホントは格闘家で、「タイム・トゥ・ラン」や「ワイルド・スピード」に出ていたときはゴッツイ筋肉女で不思議な魅力があったのだが、今作では撮り方が悪いのか、演出が悪いのか分からないが魅力がない。
ひたすらゴッツイだけでイマイチだったのは監督の責任だろう。

チープなCGを含め脱力感を楽しむ作品。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

1.0
1.0点
ここ数年で一番酷い映画、みたいなもの。
世界の危機だというのに主人公が戦う場所はバイカーズバーとクラブと倉庫。
すべてが酷い。
良い所無し。
狙ったわけでもなく70年代の愛嬌のないC級映画以下の出来。
関係者は反省しろ!
ケラン・ラッツの格闘アクションをメインにした90年代のヴァンダム映画のような仕上がり。
でもケラン・ラッツってパンチが全然腰が入ってなくて興醒めしてしまう。
ブルース・ウィリスは初っ端の立ち回りを終えると省エネモードに入ってしまう。
>|