AVA/エヴァの作品情報・感想・評価・動画配信

「AVA/エヴァ」に投稿された感想・評価

ラユム

ラユムの感想・評価

3.5
尺も長くないせいか余計な内容もなくてサクッと見れる。355も良かったけどこちらのジェシカもカッコいいが今回はマルコヴッチ父さん渋くてかっこいい。コリン兄さんはほんといろんな役をしっかり演じてる。アサシンってやっぱり孤独よねw あの終わり方って2がある?
ivi

iviの感想・評価

3.0
サクッと見るにはちょうどいいアクション
とりあえずカッケェ
もっと複雑であってほしい部分が薄く、そこが複雑なん?!ってとこが複雑でストーリー性は微妙、、
けどかっこいいし続編とか出ねえかな〜
Ark

Arkの感想・評価

3.2
暗殺者のエヴァは、標的を殺す度に「あなたはどんな悪いことをしたの?」と尋ねていた。それが組織に知られ、エヴァをよく思っていないサイモンに狙われることになる。


評判通り普通だったね。アクションも普通、ストーリーに中身はない。このキャストでコレですか……。
ジェシカ・チャステインに演技力があるだけに、実力と脚本のクオリティが反比例してる感じで残念な仕上がり。
だけど“美しき孤独な暗殺者”エヴァの苦しみは描写されていたので、主人公に深みのない薄っぺらい映画になるのは回避出来ている。かといって深みがあるわけでもないけど笑

ジェシカ・チャステインももう若くないのでキレがなくても仕方ない。頑張ってるのは見てとれる。そう思うとあの歳で派手なアクションをこなすトム・クルーズやキアヌ・リーヴスは凄いんだなぁ〜って。アトミック・ブロンドで暴れまくってたシャーリーズ・セロンも。

おじいさんとコリン・ファレルのアクションシーンはよかった。おじいさん頑張ってた。あんだけやられてもなかなか死なないのには笑っちゃった。
エヴァは優秀な殺し屋、しかし仕事を実行する時に「なんの悪い事したの?」と質問する事が上層部の気に触りエヴァを抹殺しようとする。殺し屋vs殺し屋の激しい応戦だー!女暗殺者という私好みの設定で満足。エヴァさん最強ですしね。ニキータ系の話です。銃撃とどつきあいのシーンがいいよね。
ジェシカ姐さんが観たいが為だけで鑑賞。
久しぶりのジェシカ姐さん。
ちなみに、ワタシの中の“三大姐さん”は、アメリカ代表ジェシカ姐さん、韓国代表ドヨン姐さん、日本代表かたせ梨乃。


殺し屋、暗殺者の話をどう持って行くのかと思いきや、特に真新しい展開もなく、既視感満載。
この手の話のボスって、毎回ジョン・マルコヴィッチがやってない?ってぐらいマルコヴィッチ率が高い。

ジェシカ姐さんは相変わらず綺麗だしカッコいいけど、ストーリーがおもんない。
普通のフツーのふつう。ふつうの3乗。
アクションもそこまで盛り上がらない。
これではスコアは上がりませんね。

これはジェシカ・チャステイン好きな人しか観ないだろうな。
『355』はもう少し期待しておこう。
『AVA』
暗殺組織の内輪揉め。

アマプラで見放題になってたので見た。
エヴァを殺すきっかけがただの好き嫌いって。。。
アクションも中途半端な感じで、なんか内容が薄かった。
でもこういうスパイ系は好き。
hiroki

hirokiの感想・評価

3.0
ジェシカ・チャステインまでこんな役をやらなくても・・。標的に何で自分が殺されなきゃいけないのか聞いてみる(暗殺のオファーに理由は説明されない)死の天使。家庭の事情から依存症になり克服のために軍隊に入り最強の兵士になってある組織にリクルートされてってまあバカみたいな設定ではあるのだけどそしてジェシカがそんなに強そうにも見えないわけで。むかしの男コモンが妹と婚約してて子供もできたと聞いて自棄になってついに酒瓶に手を出しいよいよ酔拳かと思ったが。黒幕のコリン・ファレルがマルコビッチに次女はレディにするんだ(殺し屋にはしない)って自分の目の前で言ってて長女ダイアナ・シルヴァースがえ?私は?って顔するのが可笑しかった
ピロ

ピロの感想・評価

3.3
2022.9.25
WOWOWシネマ録画。
この作品のことは全く知らず、WOWOWガイド見て録画しといた。
組織に裏切られたジェシカ・チャステイン演じる殺し屋エヴァ。
組織のコリン・ファレルはボス?自ら行く?
ジョン・マルコビッチがイケオジ。
母親役でジーナ・デイビス。久々に見たな。
アルコール、薬物依存な過去な主人公。
家族から離れて8年ぶりの再会。
元彼は現在妹の彼氏で。
そんな家族との関係を混ぜつつ。
エヴァ、メチャクチャ強い設定なんだろうけど、格闘シーンは普通というか。
ラスト、あとを追うコリンの娘。めちゃ美人。
続編ありそうな終わり。組織的にはどうなんだ?私怨な終わり。
2022#77

このレビューはネタバレを含みます

ジェシカ・チャステインが好きだし、コリン・ファレルも好きなので、キャスト目当てならそこそこ楽しめた。
あんまし…な評判は聞いていたけど、それわかるなあっていう出来。

全体的に中途半端。
エリートが落ちぶれて軍隊に入るのは、リュック・ベッソンの「アナ」と似てる。
それと比べてアクションがイマイチ。もっとドンパチやって欲しかった。
コリン・ファレルとその娘の確執を煽るようなシーンは良かったな。でも、その娘と対決するかもで終わらせるのは……。

殺人マシーンになりきれなくて疑問を持つのは良いけど、なんか軽い。元カレも妹と付き合うなよって思ってしまったし、その元カレと逃げようってなるのもクズだなと思った。人間的にダメだから暗殺をやれてこれたのだろうけど。
人間ドラマ的な部分がぐだぐだだし、アクションもあんまりな作品だった。
シャーリーズ・セロンの「アトミック・ブロンド」は面白かったな、というのを思い出した。
hana

hanaの感想・評価

2.8
エリート街道から依存症で人生を踏み外し殺し屋となって生きる女性が仕事に疑問を覚える様になり組織と対峙する話。

出演者も豪華で、作品も所謂スタイリッシュ女性アクションモノとは一線を画したストーリー。リアルなバトルも見応えがあります。

でも…少しストーリーが荒っぽくないですか。avaとボスや元カレとの流れは、ドラマを一話見逃した気分になります。
>|

あなたにおすすめの記事