白い闇の女の作品情報・感想・評価

白い闇の女2016年製作の映画)

Manhattan Nocturne

上映日:2017年03月07日

製作国:

上映時間:113分

2.9

あらすじ

ニューヨーク、マンハッタン。事件記者のポーターは、ある夜のパーティで、美しい未亡人キャロラインと出会う。家庭を持つ身でありながら、ポーターはキャロラインの妖艶な肢体の魅力に抗えず、関係を結んでしまう。その夜、不審な死を遂げた、映画監督だった彼女の夫の調査を依頼され、「夫が遺したビデオを観てほしい…」と頼まれる。キャロラインは何故か警察の調書や現場写真を持っており、危険な罠だと気づきながらも、愛欲…

ニューヨーク、マンハッタン。事件記者のポーターは、ある夜のパーティで、美しい未亡人キャロラインと出会う。家庭を持つ身でありながら、ポーターはキャロラインの妖艶な肢体の魅力に抗えず、関係を結んでしまう。その夜、不審な死を遂げた、映画監督だった彼女の夫の調査を依頼され、「夫が遺したビデオを観てほしい…」と頼まれる。キャロラインは何故か警察の調書や現場写真を持っており、危険な罠だと気づきながらも、愛欲の虜となってしまったポーターは、一歩ずつ事件の真相に近づいていく。そして、やがてたどり着いた深淵に待つ、衝撃の事実とは…。

「白い闇の女」に投稿された感想・評価

MA

MAの感想・評価

3.3
で、結局なんなの?って感じかな。
なんでみんな馬の話させたかったのかな?
イヴォンヌ色っぽかった。
ニューヨークで働く事件記者ポーターは、パーティ会場で美しい未亡人キャロラインと出会う。
彼女の夫は映画監督だったが、不可解な死を遂げていた。
既婚者でありながらキャロラインと関係を結んでしまったポーターは、情事の後で彼女から奇妙な依頼を受ける。
それはキャロラインの夫が遺したビデオを見てほしいというもので、彼女は何故か警察の調書や現場写真まで持っていた。
ポーターは危険な罠だと勘づきながらも調査を進め、やがて事件の核心に迫る。


暗い何かがありそうな雰囲気が始終漂っているだけがこの映画の見所。
内容は薄いし、結局そんなことかよっていうほどの事件なんだけど、この暗い雰囲気だけで最後まで見られるってだけ。

白い服着てることが多かったから「白い闇の女」なのかな。
kimsky

kimskyの感想・評価

3.8
ハードボイルド感漂わせて、結構観させてもらえた。製作がジャッキーチェンなんだぁ!なんて、妙な感心した。
odoro

odoroの感想・評価

3.0
イカれた映画監督夫が変死。妻から調査依頼を受けた新聞記者は残された大量のメモリーカードを手がかりに謎を解き明かして行くわけですが、イヴォンヌさんの美貌と全裸で目の保養映画として楽しませていただきました。
夫がイカれてたからこそのストーリーなので、謎解きサスペンスとしては楽しめないかなと思います。
ぴな

ぴなの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

未体験ゾーンで見逃した作品。

頭がおかしい義父と頭がおかしい旦那に苦しめられた女性の色仕掛けにまんまとハマるエイドリアンの話。
女に仕事やお金が絡むと、大体が厄介なことになるよね…。
それでも、キャロラインには幸せになって欲しいとも思ってしまう。
まあまあ面白かった
雰囲気が入り込めた
客観的に振り返りながら語るのは要るかな?と思った。
エイドリアン ブロディはもっと正統派の役をやってほしい。
女の人綺麗だけど 義父の行動も今いち?な感じで ピンとこなかった点も多かったです。
みやり

みやりの感想・評価

3.3
ゾクゾクするシーンとかあったけど、なんの話だったっけ?っていうくらい記憶に残らなかった。
Nunn

Nunnの感想・評価

3.7
相変わらずの困り顔No.1!
あとチャックのサラとLのフラッシュダンスね。
そんだけです。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.3
2018年 50本目

エンドロール見てたら「製作:ジャッキー・チェン」の文字が。はぁ?カンフーアクション無かったぞ?と調べたらホントにジャッキーが製作に回ってたみたい、同姓同名でも無く。で、ワイヤースタントは無いけど普通に楽しめるサスペンスでした。

主役の女性がめちゃくちゃ美人、調べたらオーストラリア出身だけど出自はポーランドみたい。北欧や東欧の人ってホントにキレイですね〜。あんな美人に誘われて「いや、俺には妻と子が…」と断われる訳がない主人公。

この美人さんは未亡人で、その亡くなった旦那が映画監督なんだけど、謎の死を遂げていて…みたいなのを追い掛ける内に色々起こるサスペンス。

結末を迎えてみると、美人さんが主人公の記者に声を掛けた動機が逆にボヤけた感じになり、最終的に自分で自分の首を絞める事になるんでは無いの?と思うような構成でもあったのが惜しい。

謎のメモリーカードの行方は?映画監督の死の謎は?とか色々な謎は全て明かされるので、スッキリと終われるので、個人的にはとても面白かったです。
>|