白い闇の女の作品情報・感想・評価

「白い闇の女」に投稿された感想・評価

monolith

monolithの感想・評価

3.3
皆さんの評価低めだけど、、、
そこそこ楽しめたんだけど?!

確かにキャロラインのトラウマを引っ張り過ぎだっり、
大金持ちの秘密がそこまで衝撃的ではなかったりするけど、何となく最初から犯人分かっちゃうけど、ストーリーの組み上げ方は悪くない。

安定のブロディの垂れ眉にやられた(笑)
福之助

福之助の感想・評価

3.3

評価低いですね。

ミステリー好きにはいい作品だと思います。
面白かったですよ。

謎の女。謎の男。秘密の話。
進むにつれてえ?何?と、引き込まれました。

白い〇〇の女。こんなタイトルにいつまでホイホイ付いてってしまうんだよね。
s

sの感想・評価

2.5
動画【吹替】
・エイドリアンブロディー見ると謎のピンクの服着たローラがちらつくwなんてこったw
・面白かったけど馬の話を何故皆知りたがるのか謎そして暴力的な義父にしつこく馬おねだりしたのも謎
tamuuu

tamuuuの感想・評価

2.3
女優さんがとても美しく魅了された。
内容はちょっと突拍子かなと思う。
根幹部分でそこまでのもん!?って思うことがしばしば。
けど最後までは観れた。
女性が魅力的だった。主人を寝取られた医者役の妻もいい演技だったと思う。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
エイドリアン・ブロディ主演、魔性の女の誘惑に落ちていく男を描いた官能サスペンススリラー。事件記者・ポーターはパーティーで未亡人・キャロラインと出会う。家庭を持つ身でありながら彼はキャロラインの魅力に抗えず関係を結んでしまう。

内容(「Oricon」データベースより)
ニューヨーク、マンハッタン。事件記者のポーターは、ある夜のパーティで、美しい未亡人キャロラインと出会う。家庭を持つ身でありながら、ポーターはキャロラインの輝くブロンドの髪と、雪のような白い肌、豊かな曲線を描く妖艶な肢体の魅力に抗えず、関係を結んでしまう。情事の後で、彼女が囁いた奇妙な依頼、「夫が遺したビデオを見て欲しい…」。映画監督だった彼女の夫は、奇妙で不審な死を遂げていたのだった…。PG12
TB12

TB12の感想・評価

-
エイドリアン・ブロディとドラマ「チャック」で好きになったイヴォンヌ・ストラホフスキー目当てで観たけど、内容が全く面白くなくて途中で見るのやめた。
m

mの感想・評価

2.8
なんとも微妙…

サスペンス風な雰囲気は良くて、なんだかんだで最後まで観ましたが、
メディア王があんなに必死になってメモリーカード探す意味も、
未亡人があれほど頑なに馬の話をしない理由も(なのに記者にはさらっと語った)、私にはよく分からず。

オチも、え?結局そこ?って言う…
ブロディがみたかった。

期待してなかったけど割と観れた。、
ブロディすきならそれだけで持つかんじではある。

お金持ちと美人と変態の娯楽としわ寄せにつきあわされる新聞記者のはなし。


デタッチメント観たい
モック

モックの感想・評価

2.0
悪女のような女性、不倫、脅し、謎の多い殺人事件など一見ありがちなミステリードラマだけど、例えば事件の起きた現場や状況ひとつを取っても、原作か脚本に趣向を凝らされよく練られてるのが分かる。
そのおかげで、ありそうで、わりとない感じのドラマになってる。
人物の個性が主張しすぎず自然と滲み出ているのもいい。

クズで哀れな人間しか出てこない「悲哀に満ちた大人のサスペンス」風だけど、しっとりしすぎていて正直やや退屈なのが難。
>|