インサイド・ミーの作品情報・感想・評価

「インサイド・ミー」に投稿された感想・評価

エミリー・ブラウニング×
ゼイヴィア・サミュエル×
キャム・ギガンデット競演で
まんまと見てしまったこの作品。

もちろん人によりますが
あまり面白くはありませんでした。
エミリー・ブラウニングが既婚者、子持ち、ロッカーという
不思議すぎるキャスティング。まだ彼女は10代演じられそうなのに。

あんなに美形のゼイヴィアが変質的なストーカーを演じていて
斬新です。
でも古典的なストーカーすぎて、ありきたりの領域を出ていないのが
残念です。
bopapa

bopapaの感想・評価

2.9
2018年 141本目

ジャケットに「エロティックサスペンス」とか書いてるタイプの奴。前半延々とロックバンドの話をしてるから「あれ?間違えてコヨーテアグリー借りちゃった?」とか思わなくても大丈夫です、エロティックサスペンスです。


主役の女性が可愛らしいです、そんな彼女が旦那も子供もいるのにツアーの最中、酷評されたレビューにヘコんでワンナイトラブでその後はお決まりの泥沼コースです、いっちょあがり。

その後色々ある中で真の敵の姿が見えてくるのですが、そこから加速度的にサイコパス野郎の行動が盛り上がっていきますので、皆さん是非楽しんで下さいませ。
KEN

KENの感想・評価

3.0
思ったほど良かった。
かなりのサスペンス感満載で、後半辺りから異常な展開で観ていてドキドキした。
エミリー・ブラウニングがエロチック。
ホラーよか全然こわい。

リアルな恋愛?映画。最後は無茶苦茶やな。って思うけど、面白いコワイ映画。
Miyuu

Miyuuの感想・評価

2.9
エミリーブラウニング目的で鑑賞。
やっぱり可愛いしスタイルが良くて良くてただ好きがあふれました
ストーリーも思ってたよりなかなか良かった!
Ayaka

Ayakaの感想・評価

2.5
おもしろい。
てか、いやらしい。えろいんじゃない、いやらしい。
エミリー・ブラウニングのルックスがとても好きなので楽しみにして鑑賞。
やっぱ可愛い〜。
ちょっとスージー&ザバンシーズのスージーみたいなメイクとかも良かったし、黒いアイラインバリバリのゼイヴィア・サミュエルもカッコよかった〜。

出演者が魅力的で映像がオサレなのは監督のキャサリン・ハードウィックの拘りだね。

ヴォーカルの姉ヘイリーとギターの弟ジャックで人気のロックバンド。突然のジャックの死で作曲に翳りが見え始め落ち込むヘイリーだが、ツアー中に新たなギターとしてバンドに入ったエンゾと寝てしまう。夫も子供もいるヘイリーにとってはツアー中だけの気晴らしのつもりが、エンゾは本気だったから、さー大変。

サイコ物で、序盤の掴みはまあ良いけど、本来ならハラハラドキドキしてこなきゃならない頃合いがダレダレで、映像的には良い男良い女を愛でるというだけで観れてしまうけど、それでも中盤眠くなったな…

ほぼずっと、この映画の中に出てくるバンドの曲さながらに、刺激的だけど最後まで盛り上がりを見せず、遂にはありきたりなラストで終了。

勿体無いな〜。

エミリー・ブラウニングの気だるい歌声とかバンドのステージのシーンとかPVとかはカッコ良くてずっと見ていたかった。

映像ありきな作品。
Lois

Loisの感想・評価

3.6
You ride on the beast.
You can struggle,
but you can't escape.

You fucking killed him!
I have to, I loved him!

Dark, cool and attractive.
A really fucked up psycho genius.

Artistic movie, the amazing short film by Enzo.
There are clues!
Ellie

Ellieの感想・評価

3.0
大好きなキャサリンセドウィック監督。
普通に好きな感じでよかった!

ただ、サーティーンとかドックタウンのセドウィック監督のあの独特なタッチが好きなのに、それ以降の映画は、その良さが一つも出されないってことが残念すぎる。

これも、セドウィック監督って知らないで観てたら、気づかなかった。
chan

chanの感想・評価

2.9
エミリーがまた歌ってる!相変わらず好きな声。そして黒髪より断然、白髪に近い金髪が似合うね。

終始もやもやどろどろしてる中で、双子の子供たちの純粋無垢な可愛さが救いだった、、

ゾクッとするラストはわりと好きかも。