窓・ベッドルームの女の作品情報・感想・評価

「窓・ベッドルームの女」に投稿された感想・評価

今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
わっ!!!
この作品のユペール様の光り輝く美しさ!
今まで観たユペール様の中で一番綺麗!
こんなに美しかった人も歳を取ると今のような感じになるのね〜(や、充分キレイです)
凡人の私なんてどうなることやら( ;∀;)

ところで、もしも犯罪を目にしてしまったら?
通報しますよね!
だけど身分を知られたくない状況だったら?
これはそんなお話。

ユペール様扮するシルビアとスティーヴ・グッテンヴァーグ扮するテリーは不倫関係にあるの。
しかもテリーは夫の部下。
絶対に知られちゃいけない関係よ。
そんなシルビアはある夜テリーの寝室の窓から犯罪を目撃する。
だけど通報なんて無理。
そこでテリーが彼女に変わって身代わりで警察に連絡するのだけど…。
あれよあれよと裁判で証言する展開になり、犯人の顔さえ見ていないテリーは窮地に追い込まれる羽目に!

ユペール様お目当で借りたんですけど、肝心のユペール様ポジションにエリザベス・マクガヴァンがいつの間にか居座り、あれれ?とゆう展開に!

なかなか面白い設定ではあったんですけど疲れていた私は大して長くもないコレを2日かけて観て、更にレビューも進まず。

おススメかと聞かれたら「うん!」と元気よく首を縦には触れない、微妙〜な感じの作品でした☆

お暇でしたら是非♪
tristana

tristanaの感想・評価

3.5
一刻を争う状況で電話ボックス譲らない男と無用の殴り合い。スラップスティック・エロサス。
まさかのユペール出演。そこそこ面白くて、でもかといって正直まあまあな出来が家でみるのにピッタリ。スティーブ・グッテンバーグがパトカーを盗んで恋人を追うシーン、撮影時にひとしきり「ポリス・アカデミー」のネタで盛り上がったのだろうとどうでもいいことを考えてしまう。ボルティモアの街並みが良い。行ってみたい。
ヒッチコックも悲鳴をあげる
モダン・サスペンス作品!

年下の恋人の部屋から、目撃した女性レイプ未遂事件。犯人の顔を見てしまった人妻!しかし不倫がばれることを恐れて警察に行けない!そして恋人の青年が彼女の身代わりで警察に行くが…。

こんな感じのサスペンス大好きなんですが、かなりスト-リ-(脚本)が雑過ぎるのは駄目ですね。
実は、この作品かなり昔に観た時は凄い面白かった!が感想で~最近また観てみて、アカンな~これは でした。

主人公のスティ-ヴ・グッテンバ-グは会社の社長の奥さん(イザベル・ユペ-ル)と不倫してるんです。
エッチした後に何気なく窓の外を見た奥さんが事件を目撃してハッキリ犯人を見てるんです。グッテンバ-グは全く見てないので、奥さんから特徴を聞いて代わりに警察に行きます。
それから裁判の証言台にグッテンバ-グが立ちますが、ボロが出てくるんです。この辺は面白かったです。
ウソついてる事がバレて結局は自分が犯人では?と疑われたりするとゆう展開です。奥さんは犯人から狙われるし。

これらの「裏窓」系のサスペンス作品は多くあって、ほとんどが、ベッドル-ムとゆうタイトルが付いてた気がします。

過去に観て面白かった「裏窓」系サスペンス作品ではカナダ映画でデイル・ハッドン主演「危険な覗き/ベッドル-ム・アイズ」は印象に残ってます。この作品はもう一度観たいです。

☆そうゆう事で、今回の作品は僕の好きな感じのサスペンスですが ちょっと残念な出来だと思いました。
Taka

Takaの感想・評価

2.1
ソコソコ面白いだんけど、
サスペンスとしては脚本が間抜けでねぇ・・・