生きうつしのプリマの作品情報・感想・評価

生きうつしのプリマ2015年製作の映画)

Die Abhandene Welt/The Misplaced world

上映日:2016年07月16日

製作国:

上映時間:101分

3.0

あらすじ

「話があるんだ」と思いつめた声で父から呼び出されたゾフィは、ネットのニュースを見せられて唖然とする。そこには、1年前に亡くなった最愛の母エヴェリンに生き写しの女性が映っていた。彼女の名はカタリーナ、メトロポリタン・オペラで歌う著名なプリマドンナで、同じ歌手でもドイツの名もないクラブをクビになったばかりのゾフィとは住む世界の違うスターだ。父はどうしても彼女のことが知りたいと、ゾフィを強引にニューヨ…

「話があるんだ」と思いつめた声で父から呼び出されたゾフィは、ネットのニュースを見せられて唖然とする。そこには、1年前に亡くなった最愛の母エヴェリンに生き写しの女性が映っていた。彼女の名はカタリーナ、メトロポリタン・オペラで歌う著名なプリマドンナで、同じ歌手でもドイツの名もないクラブをクビになったばかりのゾフィとは住む世界の違うスターだ。父はどうしても彼女のことが知りたいと、ゾフィを強引にニューヨークへと送り出す。気まぐれでミステリアスなカタリーナに振り回されながら、彼女と母の関係を探るゾフィ。どうやら母には、家族の知らないもう一つの顔があったらしい-。

「生きうつしのプリマ」に投稿された感想・評価

はね

はねの感想・評価

2.9
んーなんだろ?母に似た人を探しに行って、、、それで、、、?んー。。。

結局似た人は何だったのと探っていって答えが分かってもスッキリはせず、、、。

もっと深い話かと思っていたので残念です。
男のエゴがつまった作品。
サスペンスでもミステリーでもない。
何が複雑なことがあったのかと思ったのだけど根っこは意外にあっさりしてて、お母さんの過去に平然として恋人も見つけてって言う主人公にはん?って思ったけど、着ているお洋服とかは可愛かった。おじいちゃん兄弟の喧嘩は確かに笑えた。
Rinko

Rinkoの感想・評価

2.0
淡々としすぎて妙に暗いしなんか見終わったあともスッキリしない…
深町薫

深町薫の感想・評価

2.7
最初の頃は人間関係が分かりにくかった。
どなたかも書いているけど、みんな年齢層が高いから、母親の秘密にあまり戸惑わないのかな?と思った。若かったら、真実に傷つくと思う。
キイロ

キイロの感想・評価

3.0
邦題が微妙なドイツ映画。おじいちゃん二人の取っ組み合いのケンカが面白かった。若い人には出せない、おじいちゃんだからこそ笑えるやつ。このシーンはただのワンシーンで母の過去を知るドラマだったのですが、我とか欲とか人間てややこしいなと思ったのでした。
YOU

YOUの感想・評価

2.9
あらすじの割には、そこまで面白くはなかった。引っ張る割には、真相もあんまり・・・。
自分の母親とそっくりのオペラ歌手を見つけ会いに行くといろいろとあったお話
”偉大なるマルグリット”を見たアトだと、思わず歌に注目(注耳?)してしまって……(笑)。

ともあれ、妻を亡くした悲しみから立ち直れていないパパがネットで見つけた奥様の生き写し女性に会いに行かされた娘が、ニューヨークでママに関する意外な過去を知ってしまったり、ついでに恋人まで見つけちゃったりという人生の悲喜こもごもを描いた一作。
登場人物の年齢層がもう一世代分若かったらもっと劇的でサスペンスフルな印象になったのかもしれないけど、なにぶんパパは棺桶に片足突っ込み気味、娘は娘で酸いも甘いも噛み砕いた熟女世代なんだから、弾けた反応は期待できない。むしろ、思いがけない愛憎劇の露呈を「ソレも人生だ」と受け入れる素地のある年齢層であるコトが、地に足の付いた物語を形成していた……かも。
とはいえ、もう少し冒頭に現在の状況を織り込む気配りは欲しかったかも。しかも、メジャーなオペラ歌手に突撃できるんだ、という疑問を差し挟ませない工夫も欲しかったかも。
apbp

apbpの感想・評価

2.5
亡き母にそっくりな女性を偶然見つけ、その女性を追いかける主人公。
あらすじを見たら面白そうでしたが、そこまで凝った内容ではなかったです。
登場人物がちょっとややこしく、覚えるのが大変でした。
>|