さよなら、僕のマンハッタンの作品情報・感想・評価

さよなら、僕のマンハッタン2017年製作の映画)

The Only Living Boy in New York

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.7

あらすじ

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させるこ…

大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。

「さよなら、僕のマンハッタン」に投稿された感想・評価

acco

accoの感想・評価

3.8
両父親の気持ちも分かるけど、同じ女性だからか、母親の言葉にすごく重みを感じた。息子が真実を知ってしまったと分かったときの、女と母親の2つの顔を見せたあの表情になんかホッとした。

自分ではそう思ってなくても(ジョハンナの言葉じゃないけど笑)、見守ってくれてる人はいっぱいいたんだねー


それにしてもケイト・ベッキンセールって、あんなにキレイだったっけーってくらい美しかった
すき

すきの感想・評価

4.3
ナードな男の子がやばい女の人を食っちゃう話。そしてそれを愛と錯覚しちゃって、関係がこじれてしまうの。
500日のサマーと同じスタッフだっけ?今回もジョハンナがナードマグネットというよりかは、男ほいほいだった。
個人的にはミミが可愛くてよかったな。
登場人物もみんな本書いたりパブリッシャーだったりするから、観ていて楽しかった。本が好きな人は素敵!台詞も素敵だった。
やっぱり500日のサマーには勝らないし、展開もそんなに大きなものでもなかったけれど、オチが素晴らしかったので4.3。
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.7
邦題はこれじゃない方が良かったんじゃない?

普通の青春映画かと思いきや、しっかりとしたオチがあって意外だったなぁ(良い意味で)

ケイトベッキンセイル綺麗すぎんか?俺も今大学生だけど、年上でもあんな綺麗な人には惹かれてしまうよ。

そういった点で、『卒業』という映画に似ているなと感じた。

映画終盤でトーマスが父親に対して言った一言に泣けた。
あ

あの感想・評価

-
なかなか共感できず、感情移入できず、でしたが、最後の展開でグッと持っていかれました。
「人生とは無作為であって作為的」。
それぞれの登場人物のセリフが素敵でした。
抱えていた不安や悩みが爆発すると
「あぁ!もう言ってしまいたい!」と思ってしまう気持ちには共感できた。

リンチっぽい風貌のジェフ・ブリッジスはかっこいいけど、お話自体は"無難"かも。
雑誌「THE NEW YORKER」の表紙から始まり、ニューヨークの空気が楽しめそうでワクワクした。
でも、作中でも語られていたが、華やかで洗練されてウィットに富んだかつてのニューヨークは変貌してしまったようだ。
少しさびれたようなニューヨークにはもの悲しさを感じるが、そんな中でも懸命に自分らしくあろうとする登場人物たちに力強さと希望を感じた。
脚本も見せ方もとても良い。若さゆえに苛立ち、素直になれない青年トーマスの心情が、とてもわかりやすく表現されており、背景のマンハッタンの風景も、場面ごとにマッチ。無駄がなく、全編通してとても洗練されていた。ピアーズ・ブロスナンは1980年代、米TV「探偵レミントンスティール」全5シーズンで主演。今は渋~い父親役。勝手に親近感と時の流れを感じつつ観ました。愛人役の女優さん、同じ女性からみても惚れてしまう美しさ。とにかくオススメ!
男の子、マンハッタンの中に染まっていくにつれて 色っぽくなってく。
音楽もよし、詩のようなセリフもよし、適度に秘密めいていて面白かったです。

初めはつまらない彼も、段々と複雑な大人の世界に入っていき結果的に彼女に見直されるような魅力が出てきたということでしょうか。

実際のところ主人公の彼よりも彼を取り巻く人たちの長く静かな愛に胸を打たれる。
主人公はある日、父の不倫現場を目撃してしまった
このまま不倫関係が続くと家族が崩壊することを恐れ、
不倫相手の女性を独自に調べることに
だが、徐々に主人公もその女性に魅了されていってしまい、
日常が変わっていくという物語
話が二転三転し、最終的には理想の結末では決してなかったと思います。これは観た人の捉え方次第です
主人公に共感できない部分が多々あります
でもそこが物語のミソでもあるんですよね、
>|