ブルー・シーズンの作品情報・感想・評価

「ブルー・シーズン」に投稿された感想・評価

sunflower

sunflowerの感想・評価

3.7
こんな短い時間で、起承転結がしっかり構成されている良作でした👍

恐怖から始まり、「あ、良かった脱出できた〜🙂」と思ったら、「え〜、そうだったの〜🙀」というまさかの結末😨

完全に騙されてました〜😆

デイジー・リドリーのその後の活躍が気になって検索していたら、辿り着いた動画🐥
その後を探していたらその前に辿り着いたという。嬉しい発見でした😊
tetsu

tetsuの感想・評価

3.0
短編映画を探していると発見したので、鑑賞。

密室に閉じ込められた女性。
彼女の唯一の命綱は、遠隔でつながったある男性の声だった。

スターウォーズ新三部作の主人公を務めたデイジー・リドリーさんが、主演を務めた初期短編。

2001年のワシントンDCを皮切りに、世界各地で開催されている「48時間映画祭」の企画で作られた作品のひとつ。

ちなみに、48時間映画祭とは、脚本から撮影、編集まで、たった2日間という限られた時間で映画制作を行うイベント。

参加者はランダムで与えられたお題に合わせ、作品を作ることになり、本作でも、オープニングのテロップとして、そのお題が写し出される。
(動画の概要欄にも掲載されている。)

『セルラー』やら、近年で言えば『ギルティ』を彷彿とするオープニングに、ワクワクとはさせられるものの、比べてしまえば、尻すぼみな印象は拭えない。

とはいえ、短時間でこれを作ったこと自体には、かなりセンスを感じられる。

また、他の方のレビューでも書かれているように、スターウォーズシリーズの祖であるジョージルーカスのデビュー作『電子的迷宮/THX-1138:4EB』と被る部分が多く、そこに運命的な何か(フォース?!笑)を感じられるのが、一番の見所でもある。

参考
Blue Season • Short Film - SCI-FI-LONDON 48 Hour Film Challenge|Vimeo
https://vimeo.com/63567146?ref=em-share
(プロデューサーの公式アカウントで配信されている本編映像。) 
ふとデイジー・リドリーって「スターウォーズ」と「オリエント急行」以外には何をしているのかなと思い調べたら、スターウォーズ後は「ピーターラビット」のボイスアクターと英語吹き替え版「おもひでぽろぽろ」のタエ子役という二つがあり、スターウォーズ以前にはこの短編に出ていたことを知る。
imdbには、この映画はthe Sci-Fi London 48hour Film Challenge という企画で作られたくらいのことしか書かれていない。

ただこの短編やけに…というか明らかにジョージ・ルーカスの「電子的迷宮THX-1138 4EB」の系譜にあるようで…。
まあルーカスの方の短編はその後幾らでもパクられているだろうにせよ、ちょっと偶然にしては出来過ぎている感じもする。

主人公がなぜだか分からないが捕まっていて逃げようとするが、監視されている。
と書くと大体そのまんま。世界設定は異なるにしろ一応彼女にはデバイスが埋め込まれていて遠隔で殺されるというディストピアみ。

まさかこういう要素も加味してスターウォーズの主演にデイジー・リドリーが選ばれていたとしたら…と想像せずにいられない。
そしてスターウォーズの後はボイスアクターばかりというのも、マーク・ハミル化の予兆に見えなくも無い。
スターウォーズ、関わった人をみんな呪いにかけるからもう三部作とか作らないでくれ。どうせ何作ってもファンは喧々囂々なんだから。
shun

shunの感想・評価

2.7
マーク24人目
もちろんデイジー目当て。ピーターラビットで面白かったので。
スターウォーズシリーズ以前のデイジーが見られる貴重な作品ですね。
何を伝えたいんだろう、、
ピコ

ピコの感想・評価

-
https://youtu.be/E6QRAL6Sf4Y

デイジーたむ目当てでつべで見れるショートムービーということで
字幕なしでもなんとなくは分かったけどなんせ情報が少なすぎる 逆さ吊りが良い予兆なんてことがある!?

リドリーちゃんは良い まあ無双してる方が好きに決まってますけど 追われると言うより追うというよりグイグイ引っ張ってく感じが好きです 顔が強いので
あとSWネタ満載&リドリーちゃん過保護なコメ欄が面白い🤣
keita

keitaの感想・評価

1.0
えーと、どういうこと?
一つだけ確実に言えるのはデイジーがかわいい
デイジー・リドリー出演、【SW/フォースの覚醒】の約2年前に発表された短編映画。
ワシは英語が分からんのであくまで憶測であるが、何かの映画祭か企画の1篇と思われる。

SCI-FI-LONDON 48 Hour Film Challenge
…ってヤツらしい。
ランタイム 5分チョイ。

YouTubeで観れる。

言うても短編。
何とな〜くスリラーだというのは分かる。
監禁されてる雰囲気なデイジー・リドリーが『kidnap』と言っていたので正にそういう事なのだろうと。

英語が堪能な人にどんな話なのか聞きたいw

とにかく言葉のせいでワシは内容の把握が出来ないが、若いデイジー・リドリーが観れた事は素直に嬉しい。

あくまでも有名になる前のデイジーを見れた事に対するスコアである。

内容に対してのスコアは付けようがナイw
デイジー・リドリー主演の短編映画。不条理なサスペンス。いやサスペンスとして成立しているのか。CM監督らしいのに、映像もチープで低予算ならではの工夫がない。長久允を観よ。真っ暗な部屋で逆さに吊るされている女性に一本の電話がかかってくる事から始まる5分間の逃亡劇。
タツ

タツの感想・評価

-
デイジー・リドリーが主演と言うことで!
Youtubeで観れました。5分しか無いけど、、、よくわからん!
デイジーリドリー過去作なので鑑賞。SW以外の彼女は初。映像で内容がわかるお話。やはり彼女は主役顔。 デイジーのSW以外の長編映画が楽しみ
>|