RANMARU 神の舌を持つ男の作品情報・感想・評価

RANMARU 神の舌を持つ男2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:105分

3.1

あらすじ

「絶対舌感」という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸(向井理)は、唯一、口内細菌を気にすることなくキスでき る相手に失恋し、傷心の旅の途中、行き倒れてしまう。気がつくと、そこは怪しげな鬼灯(ほおずき)村。人工 呼吸された時、その口内の細菌になぜか不快感のなかった女医・りん(木村多江)に興味をもった蘭丸は、伝 説の三助として語り継がれる「大津のヘースケ」の孫であることを生かして、村の温泉で…

「絶対舌感」という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸(向井理)は、唯一、口内細菌を気にすることなくキスでき る相手に失恋し、傷心の旅の途中、行き倒れてしまう。気がつくと、そこは怪しげな鬼灯(ほおずき)村。人工 呼吸された時、その口内の細菌になぜか不快感のなかった女医・りん(木村多江)に興味をもった蘭丸は、伝 説の三助として語り継がれる「大津のヘースケ」の孫であることを生かして、村の温泉で働くことにする。 甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)が蘭丸を追って村にやって来た頃、村の空気は次第に 不穏さを増していく。鬼灯村は玄武岩が多い土地柄で良い成分の水が沸く。その為、住民たちは温泉で村おこ しをしようと試みていたものの、最近、黒水が出て対処に追われる上に、不吉な鬼火が目撃され、さらには秘か に語り継がれていた「子殺しの温泉」という曰くつきの悪評が明るみに出て、問題てんこもり。 村が大騒ぎになっていた頃、大陥没地帯で遺体が発見された!殺されたのはりんと恋仲だと噂されていた卜 真(うらない・まこと)だったことから、たちまちりんに疑惑の目が向けられる。りんは事件と関係しているのか?不 吉なことが次々と起る理由は一体......? そして、りんを責めるように老婆たちが集まって歌い踊る妖しい「かごめかごめ」に隠された謎とは......? 蘭丸の舌が、封印された村の秘密を明るみにする!

「RANMARU 神の舌を持つ男」に投稿された感想・評価

じゅん

じゅんの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃおもろい。
最初から最後までおもしろい。

ドラマの時も好きだったけど映画版もやっぱり好き。笑えるシーン多い。

でもあのお婆ちゃんたち怖いよね。

木村文乃のキャラ大好きだし佐藤二朗のツッコミもすごい好き。

裸の大将の人時々顔大きくなってたのは意味わかんない笑
トリック等に比べるとパワーダウンした感がある。かといってコメディパートは面白かった。くだらねえっていいながら見てください。これからドラマ版みます。
mikky

mikkyの感想・評価

3.2
やっぱり堤監督最高です!
映画本編スタート前から笑わせてくれた!
脇役が脇役になってない…でも肝心な時は邪魔しないあたりがさすが!!!
それぞれのキャラがしっかりしているところが良い。
ぴうり

ぴうりの感想・評価

2.8
二郎さんのぼそぼそツッコミしか面白くないって思ってたら。
地下水の法整備の不備やら、リンさんのオチにやられた。
意外と楽しめた。
tancoc

tancocの感想・評価

3.0
テレビシリーズから、ゆるーく観られるところが好きです。
蘭丸も光も宮澤寛治も、キャラと俳優さんがよく合ってます。

かごめかごめにあんな説があるとは知りませんでした…。
てるや

てるやの感想・評価

3.0
こんな、いい意味でくだらないもの大好き。
映画で見るには間延びしてた感が、、、向井理がかっこいいから良し!
Emma

Emmaの感想・評価

4.5
堤幸彦監督の世界観が全面的にでていてとても好きです。

木村文乃さんの役が普段やるような役とのギャップがすごくてめっちゃ笑えます。

ドラマから映画を通して何も考えずに見ることが出来たら普通に楽しめる作品だと思います。
KH

KHの感想・評価

3.0
TVシリーズ通りの劇場版でした。
変わらないことは良い事だけど、映画としては物足りなくもあります。
堤監督作品としては傑作ではないのだろうけど、良い雰囲気の作品シリーズなので、私は好きなんですよね。

TRICK(特に後半シリーズ)とかが好きな方なら、TVシリーズから見ても損はないと思います!
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.5
言うほど悪くないと思うけどな
堤監督の感じといいゆるく見れる
Lana

Lanaの感想・評価

2.1
わたしは結構すきです、堤ワールドって感じで!トリックとかもそうだけど、一部本気で怖い場面とかあるのが、そうそうこれこれ、ってなりますよね。小ネタがそこかしこに仕掛けてあるので、いちいち一時停止しながら観たくなってしまいます。
>|