昼顔の作品情報・感想・評価

昼顔2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和と北野裕一郎。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに二人は別れざるを得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。あれから3年―紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人が営むレストランでの見習いと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女…

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和と北野裕一郎。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに二人は別れざるを得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。あれから3年―紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人が営むレストランでの見習いと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいない。一方、大学の非常勤講師となっていた北野は蛍に関する講演を、ある街で行う事に。講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。「神様は、私を試していたのでしょうか」運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。清流ながれる蛍の住処が“約束の場所”。そんな中、二人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子だった……。

「昼顔」に投稿された感想・評価

coconut

coconutの感想・評価

-
いつか主婦の友人に連れられ映画館で観た。。。

斎藤工はイケメン。

てか近頃、不倫報道も多いし
なんで、永遠の愛を誓い合ったのに
不倫するんやろう。

障害があるから楽しいだけやし、火遊びは所詮火遊び。
「不倫」て題材は、どうも苦手
あかり

あかりの感想・評価

3.5
ドラマからの大ファンやから、映画としてではなくドラマの延長として見てしまったから星は低めやけど、大好き

ドラマでは出なかったスケールで、でも進んでる世界は狭くてそこがまた良かった
茶番って思われるかもしれへんけど、紗和と北野先生の想いには一々泣かされた
ほんとに大好きな作品
ドラマにハマっていたので映画も期待して鑑賞。
良くも悪くも普通の映画だった。
nori007

nori007の感想・評価

4.0
ドラマ版にがっつりハマっていたのだけれど、この映画版もちゃんと「昼顔」していてよかった。実に昼顔らしさ全開。もう会わない誓約書まで書かされていったいどうやって再び再燃するのだろうかと思っていたのだが、実に上手い流れで関心してしまった。しかも今回は2時間という尺の中にも常に緊張感が持続する作りになっていて、とてもよかった。
中でも印象的だったのは、女同士の関係性って恐ろしいと思ってしまった。男のサブキャラもかなりいい味を出している。屋敷紘子さんが意外なところで出てきてびっくりした。いつアクションをするのかと思った。んなわけないかw
上戸彩の最終的な落ち着きどころ。そして最後の子供のシーン。実に上手い。
さくら

さくらの感想・評価

4.4
すごーくすごーくドラマのファンで楽しみにしていて、色々ん?ってところはあったけど、やはりすごく好きでした。笑顔でキスするシーン、ああゆう2人になりたいと思わせてくれます、とりあえず何回も見たい、好き。
主人公に1mmも共感できないムラムラ感が逆に新しくて清々しかった。斎藤工の無駄使い感ハンパない。
yukiiiii

yukiiiiiの感想・評価

3.5
どちらかが幸せになっても良かったんじゃないのかなって思った。
sena

senaの感想・評価

2.9
観終わったあと気が重くなる。

ドラマで終わっていたほうが
良かったのかなと思ってしまう。
rama

ramaの感想・評価

3.5
不倫に対して
肯定派でも否定派でもありません

ただ、不倫だからどうとか
他人の恋愛事情にあーだこーだ
言ってる人の方が胸糞悪いです。
人に誇れることではないけど、
その人を好きになって、
一緒になれないのは
どんな立場でも悲しいです。

普通に泣けた〜!
不倫って状況でも、誰かをあんなに好きになれるって素敵だと思います。
tomo

tomoの感想・評価

5.0
ドラマも見ていたけど
映画はラストが衝撃的。
不倫した罰。
上戸彩は色気漂ってる。
>|