恋におちての作品情報・感想・評価

「恋におちて」に投稿された感想・評価

ハル

ハルの感想・評価

3.6
恋はするものでなくて落ちるものである。そして、結婚していながら恋に落ちた者は、地獄に堕ちると相場は決まっている。

だが、この作品は、いわゆる地獄不倫物ではない。不倫しているのに、全然ドロドロしていない。

道ならぬ恋に落ちる男女はまるで初めて恋を覚えた少年少女のようだ。デニーロとメリル・ストリープの抑制の利いた演技がそうさせるのである。
 
とはいえ、道を外れた大人の恋に明るい未来は約束されない。

あのラストに苦い余韻を感じ取ったのは私だけではないはずである。
nyoloner

nyolonerの感想・評価

3.4
例えそれが結構いいお年の2人だとしても、恋愛MAXのときの描写はキュンとくるね。
駅での待ち合わせシーンには、くぅ〜!ってなりました。

メリル・ストリープとデ・ニーロっていう大物同士なのに、ドラマがすごく自然に入ってくることに驚嘆です。
KojiTanaka

KojiTanakaの感想・評価

3.4
メリル・ストリープの目、ロバートデニーロの間。この2人の演技だけでも見る価値はある。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.7
デ・ニーロとストリープのラブストーリーだなんて胃もたれしそうって思ってたけど、観てみたら意外によかった。
二人ともギラギラしてなくて素朴な感じがしたのがよかった。
それぞれの友人役としてハーヴェイ・カイテルとダイアン・ウィーストが出てくるのも嬉しかった。
音楽には時代を感じた。ちょっと懐かしい感じ。
デニーロの嫁が別れるのが惜しいくらいの人とみた。
映画は良かった。でもこの二人は長続きするかなあ、なんて思ってばかり。
不倫ものの受け止め方は、立場や恋愛経験に大きく左右される。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.2
ディアハンター以来の共演となったロバート・デニーロとメリル・ストリープが贈るロマンス映画。

クリスマスの買い物で互いのプレゼントを間違えて持って帰ってしまったのを機に始まるありがちなロマンスです。
だが、2人は既婚者という…

内容は、不倫なんですけどドロドロさはなくむしろ清々しいほどでした。
こういう恋ってあこがれますね〜
若い頃みた映画だったけど、あの頃は私も若かったのね。
感じ方がなんだか全然違うのよね~

モリーが最後にフランクに会いに行こうとして、乗っていった車が、ホンダのワンダーシビックで、あの頃このシビックがかなりはやったのだ!
デニーロもメリル・ストリープも若い!そして、美しい
小太郎

小太郎の感想・評価

3.0
☆ピュアでいけない恋☆

ロバート・デ・ニーロとメリル・ストリーブ共演のピュアな不倫を描いた作品

互いに家族が居るが、内に秘めた相手に対する感情が膨らんでいく中で、再び廻り合い…

どろどろ感ではなく、優しいピュアな恋を互いに求めあっていく。そんな感情が抑え切れずに不倫だとわかっていながらにして走ってしまう。理解してあげたいが…
とまこ

とまこの感想・評価

3.5
街がクリスマスの雰囲気たっぷりで綺麗だった。本屋での出会いや再会のシーンは少し憧れる。
7e3

7e3の感想・評価

-
めちゃめちゃ爽やかなので(特に美しいピアノのBGMとか)
見ていると純愛のような気がしてくるけど、どうがんばっても捉えても不倫なので時々、いや、でも、あんたたち、ふ、不倫だからね!!!とツッコミを入れつつ見てしまった…

恐ろしいなとおもったのは、本人たちは家族に何の不満もない中で、友人たちにそそのかされたり、なんだかんだでの不倫なのである。
そんなに運命的な出会いだったのだろうか…それぞれの家族のことを思って複雑な気持ちになってしまった…
>|