ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初らへんの死体祭りがさいっこう!
遺体の中ではジェーンドウは綺麗すぎてあまりときめかないけど徐々に死因を調べるために骨バキバキしたり内臓取り出したり皮剥いだりするのがエッチだった。あの完璧な顔に対してのすきっ歯もレアセドゥみたいでセクシー。
全面的に魔女感を出してこなかったのが良い。起き上がって攻撃してくるのはシラケるからね。遺体たちがひたひた歩いてきて加害してくるシーンは緊迫感があってなかなかに怖い仕上がり。
でもオチでもっとすごいやつぶち込んでほしかったな。
序盤から中盤にかけての張り詰めたような空気感がとても良かったけれど、怪奇現象は実は…という事もなく全てジェーン・ドウによって引き起こされた呪いだった!という身も蓋もない話で肩透かしを食らった

設定自体がとても面白くて興味を惹かれるものでした。

ジェーンドウ 身元不明の掘り起こされた女性の遺体
外傷が全くないにも関わらず手足首が折れていたり膣内の激しい切り傷や真っ黒の肺など解剖していくにつれて明らかになる傷。 そして異常な程細いウエストや灰色の瞳はとても美しかったです。

途中儀式に使われるような紋の書かれた布が体内から出てきたときから薄々気づいてましたが、魔女的なお話だったんですね

前情報を何も見ず、完全犯罪的な映画かと思って見てたので驚きました、、笑


しかし合間合間のいかにもな怖がらせの演習や明らかなフラグ立てのせいで 設定をもっと深く見せれば素敵な映画になりそうなのにチープな印象になってしまい残念でした。
特に父親のフラグ立てがわかりやすすぎて先が読めてしまいました。
主人公の死に方も呆気なくてそこらへんはいまいちでした。
前半がとても面白い分勿体無かったです!!

そしてどうしてあれだけの治癒力がありながらも起き上がることが出来ず死体のまま(最後足が動いていたけれど)なのかが気になりました
始まった時点で、逃れられない結末に囚われているってタイプの作品だね。
冒頭の現場でそのヒントが出ている。

ジェーン・ドゥってなは日本で言う名無しの権兵衛的な意味合いのようだね。

ジェーン・ドゥの謎解きが、さあどんな展開を見せるのかなって思っていたけれどやっぱりオカルト方向に持っていくしか無いよね。そらそうだ。
けど、最大限活かした演出と展開だったんじゃないかなって思う。
きちんと気持ち悪いし怖いし不快な流れはなかなか秀逸。

冒頭の警察官が2度ジェーン・ドゥが関わる現場を見ていることからこの事象が繰り返される事の暗示と、2度目の現場を見た後でまた自分の街でなく遠い街にジェーン・ドゥを押し付けるということから、まるまる同じでなく微妙な変化が生じながら呪いを拡散していくという暗喩もあるね。

父親の命をどのくらい吸ったのか分からないけれど、全て吸いきってたら完全復活のところぎりぎり押し戻されてたように思わせきや足の指は自ら動かせるようになっていたね。
あらゆる街を回りながら少しずつ復活していくんだろうなという不安を残して物語は終わる…
「魔女狩り」の真の目的は、民間の小さなコミュニティの中で行われていた独特の医療メソッドを潰し、教会が医療行為を独占する為だった、とする説がある。魔女狩りの被害者の中に偶然にも魔力を秘めた本物の魔女がいて、家族や友人を殺された彼女が現代に至るまで医療従事者に対して細々と復讐をつづけてきた...という考察。無理があるかな。ただ、含みを持たせるラストがこの作品にピッタリ。いろいろ想像するのが楽しい。

解剖のシーンは結構えげつなかったけど、最後の方マグロの解体ショーに見えてきた自分にビックリした。
なんか別の話のサブストーリーみたいな感じした。地味だった。
解剖開始するときに一瞬だけいかにもな感じにノリノリな曲がかかるのが特に意味がない。
お父さんが過去の奥さんの死を乗り越えたりするのかなーと思ったけどよくわからないままだった。報われない~
死体が強すぎる。ホラーは敵と戦える何かのルールを見つけて反撃しないと、やられっぱなしだともやもやする。世にも奇妙な物語みたいなもやもや。
解剖するホラーっていう新しい?ジャンルをだしたからそれだけでもいいんだろうか。
見終わった後、なにかスカッとする映画がみたくなる。
汗ばむけど、体はヒンヤリ。そんな今日の気候そのものの居心地の悪い作風。ビックリ系では無く、ジワジワ系の良作ホラー。
一家全員が残虐な殺され方をした家の地下から見つかった不思議な遺体。解剖しても謎は深まるばかり。両手首と両足首が粉砕骨折。舌も切り取られ、膣内も損傷。肺は黒焦げで、他の臓器も傷だらけ。それなのに外傷は無い。終いには、皮の内側に、怪しげな文様が。
遺体の少女が、イヤラしく無く綺麗。それがまた不気味さを煽る。遠目で全裸が映るシーンもあるが、変に体を舐め回す様なカメラワークは無いから、話の展開に集中出来る。
細かい解剖で新たな事実を積み上げて、冒頭の事件に繋げるかと思いきや、話はオカルト方面へ。これも想定内だし、好きなジャンル。この辺りが人を選びそう。
遺体が動き出すなど怪奇現象が頻発し、遺体は魔女であると言う結論。しかも生きていると言う。解剖の傷は自然治癒していたが、動ける様にはならないのかな。骨折とか、内臓の損傷とかは?
何百年も遺体の様に横たわって、人間が来たら苦しめて殺す。よく分からない存在。続編を作って、貞子みたいにポップアイコンに成り下がるのだけは止めて欲しい。
外傷の無い美しいジェーンドウ(身元不明遺体)の検死依頼をされた主人公親子。その遺体を露わにしていくと常軌を逸した状態である事が判った。更なる検死により死因を探っていくと、次第に謎の怪現象に見舞われてゆき……な話。
映像、演出は満点。寒色を基調とした無機質な空間が主で、ジェーン・ドウの肢体を一層妖しく艶かしく際立てています。
こういった解剖シーンを実際に見たことがある方は少ないのではないでしょうか。かくいう私もその一人で、当たり前と言われれば当たり前の事なのですが、とあるシーンで''死体の一部位(顎や瞼)を少し動かして手を離しても元の位置に戻らない''といった描写を見た時、妙にそれを生々しく感じ、普段ホラーやスプラッター映画を怖いとは思わぬ私でも不思議と不穏な気持ちにさせられたものです。
しかしやはり極め付けは死体役のモデル、オルウェン・ケリーの美貌にあるのではないでしょうか。傷一つない滑らかな身体と派手過ぎない端正な顔立ち。人形のような彼女は台の上に乗せられただただ横たわる……。この蠱惑的な彼女を見て、背徳と畏怖を感じ得ずにはいられませんでした。この映画の肝はそれにあると私は思っています。
さて、話が逸れてしまいましたがビジュアルはこの通り花丸満点をあげたい程です。
といいつつストーリーも中々の出来ではあります。中盤までは只管解剖を進めてはこの不可解な死体の死因について仮説を立ててみたり何だり、あれも違うこれも違うと必死に切磋琢磨する親子の姿に目が釘付けになっていました。それ程までの気迫がこちらに伝わってくるテンポの良さなのです。
然し乍ら中盤以降、解剖を進めていると何かと怪奇現象に見舞われます。ブレーカーが落ちたり、飼い猫が惨殺されていたり、エレベーターが勝手に動き出したり……。
ここまではまだ予想の範囲内(というかあらすじにも書かれていた事ですので)でしたが、終盤から一気に信じられない方向に。
突然遺体安置所から全ての遺体が無くなり?かと思いきや冒頭で出てきた遺体が歩き回って?そしてまさか依頼された身元不明死体は実は生きていて?しかも魔女で?遺体が歩いていたのは魔女が霊媒能力を駆使していたからで?傷つけられたら小さな傷一つ見逃す事なく復讐する?といったぶっ飛び設定に走ります。
そしてラストは父が解剖済遺体の身代わりとなり死亡、息子も脱出を試みるも後少しの所で死亡してしまいます。
結局魔女の詳細は分からぬまま(セイラム魔女裁判についての言及がされていたとはいえ)。そうしてまた遺体は別の場所へ移送され、同じ悪夢を延々と繰り返す……といった内容が全てになります。
ラストの肩透かし感は少々否めませんが、全体の評価としては良し。
推理や謎解きのドキドキ感がお好きな方に是非お勧めしたい作品です。

余談ですが、皮膚を剥いで裏側を広げたシーンは不覚にも感動してしまいました。あれめっちゃかっけえ
怖い映画でした~…
ホラー映画はあまり得意ではないのですが、怖すぎても最後まで観てしまいました!

オルウェン・ケリーがとっても綺麗でした!あんなに綺麗に死体を演じられるってすごいですよね!

ホラーだけではなく、なぜそれが起こるのか謎解き的なところもあってよかったです。
最後の終わり方も納得でした!

もうあの歌と鈴のチリンチリンって音が思い出すだけで怖すぎです。

あと解剖のシーンがちゃんと映されていてグロいところもあるのですが個人的には満足でした!考えるだけで痛すぎるんですけどね…(‥ )
土に半分埋まってる時からあり得ない美しさの死体
死後硬直もしてなくてなんで?
って言うのは当然だったというオチ!
謎が解き明かされていくうちに
最初は普通に死んでたのに、どんどん表情がついているように見えてきて
得意気に微笑んでるような感じがほんとうに怖かった。
面白かったです。
>|