ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

サスペンスか何かかと思いきや結局ホラー、全く期待はずれ。
検死の人体解剖だなんて普通の医療モノも真っ青だけど、スプラッターホラーて事なら何てこたーないわな。
名演というのかどうか死体役の人は気になった。瞬きしないで長時間目を開けてるだけでも普通なら大変。楽に見えて実は一番苦労した難役では?
家族全員が惨殺された家屋の地下から発見された身元不明女性の死体を検死解剖した親子が様々な怪奇現象に襲われるホラー。

ジェーン・ドウとは身元不明女性のこと。
初めて聞いた言葉だった。

物凄く面白かった。
特に映画の大部分を使っていた死体解剖場面が素晴らしい。
美しいグロ。凄く好き。
どんどん体が開かれていくにつれて、どんどん謎が増えていく。
皮膚の内側に呪いの言葉が描かれているのは特に最高だった。
他の死体もリアル(見たことないけれど)で、動いてからも良い感じ。
前半で伏線が貼られていた鈴の音にはワクワクした。

死体に対して平然と対峙する検死官親子が前半で描かれるからこそ、後半で怯えだす彼らを観ると、恐怖が倍増する。
息子は可愛いらしいし、彼女も美人さん、パパも優しさに溢れていて、どの人物も魅力的だった。
だからこそ、この結末は救いが無くて寂しい。
元凶が死んでる上に殺せないならどうしようもないじゃない!
バッドエンド不可避。

しかしテンポ良く進んでいった感じがしますね。
話の内容も後半にかけて謎解き出来て、私的には納得の作品でした。
最後ジェーンドゥが良いところまで復活してきてたから、逆に生き返るのかとワクワクでしたがそうはいきませんでしたね。
まあ生き返ったら今度は別のジャンルの作品になっちゃいそうだしな。
お父さんが一生懸命お仕事している背中を見て育った息子さん。冷静さを欠くところもありながらもフォローし合う人生っていいですね。きれいなおっぱいされてて、眼福なことも含めて星4です。
さぁ♪皮を剥いで♪肉を剥いで〜臓物をえぐりましょう〜♡
ROCKなサウンドと共に人体解剖♡
世の中には様々な人間が転がってる、自殺、変死体、殺害、、その中で死因の原因を調べる人体解剖がいる。そして冷凍保存されてく。

ここにまだ未解決の“ ある人間 ”がある。
外見はまったく傷がなく白人でキレイな肌
爪には炭泥、年齢は20代
眼球は白濁 歯が1本抜け、舌が切られていた!膣内は傷だらけ精液はなし。骨は骨折
真っ黒な肺に心臓は不気味な傷がっっ
謎の死体にストーリーが吸いこまれる

ひとつひとつ調べる度、白濁の眼球がアップされホラー感が増す
雷鳴が響くあたりはよからぬ事を連想させてます
古い地下室、薄暗い証明ミステリアスな映像、数々の死因が眠っているだけで恐ろしさを感じるだろう…。

『 ♪心を開いて〜明るく照らしましょう〜 心を開いて明るく照らしましょ〜ニコッと笑うの笑顔は無敵よ♡ ♪』ラジオから聞き覚えのない曲が流れる、毛髪は長く見た目は生きているかのようにとてもキレイ、死体から血が流れるのだろうか??
彼女の肉の内側に不可思議な刻印が、体内から布に包まれた歯、白い糸が出てくる

売春婦か?性的虐待か? いゃ……
次々と死因が明らかにされる。
ポルターガイストのような現象
気持ち悪くも興味深い作品
彼女はいままでの死体の復讐だろうか、父さんの身体を代償に生きようとしている
まさに西洋の魔女😱😱
こんなことが……
彼女はこうして生きた人間の命を吸い取っているのだろう。

また運ばれていく……笑
ミステリーと思い見始めて途中までは面白かったけど、魔女のくだり以降は「え!?ホラー映画やったんかい!」てなって一気に萎えました。
ラストシーンで死体の左足の指が動くとかいらんかった。
サスペンスだと思って観てたら、実はオカルトホラーでした。笑

ジワジワ怖い感じがとても良かった!
悪魔は幻覚を見せるのがとっても上手いんだね!この前見た、オンキュラスも、幻覚見せてたし…
主人公を訪ねてきた人間は悪魔に利用される率が高い。そして死亡率も高い。

最後、お父さんが自ら犠牲になるシーンはちょっとうるっときた。
解剖で死因を探って行く様子はサスペンス調。後半は、しっかり怖がらせるために撮ったスーパーナチュラルザムービーみたいな。
嵐さえも悪魔?の仕業だったとは。
最終的にみんな(彼女すら)死んでしまったのはびっくりしたけど、よく考えたら主役はジェーンドゥだからかなあ思いました。
面白かったです。
コーナーのミラー、ドアの隙間、影、テンプレート通りの存在匂わせだけど演出がうまくてめちゃめちゃ怖い。大きい音で盛り上げるのはやめてくれ。
映画としてはクオリティが高いけど、楽しめる怖さをギリ越えてしまってたため評価は低めに。「ホラーとコメディは紙一重」であってほしい個人的に。これはホラーに寄りすぎた。

死体はすごい美人。後半になるにつれてちょっとイキイキしてるように見えてくるのは錯覚か…。

ところで最後のシーン、運び出している死体は二体。死体が見つかったのがいつか次第だけど、「天気は四日連続の快晴」ってラジオでも言ってたし、パパがエマを殺してしまったのは現実ではなかったと解釈するべきかな。そりゃそうか、風速96mの猛烈な嵐のなかわざわざ彼氏の家に様子見に来ないよね。
あーいい!いや、ちがう!そこはいい!最高!でも違う!そういうことじゃない!

の連続… 、序盤の解剖シーンが最高すぎるあまり、ラストに掛けてのグダグダ感と、それがオチか〜い!って感じが凄かった


エマちゃん殺しちゃったシーン見て、死体から出てきた花による幻覚でも見てたオチかな、と予想立てていたんですが、そうじゃなかった様で。

解剖シーンめちゃくちゃすき。
オカルト的ホラーじゃなく、美しい死体を解剖していくミステリーホラーな作品、あったら見てみたい!
>|