ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

invisible wound 
身元不明の女性の(遺体)ジェーン・ドウ、それを解剖しながら物語が進む前半までは、遺体から浮かび上がる犯人の残虐性、もしくは死因不明の不可思議な遺体の状態により恐怖を描いたミステリータッチの新感覚のホラーで最高です。※遺体が本物としか見えないのでグロいのが苦手な方は注意が必要です。
後半は正統派ホラーになってしまって肩透かしを食らいました。しかし、中々怖くて一捻りもあって良かったです。
本作は普通に考えたらバッドエンドだけど、ジェーン・ドウを主人公として観たらハッピーエンドじゃん!(^ー^)ニッコリ
色々想像させる終わり方も良かったです。あとジェーン・ドウがスキッ歯だったのはちょっとシュールだったなぁ。
おそらく自殺した母親がテーマに絡んで来てると僕は読んでいます。
ジェーンドゥが美人だった。
彼女自身が呪で、彼女を解剖して行くと周りの人間が呪にかかり死んで行く。
彼女自体は死んでおらず、むしろ、生きており、彼女を解剖し終わってしまうと、今度は自分が死にながらにして生きている、呪を振りまく存在となってしまう。
ホラーってほどではなかったから、ちょっと拍子抜けかなぁ
街の小さな解剖業を営む父子のところへ、身元不明の世にも美しい遺体が運ばれ、今夜中に死因を特定してくれと頼まれるが…

---

なるほどなぁ、考えたなぁと素直に関心してしまいました(^^)

まぁ色々アラは見えるので、こういうアプローチで作られたホラー映画は無かったように思います

「身元不明の遺体が古の魔女だったら」から始まった構想だとしたら、その発想の源泉は見事なもんです

天晴れ!
勝手にB級かと思ってたら、プロデュースに『ラ・ラ・ランド』の
フレッド・バーガー、『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督の良質オカルト・ホラーだった。

解剖シーンも素晴らしいし、
美しすぎる死体が静寂性を貫くところが良い。

拷問の形跡はあれど、
炎で焼かれなかったのならどうやって殺されたのだろうか?
(脳細胞は生きてるから死んではないのか)
そのへんの謎解きも含めて同じスタッフで続編希望。

映画『ジェーン・ドウの解剖』メイキング映像
https://www.youtube.com/watch?v=MOrjAMJM240
怖かった。やっぱ悪魔には敵わないのか。遺体がほんとに綺麗でびっくりした。解剖シーンがリアル。
遺体安置所兼火葬場を営むベテラン検視官とその息子のもとに、一家惨殺事件が起きた屋敷の地下で発見された身元不明の死体が運び込まれる。外傷の全くない死体だったが、解剖を進めるに従い様々な不審な点が見つかり…という話。
ジェーン ドゥとは身元不明の遺体のことを指す。

以前観た「アイムノットシリアルキラー」の前に同劇場で同じキャンペーン内で上映されていて当時から興味のあった作品。しかも遺体安置所が舞台になるところや、ロック音楽聴きながら解剖するところまで似ている!

解剖が進むにつれて少しずつ死体の秘密が明らかになったり謎が深まったりとストーリーに直接リンクしているところが面白い。最新のCGやメイクアップ技術を駆使した超リアルな検死シーンも見所。
検死があらかた完了したあとは割とオーソドックスなホラー表現の連続となり真新しさはないものの、ひとつひとつの演出のクオリティは高い。停電し閉じ込められた空間で恐怖を上手くあおっていた。死体の超常能力がかなり万能で最後のラジオ音声で明らかになる結末も驚かされた。
主人公の彼女役の女優が可愛らしいのだが、出番は少なくしかも終盤はあんまりな扱い。
これを劇場に見に行かなくて本当によかった。劇場でみたら確実にショック死してた。
検死の現場なんて僕の人生で絶対に入ることはないだろうし、これで見れればラッキーくらいでつけるものではないです。本当に。

おそらく、検屍ってあんな感じなんだろうなって思いながら、あまりにも美麗なジェーンの死体が解剖されて丸裸にされていく課程ってのはとっても見物です。
よく、映画とかで出てくる死体って、実際の死体っぽくないというか、不謹慎なあれだけど、もっと熱がなくなるものだよなあって思うんだよね。
それを思い出してから、バイオハザードのゾンビとか全然怖くないんですけど、これはただただ綺麗でもはや死体ではないんですね。
それもそのはずで、彼女は死んでいなかったのです!!!ナンダッテー!!
ようするに、ハムナプトラのゾンビを検死官に当てはめて作ろうとしたら、死体に見える呪われた肉体を作ったよって映画だよね。
本当に解剖シーン、雑学シーンが面白くてホラーシーンが死ぬほど怖くて、死ぬかと思いました。
監督アンドレ・ウーヴレダルと『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーのフレッド・バーガーが手掛ける作品。通称「ジェーン・ドウ」と呼ばれる身元不明の女性の死体リアルな死体解剖を描いた異色のホラー。とまあ、予告だけでも惹かれる作品だった。
遺体の女性はすごく美しいし、まるで生きているかのよう...
そしてメインの解剖がとてもリアル。実際授業で解剖をしたことがあるのでとてもメスを入れる感覚や臓器などが良く表現されている。個人的に遺体と距離が近いのがよりドキドキした。
ホラー要素もかなり強くて不可解な現象もあるし、死体も動き出すしで結構よかった。物語の謎は、一体女性が何者なのか、死体解剖がテーマになっているだけに死因を突き止めることだから、ホラーとサスペンスが上手い具合に融合していた。セイラム魔女裁判や悪魔とかも関わってくるので深いなぁと。
またオースティンと父親のトミーの絆も結ばれるようだったけど結局は死んでしまうのがなんとも言えない。オースティンは生きててほしかったし、やられ方が悲しい。最後に遺体の指がわずかに動き終わるところもスッキリしないけど2人が途中で逃げ出しても死因を突き止めるべく最後まで解剖したところは拍手。
なかなか興奮した。
まだきれいで腐っていない美人の死体にすっと刃を立てる瞬間の薄氷を踏むようなどきどきピリピリした感じすごくいい。目や口を開かせたり、皮に手をかけて真っ赤な肉をむき出しにするシーンも好き。
未知の中身を暴いていく姿にどきどきした。

結局、ジェーンドウは魔女裁判で拷問された少女たちの痛みの化身?
誰にも助けてもらえなかった苦しみの権現で、自分を傷つけるものに同じ苦しみを与える悪魔ってことでいいんだろうか。
呪いは続くよどこまでも、って投げっぱなしエンドっぽい。2作目作るの?
【個人記録用】

じわじわとくる不鮮明な恐怖
ラジオから流れるニュースや耳に残る陽気な音楽が不気味で良い
他の死体は動き回ってたのにジェーンドウだけは動き回らずそこにじっといただけってのも良い

後味が悪いわけではないけどなんだかスッキリしない終わり方だったのがマイナス

全員バッドエンドで終わった
>|