ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

解剖ってほんとにああいう感じでやるのかなって気になった。
大きい骨切りバサミに電鋸、動物の解体を見てるような。
解剖して死因究明をするシーンはよかったけど、それ以外はB級ホラー。
結局みんな死んじゃって、次運ばれたところでも同じようなことになって、無限ループってことなのかな。
ミステリーかと思ったらまんまとホラーだったわけですが、何が怖いって「まだ生きてる」「痛みを感じている」ですよ!
そんな地獄あるのかよと!

この先も彼女が感じ続ける途方も無い痛みと永劫の孤独のことを思うと……吐きそう気が狂いそう……

解剖シーンはたしかにリアルだけどグロさよりむしろ美しさを感じました。
とにかく人間よりも「彼女」に思い入れて、ある意味で究極に怖い映画だった。
ジェーン・ドウ綺麗な人。じわじわ怖い感じだけどオカルト要素は好きじゃない。
ロックナンバーをバックに死体解剖に励む序盤は「仕事はこうじゃないとね!」と胸を踊らせ、『羊たちの沈黙』を彷彿とさせるフラッシュと解剖、そして謎の死体に惹きつけられたが、悪魔的なそれを匂わせるあたりから、どんどん求めている路線からかけ離れていく。もうそうなるとダメで「普通そこでそんな行動取らないだろ」なんて悪いところばかり目についてしまう。ネコも彼女も登場時間が少ないだけに殺されても「いや、知らんわ」って感じだし・・・ 。「実は生きていました」といういかにもラヴクラフトがやりそうな既視感のあるオチもイマイチ。まあ、悪い映画だとは思わないが、魔女は魔女でも『ウィッチ』の方が断然好きだな。
良作という情報以外何も知らずに観たおかげでとても楽しめた!

オカルト要素あるのかないのかすら
情報入れずに見たので、
序盤はどっちに傾くかドキドキしながら観られた。
結論から言えばガチガチにオカルトなのだけど(笑)

検死解剖シーンは
学術的?な感じであまりグロさを感じなかったのだけど(私だけかもだけど)
それ以外は少しずつ見えるような見えないようなグロで、それもありかなと思った。

最終的に救われない感じが
悪魔を憐れむ歌を思い出した。。。

あの刑事さんなんか知ってそうよねー。。。
続編とかはなさそうだけど(知らないけど!
お父さんが死んでもだめだったか〜〜、
息子も結局死んでしまうのね……
解剖した時点で二人の死は決まってたのか!!
解剖シーンはここどうやって撮影してるんだろうって興味津々で見てしまった

洋画に出てくる幼児向け(?)の不気味な歌!なんとも言えない不気味な雰囲気がとてもとても好き……

最後の黒人警官のセリフがひっかかる
ジェーン・ドウの復讐は終わらないのかな……??
謎は残ってるけど面白かった。

普通にホラー。
びっくりシーンとかある。
音でビビらせてくるし、
何よりあの陽気な歌が逆に怖い。
魔女系か〜ってなった。
猫さんが死んでしまって泣いた。
閉鎖空間で逃げられず、
かと言って相手は不死身で
どうしようもない絶望感が得られる。
好きなシーンは死体の目の色が
変わるとこ。
親子愛がある。
オチが最高、これの為だけに
もっかい見てもいいよってくらい好き。
解剖が進行している間が、最も不気味で恐ろしかった気がする。人知を越えた異常が次々と露わになるが、解剖を家業とする父子はこれを進めない訳に行かない。
ジェーン•ドゥの守護天使が数体ほど廊下を徘徊し始めてからは、先行き不確定だった状況が一気にオカルトに傾いたため、かえって安心して見ていられた。

彼女が物言わぬ「遺体」に終始したことで、全容が伏せられたままの彼女の悪意や、彼女の来し方行く末についての謎が不穏な余韻となって残った。
死者の証である、足首の鈴が振られるラストシーンは、茶目っ気があって可愛らしかった。
映画のコンセプトは、新鮮で良かったです。予告を観てすぐに、「絶対観たい」と思いました。
こういう新感覚ホラーが自分はすごく好きです。
例)ドントブリーズ、アンフレンデッド、バイバイマン

〜良かった点〜
上記で行ったように、解剖×怪奇現象というのが新鮮でワクワクしました。

ジャンプスケアはずるい手段だと個人的には思っています。それが、この映画にはあまり無かったです。
なのにも関わらず、凄く怖かったので優秀なホラーでした。絶妙なカメラワークのせいで、緊張感がやばかったです。

鈴が効果抜群でした。聴覚だけでこんなに怖くなるなんて…

〜悪い点〜
息子のエミール・ハーシュの演技が下手に感じました。特に泣くシーン。

親子の謎な行動が一つありました。
エレベーターを始めのうちに何故使わなかったの?

あと、これは完全に個人の好みのことですが、ジェーン・ドウの正体がわかったとき凄く残念に思いました。
魔女とか悪魔とかをホラーで気軽に使わないでほしいです。なんでもありになるんで。パラノーマル・アクティビティにも同じことが言えます。

もちろん、エクソシストとか、クランプスとかはじめから魔女とか悪魔の設定で戦う映画は仕方ないですが、この映画はそう言うものではありません。
エスターや死霊館のような展開を期待していました。


まあでも、最後までホラー映画のハラハラドキドキ感を楽しめたのは確かです。
ホラー映画が好きな人にこの映画を強くお勧めします。
サスペンスホラーかと思ったら、悪魔系のホラーでした。

背後から纏わりつくような不気味さがとても良かった。

今にも動き出しそうな、美しく、本能的な恐ろしさを感じる遺体を解剖するにつれて「触れてはいけないモノに手を出してしまった」と恐怖が蓄積するのが堪らない。
>|