ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

顔のない死体が歩き回るあたり、、、残念!!
怖いより何で?何で⁉︎何でさ⁉︎が勝ってしまった。
そしてあまり怖くもなかった笑
怪奇現象が同時に進行しだして、正直うーん...となってしまった。
魔女かあ...いや、魔女狩りの犠牲になった女の子の怨念かあ...
謎多き死体を解剖で死因を解いて行く、謎解きスタイルでスタートするものだから何でも出来ちゃう系の真相だと自分はテンションダウンしちゃいました。
無差別、理不尽、そりゃそうだ、魔女の怨念だもの。
でも父と息子がかわいそ過ぎる。仕事じゃんね笑
死体役さんが美しーい。のったりゆったりと追い詰められていくあのストレスが良い。美しく、つじつまの合わない死体を検視官親子が初めは科学的に、次はオカルト的に解剖していくストーリー。おもしろかった。日本のthe怪談 牡丹灯籠みたいに カランコロンと足音が(笑)。
ジェーンドウがラストのラストまで美しいし崇高。誰も助からなくて胸糞悪いけど、そうこなくちゃっな。
鈴が近付いてくるのが良かった。

いろいろと気になる部分もあったので、もう一度見直したい。
王道グロホラー。
映画館だとでかい音でより楽しめます。

傷ひとつない綺麗な女性の死体の検死を初めたとたん謎の怪現象が…的なお話。

このタイトルでわかるけどしょっぱなから終わりまで新鮮なお肉屋さん描写があるのでそういうの無理な人はきついかも。

結構オカルティックで怪しい確信。

心を開いて。
笑顔は無敵。
まあまあ、夜勤明けに見るのにはちょうど良かった。人殺しちゃってるから抜け出せても地獄しかないのがへこむ。
『ジェーン・ドウの解剖』鑑賞。友人に勧められて鑑賞したものの、怖すぎて漏らした。不気味で未知のものが人智を超えた存在であると発覚していく過程は、異常なほどスリリングであり、どうしても解を欲してしまう。本作はそうした人間の心理を、奇妙なほど美しい「ジェーン・ドウの死体」と「解剖」という手法で、そして遺体安置所という特異な舞台で見事に刺激している。
徐々に紐解かれていく死体と深まる謎、僅かなヒントで答えに辿り着くも関係者全滅という救いようのなさ。一瞬、ジェーン・ドウが「助けを求めている」死体であるという柔なハッピーエンドを予感させるも、一度の歩み寄りでは消え失せない、これまでの女性たちの恨みの強さ(なんたって、ジェーン・ドウは生前、拷問された挙句に悪魔にさせられているのだから!)を痛感するものとなった。彼女は魔女狩り・人身御供から続く女性蔑視の歴史を体現する存在なのかもしれない。
また、「呪い」と「科学(文明?)」の対決という点も見どころの一つだ。最新の解剖技術でようやく明らかになる死体の謎。呪いが解けるか解けないかの瀬戸際は、高度な技能戦を思わせる。遺体から出てきた布地に記されたヒントから、ヨブ記の魔女狩りまで辿り着くまでは、ミステリーさながらのトリック。個人的に一番盛り上がったかも。
しかし、ラジオから突如流れる聖歌隊の歌の不気味さと言ったら!「つらくても笑顔が大事」なんて、発信者であるジェーン・ドウのことを考えると鳥肌立ちまくり。久しぶりに心を揺さぶられた。
とても楽しめたトロールハンター監督の待望の新作とあって期待していたけど、期待通りの内容だった
冒頭から小気味好い解剖シーン、おかしなところが次々と出てくるその身体、どんなあり得ないことがその身体に秘められているのか先が気になる展開
セイラム魔女裁判の記録として手足首の骨折、火炙り、裂傷等の拷問が与えられた記録というのは軽く探した程度では見つけられなかったけれど、その辺の元ネタたる史実なんかがあるとしたらより楽しめそう
彼女は元々魔女だったのか、それとも耐え難い拷問の末に世を呪い本当の魔女となってしまったのか
147(34)

めっちゃ怖かったしメス入れる事によるグロさだけじゃなくて生贄としての仕打ちもかなりのエグさで容赦ない感じが良い。話もホラーにしては割と矛盾しないように構成されてて良かった。パパ強し!!!!めっちゃ頼りになる!!!

息子の彼女は勝手に人の家上り込んだ挙句興味本位で安置されてる遺体見たいって駄々こねて故人の事侮辱したから死んで正解!!性格悪すぎ!!もっとエグい殺され方でも良かったよ!!!
>|