ジェーン・ドウの解剖のネタバレレビュー・内容・結末

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿されたネタバレ・内容・結末

予備知識なしで鑑賞。
ジェーン・ドウが解剖されるごとに死因への様々な疑問が浮かんできて、思わず自分も主人公と一緒になって考えこんでしまった。
上半身を開いたのがきっかけで「悪魔ものだ!」と勝手に解釈するも惜しい、魔女ものだったか。
もちろん体の内部なんて見たことはないけど、それでも解剖シーンは素晴らしい出来だったと思う。
これが映画の軸として成り立っているといっても過言ではない。
ジャケットとタイトルのインパクトから思わず手に取ってみた作品。
見た目はホラーだけど、ホラー以外の要素を何となく期待してしまいました。

途中まではかなり興味をそそられる展開。
美しい死体。
解剖のシーンは勿論グロテスクではありますが、それでいて謎めいた描写を含ませているから、なかなかのミステリー映画として高い完成度を感じさせます。

後半、謎が少しずつ解明されますが…。
これはもう好みの問題ではありますが、ホラー×オカルトの場合、もうひと振りスパイスが欲しかったなというのが本音です。
追い詰めかたが悪魔っぽいから※直接危害を加えない、幻覚や音で不安にさせて精神的に追い詰める、など。
心に隙のある(悪魔に狙われやすい)母親とか出てこないのは珍しいな~。父と息子も仲良さそうだし。対決して悪魔に打ち勝つのかな?と思いながら見てたら、魔女か!全体的にすごく好きでした。
1960年代ニューイングランドの出来事ってセイラム魔女裁判だよね?少し調べてからもう一度見たいな。
地味な映画だけれども、地味に面白い。でも個人的な趣味としては、プロローグ部分(死体が見つかるところ)とエピローグ部分(死体が移動されるところ)はなしにして、解剖室から一度も出ずに終わった方がよかったんじゃないかなあと思ってしまう。たぶん1時間ぐらいになるだろうけど。地下を逃げ回ったりとか、息子の彼女とか、そのへんは余計だったんじゃないかなあ。潔く解剖→なんか変だよー→さらに解剖→めっちゃ変だよー→最後脳にたどり着いてな、なに…?だけだったらきっともっと気に入っていただろうな。でもこの映画、いいなと思うのは、ジェーン・ドウが最後の最後までゾンビのように蘇ってひとを襲ったりしないところ。最後まで彼女はあくまでも「死体」のままというのが不気味でいいと思う。

名無しの権兵衛は魔女であり、

自らが受けた痛みを無差別に周囲へ分け与える。


死んで見えるが生きている。

仮死状態とも何か異なる。

以上のことが魔女ということで納得出来るかはあなた次第。


サスペンスを期待したが、

幻覚であったり音調であったり、

どちらかと言うとホラーテイストな作品。


ラストは父親が魔女の身代わりになりかけたが、

継承前に息絶えたので結局元通りというオチだろうか。
レンタルショップで見かけて気になっていたので。

グロいのはある程度なら平気だがホラーは観るのに本当に勇気が要るので、最初の方の鏡のシーンでホラー映画っぽさを感じてやばいな、と。なんとか最後まで観ることができてよかった。

死体の気味悪さや解剖室(?)と建物の薄暗さがとても良くて、お化けのビジュアルだけがホラー映画ではないんだなと思った。解剖のシーンの音や内容物が出てくるところが生々しかった。

結末が予想外にすんなりいった気がして、そこが少しだけ残念。
記録

魔女とかオカルトに走ると何でもアリになってしまう気がして自分は残念。

もっと工夫を凝らしたものかなと期待し過ぎてしまいました。
怖かった!
検死解剖をしつつその遺体の謎を解いていくサスペンスかと思いきやがっつりホラー、めっちゃホラー
いまTBSの「アンナチュラル」というドラマを見ているせいもあるのかもしれない。あれも検死解剖で普通に謎を解いていくお話なのでまぁ少しホラー要素入れつつ〜な感じなのかと思いきや貞子寄りでした。
久々にお化けホラーを見ました、しばらくはベルの音が怖いかも……
グロいとかなら見れるけど本当ホラーはダメ…あぁ来るなぁと思うと視界の端で見たりしちゃう。

90分でちょうどいい尺でした
これが2時間だと少し中弛みするというか緊迫感が薄れてしまうような気がする。

皮を剥いだときに内側にも呪文(?)魔法陣(?)の模様があるところはひぇぇとなった、流石にあれは不気味

結局親子が見てた解剖済みの死体たちが歩き回ってたのはジェーンドウが操っていた(?)ということなのか、幻なのか
というか彼女は魔女かその類なのか、いまいちそのあたり謎のまま終わったような気がします。
冒頭ジェーンドウが発見される家で起きた惨殺事件は結局ジェーンドウが関係しているのかな?それだったら彼女とどう関わったんだろう…ただその家の地下に埋まっていただけでなのかな?じゃ埋めたのは誰?いつ埋められた?そのあたり謎のままです。

最後の車で運ばれている際足の親指がピクッと動いて画面が終わるけど、あれだけ本編ずーっと解剖台の上で動かないでいたのだから最後まで動かないでいて欲しかったな…車の振動でベルが鳴るくらいの演出で良かったと思う。
やはりあの悪魔の歌(?)とベルの音はかなり記憶に残ると思う

あのバッドエンドな終わり方続編でも考えてるのかな…

久々にこういうホラーを見て面白かったです。ただ夜中に見るものではなかった
悪魔とか魔女とかのファンタジーはどうも苦手。
勝手にシリアルキラー期待した私が悪いんだけど。
でも死体の造形が美しいから何時間でも観てられる。
こちらも気になってたものです。

解剖シーンすごかったなぁ、、、。
不思議な遺体の謎がどんどん解けていくところが面白くて目が離せなかった!

お父さんと息子のコンビもよかったね。
いやぁーハラハラした、、、。
皮を削いだところに謎の文字がびっしり書いてあったところが一番だひえええってなったかな(笑)

チリンチリンも勘弁してほしかったです。
バットエンドが残念だけどバットエンドだからこそよかったのかな、、、。

そして意味深な終わり方。
続編 期待したーい(笑)
>|